« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年7月24日 - 2011年7月30日 »

2011年7月17日 - 2011年7月23日

2011年7月23日 (土)

高橋信也『魔都上海に生きた女間諜──鄭蘋如の伝説1914─1940』

高橋信也『魔都上海に生きた女間諜──鄭蘋如の伝説1914─1940』(平凡社新書、2011年)

 1930~40年代、日本軍の大陸侵略という時代状況下、日中双方の様々な思惑から謀略が渦巻き、テロや戦火で荒廃していく国際都市・上海。いわゆる“魔都”を舞台に有象無象、様々な人々がうごめいていたが、その中でも本書が注目するのは数奇な運命をたどった一輪の花、鄭蘋如である。父は日本留学経験のある中国人法律家、母は日本人、日中混血の生まれとして葛藤しながらも中国人としての愛国意識に目覚めた彼女は、日本語能力や自らの美貌も武器に上海の社交界に打って出る。

 重慶政権のスパイとして汪兆銘政権の要人・丁黙邨に接近、暗殺に失敗して処刑された彼女の姿は、後年、その際立った存在感から様々に脚色されていくことになる。例えば、近年ではアン・リー監督でトニー・レオンが主演した映画「ラスト、コーション」が話題となった。この映画や張愛玲の原作については以前にこちらで触れたことがある。

 本書は、彼女を取り巻く謀略戦の背景と、彼女を主人公としたフィクションの形成過程との2点に焦点を当てながら、彼女の実像と虚像のあわいをたどり返そうとする。私自身としては前者の謀略戦というテーマの方が興味深い。日本側有志が進める汪兆銘擁立工作、激化する抗日テロ、国民党CC団を離脱した丁黙邨や李士群らが日本に協力して逆に抗日テロ弾圧に辣腕を振るった「ジェスフィールド76号」、そして「親日派」内部の勢力争い──こういった上海を舞台とする謀略戦の展開について、鄭蘋如というヒロインを得て描き出されているところが歴史ノンフィクションとして面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画】「サンザシの樹の下で」

「サンザシの樹の下で」

 高校の実習授業で農村にやって来た静秋は、地質調査隊として同じ村に滞在していた老三と出会った(老三=三番目のお兄さんというのは、二人の下宿先での呼び名)。ひかれ合う二人。しかし、時代は文化大革命のさなか、そろそろ政府の方針が変わりそうな気配はあるものの、やはり油断は禁物。老三の父は失脚はしたが名誉回復をとげた党幹部。対して静秋の両親はブルジョワ知識人として指弾され、父は労働改造所に送られたまま。優等生である静秋は一所懸命に勉強して教員として学校に残りたいという希望を持っているが、どんな難癖をつけられるか分からない。二人の秘密の交際はやがて母に知られてしまい、将来を考えて当面は会ってはいけないと厳しく言いつけられた。しかし、ある日、静秋は老三が白血病で入院したという噂を耳にする。

 文革期のある地方(山峡ダムに水没する地域のようだ)を舞台にしたメロドラマ。一応、純愛ものというのが売りらしい。まあ、ノスタルジックに、健全に、しかし甘ったる~い映画を作りたいという意図はよく見えてくる。清潔感を強調するからこそ、ウブな少女が男から迫られて恥ずかしげにイヤ、イヤ…ってやるシーンに萌えようという趣向か。1970年代の中国の地方都市の情景が再現されているので、文革史に詳しい人には色々と見所があるのかもしれない。

 主人公二人が並ぶと、浅田真央とネプチューンの原田泰造という感じだな。張芸謀だからもっと美少女ものを期待していたのだが。「初恋が来た道」の頃の章子怡はかわいかった…。

【データ】
監督:張芸謀
2010年/中国/113分
(2011年7月23日、新宿ピカデリーにて)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

【映画】「蜂蜜」

「蜂蜜」

 ユスフはまだ小学校に入ったばかり。極度のどもりで、授業中にあてられて教科書の朗読をしてもうまく読み上げられないのが悩み。クラスメートが次々とご褒美のバッジをもらっているのに、一人だけ取り残されそうな孤独感。そんな彼を優しく見守る父と、やや心許なげに見やる母。父は蜂蜜採集の仕事をしている。高い木にも軽々とよじ登り、何事も器用にこなす父を見上げるユスフの眼差しにはいつも憧れの気持ちが輝いている。ある日、良い蜂蜜が採れなくなってきたので遠くの山へと出かけた父が帰ってこない。ユスフを不安がらせまいと自制する母も落ち着かない焦りを隠せない…。

 舞台はトルコの山あいにひっそりとたたずむ小さな村。鬱蒼とした針葉樹林に囲まれ、近くまで迫ってくる澄みわたった青空は、下界よりもさらに異界に近いかのような錯覚すら感じさせる。映画全編を通して音楽はなく、セリフも抑え気味。しかし、風のそよぎで葉っぱがささめく音、渓流のせせらぎ、そして蜜蜂がブンブンうなる羽音、そういった自然の音がストーリー全体を包み込み、山林の雄渾な風景と相俟って、叙情的な美しさが強く胸に迫ってくる。さり気ない仕草も丁寧に描き出され、一つ一つの印象的なシーンの積み重ねから、ユスフ少年の心象風景を静かに浮かび上がらせてくる。ミルクが嫌いで呑めなかったユスフは、母から飲みなさいと言われるたびに、こっそり父に代わって飲んでもらっていた。父を喪い、悲嘆にくれる母の前でユスフがミルクを一気に飲み干すのは、少年期に終わりを告げ、大人へと一歩踏み出す瞬間を示すということなのだろう。

