« プラセンジット・ドゥアラ『ネイションから歴史を救い出す:近代中国の語り(narratives)を疑う』 | トップページ | 【映画】「シルビアのいる街で」 »

2012年2月25日 (土)

【映画】「汽車はふたたび故郷へ」

「汽車はふたたび故郷へ」

 旧ソ連時代のグルジアで映画作りを志す青年ニコ。しかし、共産主義の監視体制下、彼が表現する反抗的なニュアンスはどうしても検閲を通らない。苛立ちを募らせていたある日、フランス大使と会って話す機会があり、何とかパリへ行くことができた。働きながら映画を撮り続けるが、商業ベースに乗らない彼の作風は受け入れられず、失意のうちに故郷へ帰ることになる。

 フランスで自作の映画をプロデューサーに売り込むときと、そして失望して帰国後、家族と魚釣りをしているとき、2度にわたってニコの前に人魚が現われる。彼を水中へと誘うこの人魚は一体何を表しているのだろう? 世間とのズレを感じつつも、何かに魅入られたように映画作りに没入しようとする彼の心象風景に現われたものなのだろうか。

 自身の内奥から発露した感覚をごまかしたくない、妥協したくない、そうした潔癖さは芸術的表現の根源的な駆動力となる。それはコンベンショナルなものへの反抗として現われ得るが、いたずらっ子だった少年時代なら叱られながら暖かく見守ってもらえるにせよ、実社会に出てからは周囲との軋轢が深まる。監視体制の社会にあってはなおさらだ。無理解への苛立ちは、潔癖であればあるほど自らの破滅へと向かいかねない。ニコは共産主義の監視体制から外へ逃れたが、たどり着いたフランスでもやはり資本主義のコマーシャリズムのロジックにぶつかってしまい、思うようにはならない。居場所もなく放浪する魂の行方、それは奇しくも同じ名前を持つ画家ニコ・ピロスマニの放浪の人生をも想起させる。

 いずれにせよ、挫折は宿命的だった。しかし、だからと言って単純に悲劇というわけでもないだろう。例えば、政府の方針として検閲を通らないにしても、検閲の担当者たちはニコの作品の良さは分かっていることは仄めかされている。彼らのダブルスタンダードの態度は監視社会の中で保身を図る醜さと捉えられるかもしれないにせよ。また、彼を国外へと送り出した文化問題担当の役人が大使としてパリに赴任してきたが、メーデーの祝賀会でニコが大使館に招かれたとき、大使は「私と腕を組め、笑顔を見せろ、肩をたたいてみろ」と言い、怪訝そうなニコに対して「ここにいるバカどもは、君は私と親しいと思うだろう。そうすれば監視はやめるさ」──ややこしい制度の難しさを考えた上での配慮だ。フランスのプロデューサーもニコの才能を評価したから彼を起用したわけだし、映画仲間たちもいる。非人格的なシステムというレベルでは無理解であっても、家族や友人をはじめ彼の感性をしっかり認めてくれる人々もちゃんといることの方に目を向ければ、彼のたどらざるを得なかった宿命の意味合いもまた違ってくる。彼の挫折はもちろん悲劇である。だが、決して孤独ではなかった。羽目をはずした人々をユーモラスに描くイオセリアーニ監督の眼差しは、そうした意味での暖かさを感じさせてくれる。

 この映画にはイオセリアーニ監督自身の体験が織り込まれているらしい。少年時代のシーンで映し出されるグルジアの森の風景が鮮やかで印象的だ。宗教がタブーであったソ連の時代だが、宗教画のイコン、ポリフォニックな聖歌などグルジア的要素が見えるのが興味深い。グルジア語、ロシア語、フランス語の使い分けの歴史的背景など、プログラムにあるグルジア史研究者の前田弘毅さんの解説が勉強になった。

 グルジア映画はいつも岩波ホールで観てきた。ゲオルぎー・シェンゲラーヤ監督「若き作曲家の旅」、エリダル・シェンゲラーヤ監督「青い山」、テンギズ・アブラゼ監督「懺悔」はここで観たし、DVDで観たゲオルぎー・シェンゲラーヤ監督「ピロスマニ」も最初の上映は岩波ホールだったはずだ。

【データ】
監督・脚本:オタール・イオセリアーニ
フランス・グルジア/2010年/126分
(2012年2月25日、神保町・岩波ホールにて)

|

« プラセンジット・ドゥアラ『ネイションから歴史を救い出す:近代中国の語り(narratives)を疑う』 | トップページ | 【映画】「シルビアのいる街で」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/54076910

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】「汽車はふたたび故郷へ」:

« プラセンジット・ドゥアラ『ネイションから歴史を救い出す:近代中国の語り(narratives)を疑う』 | トップページ | 【映画】「シルビアのいる街で」 »