« 『村山知義とクルト・シュヴィッタース』 | トップページ | コプト教のこと »

2011年2月26日 (土)

「ひきこもり」について何冊か

 「ひきこもり」といったとき、一般にどのようなイメージが抱かれるだろうか。オタク? インターネット依存? 犯罪予備軍? 親が甘やかしたのが悪い? 働かないで贅沢だ? 「ひきこもり」は、本人自身の内面や家族といった閉ざされた人間関係の中で問題化するため、それがどんなにつらいものであっても、当事者以外の人間からすると社会的問題としては認知しづらい、従って実態とは異なった誤解や偏見もまた増幅されやすい傾向がある。社会的な偏見がいったん出来上がってしまうと、当事者も生真面目であればあるほどそれを受け入れ、その解釈枠組みで自身の置かれた立場を捉えて自罰感を強め、自縄自縛の悪循環にも陥りかねない。「怠惰」という印象論は切り捨ての論理にも用いられやすい。

 「ひきこもり」問題を最初に本格的に取り上げたのは斎藤環『社会的ひきこもり──終わらない思春期』(PHP新書、1998年)、『ひきこもり文化論』(紀伊國屋書店、2003年)だろうか。斎藤は個人、家族、社会という3つのシステムを想定し、通常ならばそれらがうまくコミュニケートして有機的に接点を持つところを、「ひきこもり」の場合にはコミュニケーションがうまくいかず、3つのシステムが乖離した状態として捉える。「ひきこもり」の原因は人それぞれに多様で、一元的に説明できるような要因はよく分からないらしい。従って、原因探しよりも、精神科医として臨床の必要から、状態のあり方を把握するための描写となっている。精神障害、発達障害を伴うこともあるが、必ずしもそれだけが原因とは限らない。当人も怠けたくてひきこもっているわけではない。むしろ社会復帰への思いが強いからこそ、その焦りや不安が悪循環を昂進させ、時に暴力的に爆発してしまうこともある(「ひきこもり」=家庭内暴力というのではなく、精神的に行き詰った末の暴発)。社会への不適応からドロップアウトした点では、家の内に閉じこもったケースを「ひきこもり」、路上に放り出されたケースがホームレスとして把握される。当人や家族では支えきれる問題ではないし、社会的背景を有する問題でもあるのだから外部からの社会的支援が必要である。

 池上正樹『ドキュメントひきこもり 「長期化」と「高年齢化」の実態』(宝島社新書、2010年)はジャーナリストの視点から個々の具体的なケースを取材。就労経験のある社会人が仕事上のストレスからひきこもってしまったケースも取り上げられている。セーフティネットの枠外に置かれた人々としてどのように向き合っていくかという問題意識が示されている。

 井出草平『ひきこもりの社会学』(世界思想社、2007年)は当事者への聞き取り調査を踏まえて社会学の観点から考察する。分析上、高卒で一つの区切りをつけ、高校という規範的拘束の強い環境でドロップアウトしたケース、逆にその規範的拘束下では適応したからこそ大学進学後の開放的環境の中で自分を見失ってドロップアウトしたケースとが見出される。

 斎藤環『ひきこもりから見た未来』(毎日新聞社、2010年)は時評的な論集で「ひきこもり」問題ばかりが取り上げられているわけではないが、現状では親に扶養されることで表面化してこなかった「ひきこもり」が親の高齢化・死去によって放り出される「2030年問題」を指摘。この問題については井出草平「ひきこもりの2030年問題 「孤族の国」を考える(5)」SYNODOS JOURNALを参照)が解説をしている。

|

« 『村山知義とクルト・シュヴィッタース』 | トップページ | コプト教のこと »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『村山知義とクルト・シュヴィッタース』 | トップページ | コプト教のこと »