« 山内昌之『中東 新秩序の形成──「アラブの春」を超えて』、ジル・ケペル(池内恵訳)『中東戦記──ポスト9・11時代への政治的ガイド』 | トップページ | 南条文雄『懐旧録──サンスクリット事始め』 »

2012年3月 2日 (金)

顧頡剛『ある歴史家の生い立ち──古史辨自序』

顧頡剛(平岡武夫訳)『ある歴史家の生い立ち──古史辨自序』(岩波文庫、1987年)

 中国における近代的歴史学の先駆者、顧頡剛が記した自伝。論文集『古史辨』に附された自序として自らの生い立ちを述べるのは、司馬遷『史記』以来の伝統か。もっとも、彼自身の学風は伝統拘束的な停滞を打ち破るところに主眼が置かれていたわけではあるが。

 原著は1926年の刊行。彼は1893年生まれだから、まだ30代前半の作である。五四運動、新文化運動の中で学問的経歴を始めた知識人の精神史的歩みの一端が見えてくるのが興味深い。例えば、辛亥革命後の時代的空気についてこう記している。「その当時は社会の変動が極めてはげしく、自分の人生行路を探りあてかねていた。革命の潮流はすでに退いてしまったし、明け暮れを袁世凱の暴虐と遺老たちの復古的雰囲気とのなかに暮らしていたので、数年前に蓄積した快感や熱望も、この時にはただ悲哀の思い出を残すのみであった。私の心はいつもいらいらしておちつかない。ひたすら哲学のなかに解決を求めようとしたのである。しかし私は多血性の人間であるから、消極的な方面に走って、仏を信じて寂滅を求めることはできない。私はとにかく心理学と社会学とを基礎にして、人生問題を解決しようと考えた。…私はかならず宇宙と人生とを一挙に明白にし、前人未解決の問題を自分の手で一挙に解決する、そうでないかぎり、自分の飢渇はいやされない気がしていたのである」(65~66ページ)。

 彼はもともと読書好きではあったが、学問としての歴史学に開眼したきっかけは章炳麟だったらしい。康有為の今文家に対しては、章炳麟から厳しく非難されていたので良い印象もなかったようだが、それでも読んでみると歴史に創作された部分があることへの批判には得心がいったと記す。ただし、現在の政治的必要から歴史を利用する論法には首をかしげている。

 顧頡剛が歴史学に取り組んだ際の基本的な態度は次の言葉に表れている。「私の心のなかには何の偶像もない。私の信ずるままに活発な理性によって、公平な裁断を下すことができる」(154ページ)。「学問はもっぱら真偽を問うべきもであって、善悪を問うべきではないことを知る故に、全力をつくして功利的な成見を排除し、公平な眼でいっさいの善きもの悪しきものを観察しようとする」(157ページ)。

 理性重視の科学的学問観は胡適、陳独秀らに主導された新文化運動の特徴であるが、彼自身がその影響を受けていることを次のように記している。「もし傅斯年君と胡適先生とにお目にかからず、『新青年』の思想革命の鼓吹にめぐりあわなかったならば、伝統的な学説を打破しようとして胸中に鬱積するあまたの見解も、それを大胆に発表することもなかったであろう」(151ページ)。ここで注目したいのは、新文化運動から伝統思想への叛逆心が芽生えたのではなく、もともと彼の胸中に秘められていた情熱がこの新しい思潮によって後押しされたと言っていることだ。そもそも彼自身のパーソナリティーが極めて自己主張の激しいものであり、少年期に受けた伝統教育のつまらなさにうんざりしていたことは繰り返し強調されている。

 ちなみに、顧頡剛の師匠にあたる胡適にしても、留学先のアメリカでプラグマティズムを学んだのではなく、留学前からもともと抱いていた合理的思考方法に確信を与えたのがジョン・デューイとの出会いであった(Jerome B. Grieder, Hu Shih and the Chinese Renaissance: Liberalism in the Chinese Revolution, 1917-1937, Harvard University Press, 1970)。もともと胚胎していた思考方法にどのようなきっかけが与えられるかで、それぞれの個性の発現の仕方も変わってくる。伝統拘束的な社会体制の中だと自らの鬱積する思いを抑圧せねばならなかったであろう多くの若者たちにとって、新文化運動は大きな羽ばたきの転機になっていたと言えるだろうか。

 訳者は戦前の難しい時期に中国へ留学して顧頡剛と直接交流していた人である。戦後、音信は絶え、再会できたのは1978年になってからであり、その時の感激の気持ちは巻末に収録された「顧頡剛先生をしのぶ」の行間から如実ににじみ出ている。ところで、この追悼文では再会までの間の顧頡剛の著述については触れられているものの、アメリカへ亡命した胡適に対する共産党の非難キャンペーンで顧頡剛も論文を書いて師匠を批判せざるを得なかったこと、文化大革命で顧頡剛自身も迫害を受けたことなどについては一切触れられていない。難しい政治的背景を忖度して敢えて言及しなかったのだろう。

|

« 山内昌之『中東 新秩序の形成──「アラブの春」を超えて』、ジル・ケペル(池内恵訳)『中東戦記──ポスト9・11時代への政治的ガイド』 | トップページ | 南条文雄『懐旧録──サンスクリット事始め』 »

中国」カテゴリの記事

人物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/54118184

この記事へのトラックバック一覧です: 顧頡剛『ある歴史家の生い立ち──古史辨自序』:

« 山内昌之『中東 新秩序の形成──「アラブの春」を超えて』、ジル・ケペル(池内恵訳)『中東戦記──ポスト9・11時代への政治的ガイド』 | トップページ | 南条文雄『懐旧録──サンスクリット事始め』 »