« 【映画】「そして、一粒のひかり」 | トップページ | ジェミル・アイドゥン『アジアにおける反西洋主義の政治学:汎イスラーム主義および汎アジア主義思想における世界秩序観』 »

2011年5月17日 (火)

川本三郎『マイ・バック・ページ──ある60年代の物語』

川本三郎『マイ・バック・ページ──ある60年代の物語』(河出文庫、1993年)

 近々公開予定の映画「マイ・バック・ページ」の原作。私は川本三郎のファンで、当然この本のことも知ってはいた。しかし、1960年代という時代に私はあまり興味がないので読んでおらず、この機会に手に取ってみた。

 1960年代、川本青年は朝日新聞社に入社、出版局に配属され、新米雑誌記者として動き回り始めたばかり。学生運動が昂揚していた世相。私的回想を通して当時のカウンター・カルチャー的雰囲気の一端を垣間見ていく。出会った人々の様々な表情をつづった前半の方が私は好きだが、重点は後半に置かれている。

 取材中に出会った過激派のK。情熱的な理想家というよりも何かコンプレックスから目立とうとしているタイプで胡散臭さを感じつつも、彼の言葉のいくつかに川本青年は反応して感情移入していく。そのKが革命と称して自衛官を殺害、川本青年も事件に巻き込まれてしまった。一市民の義務として警察に通報すべきなのか。情報源秘匿というジャーナリズム倫理を守るべきなのか。正直なところ、Kの行為には正義や潔癖さとは違った何かイヤなものを感じている。他方で、警察へ出頭せよという会社側の圧力への反発もあり、意固地になってしまう。「どうせ心中するなら、Kよりも山本義隆や秋田明大の方が良かったなあ」という自嘲的なつぶやき、だがこれは地位や名声でKを差別することでもあり、そうした自身の俗物根性的なものも正直に告白している。結局、証拠隠滅の罪状で執行猶予付きの有罪となり、会社は懲戒免職となった。

 青春の蹉跌、その苦さを噛み締めるノスタルジー。私自身としては当時の学生運動への共感はほとんどない。だが、川本さんの筆致は、単に感傷に浸るのではなく、自身が抱えた古傷を、おそらく居た堪れない当惑に動揺しながらだとは思うが、率直に見つめなおそうとしている。私語りだが当時の自身から適度に距離を取ろうとしている。この微妙な間合いによって、川本青年の“青くささ”と時代的雰囲気との関わりを一連なりのものとして感情的な襞を浮かび上がらせてくる。肯定/否定という硬いロジックの罠に陥らず、時代の感情的側面を描き出そうとしている意味で文学的な回想だ。こういう川本さんの文章はやはり好きだな。

|

« 【映画】「そして、一粒のひかり」 | トップページ | ジェミル・アイドゥン『アジアにおける反西洋主義の政治学:汎イスラーム主義および汎アジア主義思想における世界秩序観』 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/51694709

この記事へのトラックバック一覧です: 川本三郎『マイ・バック・ページ──ある60年代の物語』:

» マイ・バック・ページ [音楽、映画の本屋 ”ジョニーボーイ”]
川本三郎(著) 平凡社; 復刊版 5月28日公開の映画「マイ・バック・ページ」の原作本の復刻版である。学生運動が盛んだった激動する東京で、若きジャーナリストであった著者が遭遇した事件を描いたノンフィクション・ノベルである。朝日新聞社に入社後、朝日ジャーナルの記者としての著者が1971年8月、赤衛軍のKを取材している最中にその事件は起きた。ジャーナリストという立場を越えて、事件の渦中に巻き込まれていき、結果、2年余りのジャーナリスト生活を閉じることとなる。ベトナム戦争が混迷をきわめていた時代、アメリカ... [続きを読む]

受信: 2011年5月23日 (月) 16時46分

« 【映画】「そして、一粒のひかり」 | トップページ | ジェミル・アイドゥン『アジアにおける反西洋主義の政治学:汎イスラーム主義および汎アジア主義思想における世界秩序観』 »