« 2010年11月14日 - 2010年11月20日 | トップページ | 2010年11月28日 - 2010年12月4日 »

2010年11月21日 - 2010年11月27日

2010年11月27日 (土)

互盛央『エスの系譜──沈黙の西洋思想史』

互盛央『エスの系譜──沈黙の西洋思想史』(講談社、2010年)

 Esというと一般的にはフロイトの精神分析学が想起されるだろうか。著者はハイデガーがこだわったEs gibtという表現が気にかかったのを糸口として、このEsというドイツ語の代名詞の背景に伏在する思想史的なコンテクストをたどり返す作業に取り組むことになったらしい。

 Esとは、いかなる名詞の代わりでもない代名詞、というよりも言葉では語りえないものを言い当てるために要請される「主語ならぬ主語」。「私」をして語らしめるもの、「私」を動かしていくもの、しかしそれがどのようなものなのか表現しようとしても、言葉で表現した途端に別物になってしまって把握しがたい何か。理性でもあり、非理性でもあり、両方とも成り立たせてしまう、論理的な矛盾律とは無縁な領野。この曰く言い難きEsをめぐって西洋近代の思想家たちが繰り広げた知的格闘を本書は描き出す。

 個々の思想家たちの発言を丹念に拾い上げて行く博引傍証ぶりはたいしたものだが、そこに本書の価値があるのではない。むしろ、著者自身にある種の表現しがたい確信があって、それをテコにして思想家たちのテクストを読み直してみると見えてきた視野、これをどのように表現したらいいのか戸惑いながら進められる筆致に迫力が感じられる。視点は一貫しており、それを読者も共有しながら読み進むことでこの思想史的格闘の一端が垣間見えてくる。西洋哲学ものを手に取るのは久しぶりだし、この著者のことも知らなかったが興味深く読んだ。

 「私」なるもの自身もこの世界の何かを感じているのだけれど、言葉で表現しようとすると、感じていたものとは別物に転化してリアリティを失ってしまう矛盾だらけの何か、むしろこの表現しきれない限界からほの見えてくる残響というか余韻というか、そこを通して矛盾のあるがままに考え続け、語り続けることが哲学なのだろうと私は考えている。私の場合、こうした感覚を教えてくれたのが『荘子』だった。『荘子』に明晰な論理はない。寓話を通して論理の背後にある曰く言い難き何かをほのめかすという方法をとる。私の場合には物心ついて初めて読んだ哲学書が『荘子』だったので愛着があるというだけのことかもしれない。だが、語り口は様々にあり得る。西洋哲学も含め、個々の思想家の語り口それぞれをいわば寓話に見立ててみる。一つの語り口ではぶつかってしまう限界を、他の語り手はどのように語ろうとしたのか。様々な語り口を見て、彼の語ったことをそのまま真に受けてしまうのではなく、むしろ各自の語り得なかった何かへの眼差しを見ていきたい。そうすると、時代背景が違っても、その人は自分の置かれた条件の中で、この語り得ぬ何かを掴み取ろうと一所懸命に考えようとしていたのだな、と親しみすらわいてくる。それが思想史の醍醐味だと私は思っている。

 蛇足を重ねてしまうが、語るのは「私」だけれども、その語る「私」の意識の奥底に見えてくる、「私」ならざる非人称的な何か、それへの眼差しという点では井筒俊彦に関心があって、機会をみつけて読み直してみたいと思ってはいるのだが、ハードルが高いので躊躇したままだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

NHK「無縁社会プロジェクト」取材班『無縁社会──“無縁死”三万二千人の衝撃』

NHK「無縁社会プロジェクト」取材班『無縁社会──“無縁死”三万二千人の衝撃』(文藝春秋、2010年)

 以前、NHKの番組で放送された内容を取材した記者たちが改めて文章化している。「無縁社会」というキーワードはこの取材班の会話の中から生まれたという。孤独な中で人知れず死んでいった人それぞれの思いをたどる取材は、それこそ弔いの気持ちをかみしめながらのものだったらしい。読みながら、身につまされてくる。