 ユスフがカレンダーを読み上げるシーンが何度かある。日付は2009年、つまりこの映画が製作された時点となっているのはどうしたわけか。この「蜂蜜」という作品は、セミフ・カプランオール監督の「卵」「ミルク」に続く三部作の完結編という位置づけらしい。私は観ていないのだが、「卵」では詩人となったユスフが母の葬儀で帰郷する話、「ミルク」は青年期のユスフの母との触れあいを描いているということで、第三作「蜂蜜」は父を喪った少年期。つまり、時間をさかのぼる構成を通して、皮を一枚一枚剥ぎ取るように詩人ユスフの内面的葛藤の核心へと迫っていくという意図があるらしい。言い換えると、少年期を描いたように見えるこの「蜂蜜」も、実は現時点における詩人の内面的風景を表しているという構成なのだろうか。

 なお、観た後になって初めて知ったのだが、字幕は大阪大学外国語学部の学生さんが担当している。この映画に入れ込んで、監督に自らお願いして配給に至るまで奔走したらしい。

【データ】
監督:セミフ・カプランオール
2010年/トルコ・ドイツ/103分
(2011年7月22日レイトショー、銀座テアトルシネマにて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

ピーター・へスラー『疾走中国──変わりゆく都市と農村』

ピーター・へスラー(栗原泉訳)『疾走中国──変わりゆく都市と農村』(白水社、2011年)

 アメリカ人ジャーナリストが中国で運転免許を取り、一人でレンタカーを運転して各地をまわった見聞をつづるノンフィクションである。三部構成で、第1部では北京を出発、万里の長城沿いに内モンゴルや河西回廊まで遠出。第2部は北京北郊の村落に長期滞在した記録。第3部では浙江省南部、温州市や麗水市の工場都市で出会った労働者たちの姿を観察する。

 著者は中国語ができるので、人々との出会い、語り合いを通して、フォーマルな交流では見えてこない農村や地方都市における人々の意識の変容を捉えようと努めている。運転途中、ヒッチハイクの人々を乗せることもしばしばあり、著者近影を見ると明らかにアングロサクソン系の顔立ちだが、何度か「中国人ですか?」ときかれたことがあるというのが面白い。ウイグル人、回族、モンゴル人に思われたこともあるという。そんなところで中国の広さを実感してしまうが。

 人々の貧しい境遇を通して中国社会の構造的矛盾も垣間見える。ただし、彼らとの語らいを素直に描き出そうとするのがメインで、社会的不公正告発といったスタンスが前面に出てくるわけではないので、その点では生硬さを感じさせずに読み進めることができる。目の当たりにした光景の一つ一つが丁寧に描写されるところが興味深い。都会の高速道路をあしらったカバーは内容とはイメージがちょっと違うような気がした。

 なお、著者は『現代中国女工哀史』(白水社、2010年。原題はFactory Girls)を書いたレスリー・T・チャンの旦那らしい。この本もなかなか興味深くて、こちらで以前に取り上げたことがある(ただし、私が読んだのは原書)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

陳祖恩『上海に生きた日本人──幕末から敗戦まで』、高綱博文『「国際都市」上海のなかの日本人』

陳祖恩(大里浩秋監訳)『上海に生きた日本人──幕末から敗戦まで』(大修館書店、2010年)は千歳丸に乗船して来航した幕末の高杉晋作やいち早く上海に進出してた長崎商人、からゆきさんたちから、日本敗戦後の引き揚げまで、上海を舞台に行き交った有名無名さまざまな日本人の足跡をたどる。時系列的な叙述をとりつつ人物的なエピソードもふんだんに取り混ぜられているので興味深く上海史をたどることができる。

高綱博文『「国際都市」上海のなかの日本人』(研文出版、2009年)は上海における日本人居留民の意識構造の変化を分析した論考を中心に集めている。
・時期区分:第一期(前史)は日清修好条規が結ばれた1871年から日清戦争まで、第二期(形成・発展期)は1937年の第二次上海事変まで、第三期(戦時期)は1945年の敗戦まで、第四期(「日僑集中区」期)は引揚まで。
・第一次世界大戦から1920年代にかけて日本人居留民でもおおまかに3つの区分→「会社派」エリート層は旧イギリス租界やフランス租界に居住。「会社派」中間層は会社員で社宅やアパートメントに居住。「土着派」はその他の一般庶民層で虹口・閘北などに居住。
・1906年の「居留民団法」、1907年の「居留民団法施行規則」によって上海租界日本人の居留民団設立→会社派の影響が強い。他方、町内会─日本人各路聨合会→土着派が依拠する「草の根のファシズム」的組織・
・1925年の「在華紡」争議。
・1932年の第一次上海事変→パニックの中、日本人の在郷軍人会や自警団も動員され、中国人民衆への残虐行為。
・日中戦争期における「上海租界問題」:1937年8月13日の第二次上海事変→日本軍が華界を占領、租界を包囲、しかし租界は孤島のように存続→強硬派は接収を主張、国際派は国際都市としての上海の位置付け維持を主張→1941年の対英米開戦で日本軍は共同租界に進駐したが、国際都市としての外観は維持するために工部局の行政は英米人に任せる現状維持。
・上海内山書店小史。
・上海の高校に赴任した英文学者・沖田一の上海郷土史研究の分析を通して、上海日本人居留民の歴史意識の生成を捉える。
・上海居留民社会の敗戦後における意識の変化。
・引揚後のノスタルジーの分析。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年7月24日 - 2011年7月30日 »