« 【展覧会】「シュテーデル美術館所蔵 フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展」 | トップページ | 【映画】「ブンミおじさんの森」 »

2011年3月 7日 (月)

【映画】「再生の朝に──ある裁判官の選択」

「再生の朝に──ある裁判官の選択」

 裁判官のティエンは交通事故で娘を失った。犯人は捕まっておらず、彼の判決に恨みを抱いた者による仕業ではないかとささやかれている。事故以来妻とはほとんど口をきいておらず、気力をなくして機械的に淡々と事務をこなすだけの毎日。娘が通っていた中学校を見に行くと慶祝香港復帰の垂れ幕があるので、1997年を時代背景としたストーリーであることが分かる。

 ティエンが担当した裁判で問題が持ち上がった。自動車2台の窃盗は旧刑法では死刑となる。ところが、これは貨幣価値が格段に低かった時代の基準であって現状での適用には無理があるし、間もなく施行される新刑法の基準では死刑はあり得ない。ちょうど司法制度の転換期の最中、微妙な判断が求められている。官僚組織の一員として一番無難な答えは、これまでのしきたりに従うこと。ことなかれ主義のティエンは旧刑法の基準を機械的に適用して死刑の判決を下すことによって難しい判断を回避しようとした。しかし、家庭の問題で懊悩する中、自身の判断が果して正しかったのか、考え直し始める。

 法と現状との乖離、司法判断の硬直化、ワイロ・人脈などで裁判所に圧力がかかる可能性、死刑の多さ、死刑囚の臓器売買──現代中国における司法をめぐる非常にナーバスな問題の様々なポイントに目配りされている。裁判官個人の良心に期待するなど微温的な描き方という気もするが、中国国内で合法的に製作した映画としてはこれがギリギリのラインだったのだろうという苦労はうかがえる。死刑判決を受けた者の獄中生活は描かれるものの、彼がなぜ窃盗をするに至ったのかという背景には触れられていない。そこを描き始めると芋づる式に様々な社会問題がさらに現われてくるはずだ。彼の生活史的背景が全く描かれていないことを裏返すと、そこは観客自身の考えで読み込んで欲しいということであろうか。

【データ】
原題:透析JUDGE
監督:劉杰
2009年/中国/98分
(2011年3月6日、渋谷、シアター・イメージフォーラムにて)

|

« 【展覧会】「シュテーデル美術館所蔵 フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展」 | トップページ | 【映画】「ブンミおじさんの森」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/51056807

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】「再生の朝に──ある裁判官の選択」:

» 映画「再生の朝に -ある裁判官の選択-」車の窃盗で死刑になる国家は、日本から遥か [soramove]
「再生の朝に -ある裁判官の選択-」★★★ ニー・ダーホン、メイ・ティン、チー・ダオ、 ソン・エイシェン、ジェン・ジェン出演 リウ・ジエ監督、 98分、2011年3月5日公開 2009,中国,アルシネテラン (原作:原題:透析 )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「舞台は1997年、中国・河北省、 北京のお隣ので暮らす裁判官のティエン(ニー・ダーホン)は 事故でひとり娘を亡... [続きを読む]

受信: 2011年4月21日 (木) 07時13分

« 【展覧会】「シュテーデル美術館所蔵 フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展」 | トップページ | 【映画】「ブンミおじさんの森」 »