« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »

2010年10月3日 - 2010年10月9日

2010年10月 8日 (金)

スティーヴン・キンザー『リセット:イラン・トルコ・アメリカの将来』

Stephen Kinzer, Reset: Iran, Turkey, and America’s Future, Times Books, 2010

 著者のスティーヴン・キンザーは中東・中米での取材経験豊富なジャーナリストである。冷戦期にアメリカが仕掛けた政権転覆工作によってかえって横暴な独裁者を出現させてしまった矛盾を描き出したノンフィクション作品もいくつか発表している。例えば、Overthrow: America’s Century of Regime Change from Hawaii to Iraq(Henry Holt and Company, 2007→こちら)、All the Shah’s Men: An American Coup and the Roots of Middle East Terror(John Wiley & Sons, 2008→こちら)を以前に取り上げたことがある。

 アメリカの中東との関わり方を模索するのが本書の趣旨であるが、ここで示される論点は大きく分けて次の二点にまとめられるだろう。

 第一に、トルコとイランの現代史を振り返りながら両国ともに民主化・近代化へと向けた内発的な動きがあったことを示し、その点で欧米とある程度まで価値観の共有される素地があることに注目を促す。もちろん万全ではない。トルコのケマル・アタチュルクによる近代化政策は一定の制度化を通してイスラム世界ではまれな世俗的国家を作り上げたものの、それは同時に軍事的色彩の濃厚な権威主義体制という形を取り、「世俗主義」という国是を守るために言論統制、イスラム派や少数民族への弾圧をもたらした。ただし、イスラム政党にルーツを持つ現エルドアン政権はEU加盟を目指して民主化を進め、それは近代化とイスラムとの両立の可能性もうかがわせる。イランの場合にはもっと条件が悪い。ケマルと同時期に近代化を押し進めたレザー・シャーは自ら王位に就いて属人的な専制体制を始めてしまったこと、そのパフレヴィー朝への批判から国民の支持を得たモサデクが英米の画策したクーデターで倒されてしまい、それをきっかけとした反米感情の高まりがイスラム主義と結び付いてホメイニ体制をもたらしたことなどが挙げられる。それでも、アフマディネジャド大統領再選時の不正に対する国民的な抗議の動きに著者はイランに歴史的に根付いてきた民主化への要求を見出す。こうした経過の中でアメリカが演じた負の関与はそれこそ「リセット」したい歴史だろう。二十世紀初頭、イラン立憲革命に身を投じた二人のアメリカ人、ハワード・バスカーヴィル(Howard Baskerville)とモーガン・シュスター(Morgan Shuster)を取り上げているところには、イランとアメリカには本来良好な関係を持つ可能性もあったはずだという著者の思いがにじみ出る。

 中東には冷戦期の戦略的目的からアメリカが強力な同盟関係を築いたやっかいな国が二つある。すなわち、イスラエルとサウジ・アラビアである。前者については言うまでもない。後者では、王家がアメリカと結び付く一方で、その免罪符のような形で王家は国教ワッハーブ派の聖職者組織に資金を供給、そこから反米的なイスラム過激派が生み出されるという二面性がある。冷戦が終わってこの両国の存在はアメリカの対中東関係をこじらせる一因となっており、こうした関係のあり方についても仕切りなおしを図らねばならない。そこで、不安定な中東世界において仲介役が果たせる国として、近代的な価値観とイスラムとの両方の要素を合わせ持つトルコの存在に注目するのが第二の論点である。またEUもトルコの加盟を受け入れるなら、イスラム世界に対して開かれた関係を築こうというメッセージを発することができると指摘する。さらにイランとの関係改善によってアメリカ・トルコ・イランのトライアングルを中東の諸国間関係に埋め込み、その協力関係を通してこの地域の安定化を図るべきことが提唱される。イランとの和解は難しいかもしれないが、ニクソンの米中和解が参照例として挙げられる(この考え方は、例えばRay Takeyh, Hidden Iran: Paradox and Power in the Islamic Republic[ Holt Paperbacks, 2007]でも示されていた)。

 トルコとイランは本来欧米と価値観を共有できたはずなのに、歴史的な経緯の中でうまくいかず、アメリカ外交政策の判断ミスによってさらにそのねじれが増幅されてしまった、その仕切り直しを図りたいというのが本書の趣旨である。見方を変えると、こうした議論は民主化・近代化を指標とする点で西欧文明至上主義の一変種に過ぎないのではないかという批判もあり得るだろうが、むしろギクシャクしがちな欧米とイスラム世界との間に開かれた関係を築く接点をどこに求めたらいいのかという問題意識は重要だろう。

