« 【映画】「蜂蜜」 | トップページ | 高橋信也『魔都上海に生きた女間諜──鄭蘋如の伝説1914─1940』 »

2011年7月23日 (土)

【映画】「サンザシの樹の下で」

「サンザシの樹の下で」

 高校の実習授業で農村にやって来た静秋は、地質調査隊として同じ村に滞在していた老三と出会った(老三=三番目のお兄さんというのは、二人の下宿先での呼び名)。ひかれ合う二人。しかし、時代は文化大革命のさなか、そろそろ政府の方針が変わりそうな気配はあるものの、やはり油断は禁物。老三の父は失脚はしたが名誉回復をとげた党幹部。対して静秋の両親はブルジョワ知識人として指弾され、父は労働改造所に送られたまま。優等生である静秋は一所懸命に勉強して教員として学校に残りたいという希望を持っているが、どんな難癖をつけられるか分からない。二人の秘密の交際はやがて母に知られてしまい、将来を考えて当面は会ってはいけないと厳しく言いつけられた。しかし、ある日、静秋は老三が白血病で入院したという噂を耳にする。

 文革期のある地方(山峡ダムに水没する地域のようだ)を舞台にしたメロドラマ。一応、純愛ものというのが売りらしい。まあ、ノスタルジックに、健全に、しかし甘ったる~い映画を作りたいという意図はよく見えてくる。清潔感を強調するからこそ、ウブな少女が男から迫られて恥ずかしげにイヤ、イヤ…ってやるシーンに萌えようという趣向か。1970年代の中国の地方都市の情景が再現されているので、文革史に詳しい人には色々と見所があるのかもしれない。

 主人公二人が並ぶと、浅田真央とネプチューンの原田泰造という感じだな。張芸謀だからもっと美少女ものを期待していたのだが。「初恋が来た道」の頃の章子怡はかわいかった…。

【データ】
監督:張芸謀
2010年/中国/113分
(2011年7月23日、新宿ピカデリーにて)

|

« 【映画】「蜂蜜」 | トップページ | 高橋信也『魔都上海に生きた女間諜──鄭蘋如の伝説1914─1940』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/52288853

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】「サンザシの樹の下で」:

» 映画「サンザシの樹の下で」おとぎ話のような純愛 [soramove]
「サンザシの樹の下で」★★★★ チョウ・ドンユィ、ショーン・ドウ、 シー・メイチュアン出演 チャン・イーモウ監督 113分、2011年7月9日より順次公開 2010,中国,ギャガ (原作:原題:Under the hawthorn tree ) >→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 映画を見ている間じゅう サントリーの烏龍茶のCMが連想された。 「... [続きを読む]

受信: 2011年9月 1日 (木) 07時02分

» サンザシの樹の下で [映画とライトノベルな日常自販機]
“社会に抑圧された純粋な恋の行方はとても切なかったです。” 全国公開から3ヶ月後にしてようやく地元新潟で公開となりました。いつも行く映画館でポスターを目にするたびにまだかまだかと公開を待ちわびていました。   1970年代の文化大革命まっただ中の中国でのお話です。学生は農民から学ぶべきだという革命の思想のもと、街の高校生(日本でいう大学生)は農村に住み込みで実習をすることが課せられていました。 女子高生のジンチュウ(=チョウ・ドンユィ)も同様に農村に実習に向かいます。 その村にあるサンザシの樹には抗... [続きを読む]

受信: 2011年10月14日 (金) 16時27分

« 【映画】「蜂蜜」 | トップページ | 高橋信也『魔都上海に生きた女間諜──鄭蘋如の伝説1914─1940』 »