« ポーターとかプラハラードとか適当に経営戦略論 | トップページ | 陳祖恩『上海に生きた日本人──幕末から敗戦まで』、高綱博文『「国際都市」上海のなかの日本人』 »

2011年7月16日 (土)

丸山直起『太平洋戦争と上海のユダヤ難民』、関根真保『日本占領下の〈上海ユダヤ人ゲットー〉──「避難」と「監視」の狭間で』、ウルスラ・ベーコン『ナチスから逃れたユダヤ人少女の上海日記』

 かつて上海にいたユダヤ人はおおまかに言って3つのグループに分けられる。第一に中東から来たセファルディ系ユダヤ人。上海に租界が設定されたのとほぼ同時期で、バグダード出身のサッスーン家など商人として活躍、上海の経済界で大きな勢力を築いた。第二に、ロシア革命がおこるとロシア系ユダヤ人が流入。第三に、ドイツでナチス政権が成立すると、中央ヨーロッパ系ユダヤ人難民が迫害を逃れて査証なしで上陸できる上海へとたどり着いた。太平洋戦争が勃発すると、第一のセファルディ系はイギリスとつながりがあったため上海から事実上追い出され、第三の中央ヨーロッパ系は1943年に設定された楊樹浦の指定区域、いわゆる「上海ゲットー」に集められた。

 丸山直起『太平洋戦争と上海のユダヤ難民』(法政大学出版局、2005年)は、日中戦争・太平洋戦争時、上海にいたユダヤ人難民に対する日本の政策的対応の分析が主要テーマであるが、上海租界におけるユダヤ人社会の成立から、国共内戦や中華人民共和国成立と同時にイスラエル独立という時代状況の中で彼らがイスラエルへ渡航するまでのタイムスパンにわたって上海にいたユダヤ人社会の歴史を描き出している。国際関係史的な視点をとっている。
 日本軍はユダヤ人「ゲットー」を設定はしたが、ナチスが意図した「最終的解決」まではやっていない。ユダヤ人問題に関しては日独間に協力はなかった。例えば、1937年12月、ハルビンで第1回極東ユダヤ人大会が開催され、満洲国政府やハルビン特務機関のバックアップを受けていた。アメリカ資本導入による産業振興のため日米関係改善手段の一つとしてユダヤ人問題を捉える人々が軍部や財界の一部にいたようだが、これに対してドイツ側は不快感を示していた。ワルシャワ・ゲットーで辣腕をふるったゲシュタポのマイジンガーが上海や日本に来てユダヤ人狩りを要求したとも言われるが、その頃ゾルゲ事件がおこり、ドイツ大使館も巻き込まれていたため日本側はドイツ側に不信感を抱いており、マイジンガーの要求など通る雰囲気ではなかったという事情もある。ただし、安江仙弘の離任以降、日本でも反ユダヤ主義系の人々の主導権が強まったらしい。

 関根真保『日本占領下の〈上海ユダヤ人ゲットー〉──「避難」と「監視」の狭間で』(昭和堂、2010年)は「上海ゲットー」そのものをめぐる構造的力学を分析することで、ユダヤ人難民たちを翻弄した日本側の政治的思惑の背景を浮き彫りにしていく。
・日本のユダヤ問題専門家として知られた陸軍の安江仙弘と海軍の犬塚惟重。ユダヤ人救出を図ったとして評価する向きもあるが、ただし前半生では反ユダヤ主義を鼓吹した過去もあって矛盾が交錯しており、評価は複雑そうだ。二人の間でも対ユダヤ観に相違があり、安江が接点を持ったのが日本に協力したハルビンのユダヤ人であったのに対し、犬塚が接点を持ったのがイギリスに協力的な上海のユダヤ人だった点も指摘されている。二人とも基本的には裕福なユダヤ人を親日に転向させて利用するのが主目的ではあっても、難民としてやってきた人々の窮状も考慮、彼らに生きる場を提供するために自治州の構想も出したが、これは政府や軍部から拒否される。二人は担当から外され、その後に久保田勤が担当者として着任して以降、隔離・監視の体制が強められる。
・1943年2月18日に「上海ゲットー」設置、無国籍避難民=具体的にはナチスの迫害を逃れて来た中央ヨーロッパ系ユダヤ人を集める。
・①ナチスの圧力によるという説、②日本政府自身のユダヤ人監視政策とする説→ユダヤ人だけを特殊とみなした「ゲットー」というよりも、より広い意味で外国人を対象とした治安対策の一環であったと指摘。
・「上海無国籍避難民処理事務所」の分析が本書の中心。パスシステムによる囲い込み→管理システム。外人保甲自警団(Foreign Pao Chia)による監視。
・ロシア系ユダヤ人はソ連成立以降、無国籍者→上海アシュケナジ系ユダヤ人救済協力協会(Shanghai Ashkenazi Collaborating Relief Association=SACRA)が対応。
・「国際政経学会」の反ユダヤ主義や「フリーメーソンの陰謀」言説が国策と連動。メンバーは久保田勤(通敦)、赤池濃、四王天延孝、増田正雄、顧問的に白鳥敏夫など。

 ウルスラ・ベーコン(和田まゆ子訳)『ナチスから逃れたユダヤ人少女の上海日記』(祥伝社、2006年)は、1939年にナチスの迫害を逃れて家族と一緒に上海へ逃れ、戦後アメリカへ渡るまで上海に滞在した経験を回想。上海に逃れてきてもナチスの影におびえ、1943年には指定区域へ移住させられる。ゲットー内での厳しい生活を描写。オクラ(オオクラ?)とゴヤ(合屋)という二人の乱暴な日本人役人も出てくる。ゴヤは自ら「ユダヤの王」と名乗る尊大な態度で嫌われたらしい。

|

« ポーターとかプラハラードとか適当に経営戦略論 | トップページ | 陳祖恩『上海に生きた日本人──幕末から敗戦まで』、高綱博文『「国際都市」上海のなかの日本人』 »

中国」カテゴリの記事

近現代史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/52223485

この記事へのトラックバック一覧です: 丸山直起『太平洋戦争と上海のユダヤ難民』、関根真保『日本占領下の〈上海ユダヤ人ゲットー〉──「避難」と「監視」の狭間で』、ウルスラ・ベーコン『ナチスから逃れたユダヤ人少女の上海日記』:

« ポーターとかプラハラードとか適当に経営戦略論 | トップページ | 陳祖恩『上海に生きた日本人──幕末から敗戦まで』、高綱博文『「国際都市」上海のなかの日本人』 »