 なお、Foreign Affairs(Vol.89, No.5, Sep./Oct.2010)所収の本書に対する書評論文Mustafa Akyol“An Unlikely Trio: Can Iran, Turkey, and the United States Become Allies?”では、アメリカ・イランの関係構築は近い将来には難しいが、近代化の葛藤の中でイスラム・民主主義・資本主義を総合してきたトルコの寄与できるところは大きいと指摘されている。他方で、トルコとブラジルが核開発問題でイランとの橋渡しをしようとしたところオバマ政権が拒絶した不可解も例示されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

小倉貞男『ドキュメント・ヴェトナム戦争全史』、吉澤南『ベトナム戦争──民衆にとっての戦場』、古田元夫『歴史としてのベトナム戦争』、松岡完『ベトナム戦争──誤算と誤解の戦場』

 日本軍の仏印進駐(1940年)、さらに仏印処理(1945年3月)によってフランスの力が消え、後から来た日本軍も敗北。この権力の空白状態を衝く形でベトナム民主共和国が独立宣言(1945年9月)を出したが、再びフランスが舞い戻ろうとしていた。独立へ向けた気運はすでに加速しており、アメリカはフランスの時代錯誤な植民地再構築の試みには反対だったものの、緊迫化する欧州情勢をにらんでフランスと協調を図らねばならず、バオダイを擁立して実質的にフランスの傀儡であるベトナム国を黙認。ホー・チ・ミンが読み上げた独立宣言はフランス人権宣言とアメリカ独立宣言を踏まえた内容であっただけにこの皮肉が際立つ。ディエンビエンフーの戦い(1953年)でフランスは壊滅的な敗北を喫し、ジュネーヴ会議(1954年)でフランスは撤退、ベトナムを北緯17度線で南北に分断することが決まった。ここに冷戦の論理がかぶさり、フランスに代わって今度はアメリカが入り込んでくる。冷戦のフィルターを通して見たためアメリカはベトナム側の民族独立運動としての側面を見誤った。バオダイを追放したゴ・ジン・ジェム政権の腐敗・強権体質は非共産主義者からも反感をかい、以後、クーデターが繰り返される中で政権は空洞化、アメリカが支えなければすぐにも自壊しかねない状況となり、ラオス・カンボジアにも戦火は拡大、誤算の連鎖の中でアメリカはズルズルと泥沼へと引きずり込まれていく。とりわけテト攻勢(1968年)で衝撃を受けたアメリカはベトナム撤退を模索する中で、北隣の中国の了解を取り付ける必要から米中和解に動き、これは北ベトナム側にとっては中国の裏切りと映り、その後の中越紛争の一因となる。パリ和平協定(1973年)でアメリカ軍は撤退、北側の攻勢で南の政権はたちまち崩壊し、サイゴン陥落(1975年)。ところが、同時期にカンボジアで政権を取ったポル・ポト派とベトナムとの関係が悪化し、ベトナム軍がカンボジアへ侵攻、今度はベトナムが国際的に孤立する結果となった。南ベトナムにはバオダイ、ゴ・ジン・ジェム等の政権の腐敗に対する反感がある一方で必ずしも共産主義に賛成ではない人々も多数いたにもかかわらず、北ベトナムは統一後、南の社会主義化を強引に押し進めたため、南側の人々の不満も残った。

 ベトナム戦争について概説的な本を4冊。小倉貞男『ドキュメント・ヴェトナム戦争全史』(岩波書店、1992年)。著者はジャーナリストで、当事者の証言(北側の人が多い。中にはベトミンに参加した元日本兵も含まれる)を中心にベトナム戦争の戦況の推移をたどる。語りを踏まえた具体的な描写が続くので光景がヴィヴィッドに浮かび上がって読みやすい。

 吉澤南『ベトナム戦争──民衆にとっての戦場』(新版、吉川弘文館、2009年。初版は1999年)。ベトナム戦争史研究の第一人者による渾身の一冊。ベトナムの民衆がアメリカ軍によって痛めつけられたありさまを描き出すという構図。ベトナム反戦世代の強い思い入れがみなぎっている。

 古田元夫『歴史としてのベトナム戦争』(大月書店、1991年)の著者もやはりベトナム反戦運動がベトナムへ関心を持つきっかけだったらしい。ベトナム戦争の概略を述べた上で、この戦争がベトナムにとって、アメリカにとって、日本をはじめ世界の国々にとってそれぞれどのような意義を持ったのかという問題意識を示す。

 松岡完『ベトナム戦争──誤算と誤解の戦場』(中公新書、2001年)は、縦軸としてベトナムの歴史、横軸として国際関係史、両方の接点としてベトナム戦争を捉える構図になっている。フランス、アメリカ、ソ連、中国と外の大国の思惑によって振り回される中でベトナムが自立的にどのように対応しようとしたのか、とりわけベトナム、アメリカ双方の誤算が連鎖反応を起こしていく様子を描く。大国の論理ではなく、地域の自主的な展開の試みとしてASEANまで視野に収められている。国際関係論の視点から客観的に捉えた通史なので、この松岡書が私には一番読みやすかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