 故郷とは縁がなくなって東京での一人暮らし。仕事の失敗や会社からの退職などのきっかけで横のつながりを失った人々。自力でやっていければそれでもいいかもしれない。しかし、何らかの失敗を受け止める横の人間関係がないとき、それはそのまま生活難へと転落してしま、生活難は家族離散をも招き、悪循環に陥ってしまう(湯浅誠の表現を使うなら“すべり台”)。

 いずれにせよ難しいと思うのは、家族のつながりや近所の顔見知りといった人間関係はいわばスポンテイニアスなもの、従来なら社会制度の所与の前提とされていたものであって、人為的な努力で再構築できるのかどうか見通しがなかなか立たないことだ。一人ひとりそれぞれに抱えている事情が異なるので一般化はできないが、生活の利便性向上によって他人にわずらわされることのない一人暮らしへの選好が強まる一方で、わずらわしさと引き換えに得られていた相互承認や相互扶助も薄れていく、そうした問題も垣間見える。しかしながら、社会生活を送っていく上で横の人間関係が重要なのは当然のことで、このつながりの希薄化が社会に及ぼす影響の懸念からアメリカの政治学者ロバート・パットナムはソーシャル・キャピタルという社会科学上の概念を通して問題提起している。あるいは、湯浅誠の表現で言う“溜め”の問題にもつながってくるかもしれない。最近再びもてはやされているピーター・ドラッカーにしても、資本主義のロジックを踏まえつつ、一人ひとりの個性活用という形で協同の人間関係が成立する場として企業組織を捉えており、その成功例として戦後の日本型企業システムを考えるなら、企業業績向上が人間関係維持の前提条件であり、その条件が消えるとリストラという形で社縁の解体につながっている、つまり経済成長の終わりが人間関係を崩したという問題も見ることができる。

 最初、NHKスペシャルでこの番組を観たとき、若き日の沢木耕太郎のノンフィクション『人の砂漠』所収の「おばあちゃんが死んだ」を思い浮かべていた。孤独死は今に始まった問題ではない。ただ、高度経済成長の前向き志向の雰囲気の中で覆い隠されていたに過ぎない。こうした類いの隠蔽については、例えば貧困等の問題を通して岩田正美『現代の貧困』(ちくま新書)で指摘されている。“無縁社会”を他人事ではないと感じる人が増えていることは、経済成長が終わってそれだけ社会全体の雰囲気が決定的に変わっていると見ることができるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

北河大次郎『近代都市パリの誕生──鉄道・メトロ時代の熱狂』

北河大次郎『近代都市パリの誕生──鉄道・メトロ時代の熱狂』(河出ブックス、2010年)

 今年度サントリー学芸賞受賞作。19世紀、産業革命は技術を高度に発達させ、空想的社会主義者たちは自らの夢を語る、そうした進歩への熱狂が人々を駆り立てていた時代。サン=シモン主義者のシュヴァリエはパリを中心に置く「地中海システム」という鉄道網を構想、中央集権志向のエリート・エンジニアであったルグランも同様に「ルグランの星」を思い描いていた。しかしながら、こうした鉄道網の集結点となるはずのパリでは都市公共交通網としてのメトロ建設が遅れ、各地方から集まる路線の終着駅は分散配置の形を取ることになってしまう。ここには、国家主導の計画に対する地元セーヌ県・パリ市の頑強な抵抗があった。すなわち、国土計画=鉄道網の論理と自治を求める都市の論理、そして双方の間で揺れる土木技師団という構図が見て取れる。計画は遅れ、妥協されていく。しかし、見方を変えれば、過去の伝統を次々と放棄する進歩の時代にあっても、こうした両者のせめぎ合いがあったからこそ、時間をかけて都市の価値を再確認、共有されていったのだと本書は指摘する。合理性と情緒、近代と伝統、一見相反するようでいながらも時間をかけて両者の帰結点を模索したプロセスとして、パリにおける都市計画史を捉え返していく観点は興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

川田稔『満州事変と政党政治──軍部と政党の激闘』

川田稔『満州事変と政党政治──軍部と政党の激闘』(講談社選書メチエ、2010年)

