« ヴェラ・シュウォルツ『中国の啓蒙思想:知識人たちと1919年五四運動の遺産』 | トップページ | プラセンジット・ドゥアラ『ネイションから歴史を救い出す:近代中国の語り(narratives)を疑う』 »

2012年2月23日 (木)

【映画】「言えない秘密」

「言えない秘密」

 中華圏で圧倒的な人気を誇る周杰倫(ジェイ・チョウ)の主演・監督作品。共演の桂綸鎂(グイ・ルンメイ)がお目当てでDVDを借りてきて観た。伝統ある高校の音楽科に転校してきた青年が、過去からやって来た少女と出会うという話。ピアノを道具立てとしたタイムスリップもの。少女マンガ趣味のストーリーといい、メルヘンチックな学園ものという舞台設定といい、何だか一昔前の岩井俊二がつくりそうな雰囲気の映画だ(意外と嫌いじゃないけど)。

 レトロな建物のぬくもりと、戸外のシーンで背景に映る緑の鮮やかさが観ていて心地良い。しっとりと落ち着いた情感のある映像が良いなあ、と思いながらエンディング・クレジットを見ていたら、撮影監督は李屏賓。侯孝賢やトラン・アン・ユンをはじめ世界の名監督たちとよくタッグを組んできた職人的なカメラマン。この人が撮る映像は本当に好きだな。台湾を舞台にした映画で戸外のシーンを観ていると、木々の緑は鮮やかで、海辺の風景も美しく、本当に良いなあ、と思う。それが李屏賓の落ち着いた色彩感覚で撮影されるともう最高。あと、桂綸鎂もね。

(2007年/台湾/102分)

|

« ヴェラ・シュウォルツ『中国の啓蒙思想:知識人たちと1919年五四運動の遺産』 | トップページ | プラセンジット・ドゥアラ『ネイションから歴史を救い出す:近代中国の語り(narratives)を疑う』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/54051640

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】「言えない秘密」:

« ヴェラ・シュウォルツ『中国の啓蒙思想:知識人たちと1919年五四運動の遺産』 | トップページ | プラセンジット・ドゥアラ『ネイションから歴史を救い出す:近代中国の語り(narratives)を疑う』 »