 昭和初期、民政党・政友会を軸とした政党政治は1931年の満州事変を契機として崩壊し始める。ただし、従来は現地関東軍の独走になす術もなく引きずられてしまったと捉えられてきたが、突発的な出来事で吹き飛んでしまうほど戦前期日本の政党政治はやわなものでもなかった。当時の政党政治体制は内政・外交ともに一定の安定性を持っており、それを突き崩すにはやはり明確な構想と準備があったはずだという。本書はこうした観点から、当時の民政党政権と対抗勢力としての陸軍中堅幕僚たち一夕会、二つの国家構想を持つ勢力の対立抗争として政党政治崩壊に至る過程を描き出す。

 具体的には対外認識を取り上げると、民政党の浜口雄幸、若槻礼次郎、幣原喜重郎のラインは、国際連盟・不戦条約などの多重多層的条約網によって戦争抑止は可能であるという立場を取っていた。対して陸軍一夕会の中心人物・永田鉄山は、国際連盟の理念は認めるものの実行手段が欠如していることを問題視、いずれ戦争は不可避であり、国家総動員、資源確保のための大陸進出の必要を想定していた。なお、両者の対比については、川田稔『浜口雄幸と永田鉄山』(講談社選書メチエ、2009年)も参照のこと(→こちらで取り上げた)。

 両者が繰り広げた政治的駆け引きの描写が本書の読みどころであるが、民政党側が必ずしも負け続けていたわけではない。林銑十郎朝鮮軍司令官による独断越境を若槻首相は容認はしたが、もしこれを拒否したら陸相辞任、ひいては生じるであろう政治混乱の回避を意図しており、陸軍上層部の協力を取り付けた上で関東軍を押さえ込む腹づもりがあったらしい。実際、関東軍が強行しようとした錦州への派兵は阻止できた。ところが、協力内閣運動を大義名分とした党内の安達謙蔵内相の倒閣によって総辞職、かろうじて保たれていた両者の危ういバランスが崩れた。続く政友会犬養毅首相も暗殺されて、政党政治は終焉を迎えることになる。

 昭和初期政治史において永田鉄山はキーパーソンの一人であるが、彼を中心に据えたアカデミックな研究は意外と見当たらない。その点でも著者による上掲二書は興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

堤未果『ルポ貧困大国アメリカⅡ』

堤未果『ルポ貧困大国アメリカⅡ』(岩波新書、2010年)

 ベストセラーの続編。民営化された学資ローンのため借金漬けにされてしまった学生たち、富裕層が中心を占める名門校との大学間格差、教育機会が将来の就業機会につながらない問題。GMなど大企業の破綻で社会保障を受けられなくなった人々。市場効率重視の医療保険業界、医療格差。発展途上国よりも人件費等コストの低い刑務所へのアウトソーシング、軽犯罪は貧困層が中心だが厳罰化・刑務所内での借金漬けによる社会復帰困難。こうした過剰な市場主義による効率性優先によって蝕まれた現代アメリカ社会を取材したノンフィクション。努力すれば誰にも将来の可能性はあると信じられるのがアメリカン・ドリームだったはずだが、それが自由=市場効率性と読み替え→一度不利な立場に立つとそのまま転落し続けてしまう、こうした形で敗者復活の機会が奪われていることが読み取れる。政治的自由と市場の自由とではその基準を置く位相が異なる、と言えるだろうか。

 どうでもいい蛇足だが、著者は最近、川田龍平参院議員と結婚して、川田議員は最近、みんなの党に入って、みんなの党は市場効率重視の政策を掲げている、ということは、夫婦で政治的見解が異なっている、ということか。他人事なのにお節介だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三井美奈『イスラエル──ユダヤパワーの源泉』、立山良司『揺れるユダヤ人国家──ポスト・シオニズム』、臼杵陽『イスラエル』、高橋正夫『物語イスラエルの歴史──アブラハムから中東戦争まで』ほか

 三井美奈『イスラエル──ユダヤパワーの源泉』(新潮新書、2010年)。国際社会をあてにせず自分たちの国は自分たちの力で守る──強硬な国防意識が常に過剰反応にすら見えてくるイスラエルの強烈な危機意識。これをいったいどのように捉えればいいのかという問題意識から、アメリカにおけるイスラエル・ロビー及びイスラエル本国における情報機関・国防関係者に行なったインタビューをもとに現代イスラエル事情を垣間見る。

 なお、本書でも言及されているジョン・J・ミアシャイマー(シカゴ大学)とスティーヴン・M・ウォルト(ハーバード大学)はネオリアリズムの国際政治学者で、『イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策』(Ⅰ・Ⅱ、副島隆彦訳、講談社、2007年)では、イスラエル・ロビーの活動によってアメリカの対中東政策が国益から逸脱した不合理な方向にゆがめられていると批判したことで議論を巻き起こした。副島隆彦の名前が出ると胡散臭く思われるかもしれないが、内容はまっとうである(→こちらで取り上げた)。

 立山良司『揺れるユダヤ人国家──ポスト・シオニズム』(文春新書、2000年)。シオニズム運動はもともと非宗教的なナショナリズムとして始まった一方で、国家形成にあたってはユダヤ教的シンボルも動員された→宗教戒律と世俗主義の葛藤。世界中から「ユダヤ人」が移住して成立した多様性→ヨーロッパ系とオリエント系の摩擦。中東和平をめぐるイデオロギー対立。ホロコーストをめぐる歴史論争。アメリカ在住ユダヤ人のデュアル・ロイヤリティーなど、アイデンティティの葛藤に着目してイスラエル政治を考察する。

 臼杵陽『イスラエル』(岩波新書、2009年)は、様々な地域からの移民、さらには領域内マイノリティーとしてのアラブ人等をも抱え込んで多文化主義化する一方、その矛盾を糊塗するかのように高揚するナショナリズム、こうした葛藤における内在的政治力学に着目しながらイスラエル建国以来の現代史を描き出す。読みながらとったメモをいくつか箇条書きすると、
・イスラエルの宗教行政を所管する首席ラビ庁には、アシュケナジー系(ヨーロッパ系)首席ラビとスファラディー(本来はイベリア系だが、アジア・アフリカ系も統括)系首席ラビの二つの公職がある。
・イギリス委任統治期のユダヤ人社会では、社会主義シオニズム(→労働党)が主流となるのに対して、その対抗勢力として修正シオニズム(→リクード)が現れる(なお、修正シオニズムの指導者ジャボティンスキーについては以前に森まり子『シオニズムとアラブ──ジャボティンスキーとイスラエル右派 一八八○~二○○五年』[講談社選書メチエ、2008年]を読んだことがある→こちら)。
・ベングリオンは議会多数派形成のため宗教政党と妥協→宗教的現状維持協定→社会生活に宗教性が入り込むなど現在でも足かせに。
・建国第一世代シオニストは、無抵抗・受動的だったとしてホロコーストの犠牲者に冷淡、むしろゲットー蜂起を賞賛。一方で、非シオニスト的ユダヤ人(モロッコ系など)の流入に伴い、国民統合の材料としてアイヒマン裁判をきっかけにホロコーストを政治的シンボルとして利用。
・アジア・アフリカ出身ユダヤ人(ミスラヒーム=東洋系)に対しアシュケナジー系優位の社会的序列化、貧困→この不満が右派リクードの台頭、モロッコ系移民のブラックパンサーなどの暴発。なお、臼杵陽『見えざるユダヤ人──イスラエルの〈東洋〉』(平凡社、1998年)はこのユダヤ人社会の中で劣位に置かれたアジア・アフリカ系ユダヤ人ミスラヒームに注目して「オリエント」イメージを検討する論考を集めている。

 高橋正夫『物語イスラエルの歴史──アブラハムから中東戦争まで』(中公新書、2008年)は、古代史から現代までのユダヤ人の歴史を時系列に沿って概説。どの年代に力点を置くわけでもなくフラットな叙述で必ずしも読みやすいわけではないが、情報量は豊富なので歴史背景の知識を補強する上では使える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月14日 - 2010年11月20日 | トップページ | 2010年11月28日 - 2010年12月4日 »