【映画】「夏至」

「夏至」

 ハノイでカフェを営む一家。母の命日にみんな集まってきた。食事の支度をしながらふざけ合う三人姉妹。それぞれに秘密や葛藤を抱えているが、笑い声には屈託がない。兄妹の関係、夫婦の猜疑心、愛人の存在、それぞれに抱える微妙な感情的機微の浮かぶ表情を静かにこまやかに写し撮っていく。人物の表情や仕草を捉えるカメラのやわらかな目線、そして街を彩るみずみずしい緑をはじめ色彩感覚豊かな映像の美しさが実に素晴らしい。観ていると、この穏やかな空気感の中でまどろみたい気分になってくる。

 トラン・アン・ユン監督作品では、むかし学生のとき池袋の旧文芸座で「青いパパイヤの香り」(たしかイム・グォンテク監督「西便制 風の丘を越えて」と二本立てだった)を観た覚えがある。ベトナム版「マイ・フェア・レディ」という感じだった。次回作は村上春樹原作「ノルウェーの森」らしい。こういう映像の撮り方をする人なら村上作品の雰囲気にもうまく馴染みそうで期待がふくらむ。

【データ】
監督:トラン・アン・ユン
撮影監督:李屏賓
2000年/112分/ベトナム・フランス
(DVDにて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

モニカ・ナレパ『スケルトンズ・イン・ザ・クローゼット:ヨーロッパ・ポスト共産主義体制における移行期の正義』

Monika Nalepa, Skeletons in the Closet: Transitional Justice in Post-Communist Europe, Cambridge University Press, 2010

 Skeletons in the Closetとは、後ろめたくて誰にも知られたくない秘密、という意味になるだろうか。本書で具体的に言うと、東欧の共産主義体制において反体制派として活動していながらも実は情報提供など何らかの形で体制側と関わりを持っていた過去が記された秘密警察の文書を指す。実際、反体制活動家として高名な人物の相当数にそうした過去があったと言われている。タイトルを意訳するなら「秘密のファイル」としたいところだ。ジャーナリズムならばそれを暴露してセンセーショナルに書き立てたいところだろう。対して本書の意図は、この「秘密のファイル」の存在が体制移行にもたらした影響を政治学的に分析するところにある。

 一連の東欧革命ではルーマニアを除いて基本的には流血の事態を回避することが出来た。その際、なぜ共産主義政権は過去の清算(lustration)という移行期の正義(transitional justice)を恐れなかったのか? そして新たに政権の座につくことになる反体制派は移行期の正義に関わる立法をなぜ遅らせたのか?という問いを本書はまず示す。ここで、「誘拐犯のジレンマ」というモデルが示される。誘拐犯は身代金を受け取って人質を解放しても、人質に面が割れているのだから逮捕されてしまうリスクが残るので、解放後も人質に口を割らせない何らかの手段が必要となる。答えのカギがSkeletons in the Closetにあった。反体制派指導者に関する「秘密のファイル」の存在、つまり「お前の弱みを握っているぞ」というメッセージをちらつかせることにより、円卓会議の協議で体制派・反体制派双方の妥協が可能になった。従って、内戦リスクを抑え、対立状況におけるパワー・シェアリングという形で平和的な体制移行が可能になったのだと本書は捉える。また、ポスト共産主義体制でさらに世代交代が進む際、この「秘密のファイル」の存在は、新しい世代(つまり、共産主義体制下の時代にはまだ若くて情報提供等を迫られるほどの地位にはなかった世代)がかつての反体制派の中でも旧世代に属する政治家を排除する政治的手段としても作用したという(例えば、ポーランドで大統領・首相となったカチンスキ兄弟)。

 本書の最後でも触れられているが、ワレサの体制側への情報提供者であった過去が暴かれたことはポーランド社会では大きな衝撃であった。あるいは、例えばドイツ映画「善き人のためのソナタ」で描かれたような人間不信状況は印象に強い。共産主義体制において秘密警察が張り巡らせた監視の網の目は、誰が情報提供者なのか分からないという疑心暗鬼によっても様々な悲劇を生み出していた。他方で、そのことの善悪是非は別として、あくまでも結果論ではあるが、こうした「秘密のファイル」の存在が皮肉にも体制の平和的移行に役立ったという逆説が興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

【映画】「愛のむきだし」

「愛のむきだし」

 園子温監督の映画はそれなりに観ているものの(例えば、「桂子ですけど」「うつしみ」「自殺サークル」「気球クラブ、その後」)、何と言うか“濃すぎる”ところが私には肌が合わないなあ、という感じがあってしばらく敬遠していた。この「愛のむきだし」にしても評判が高いことは知っていたが、上映時間約四時間という長丁場に耐える自信もなくて観ていなかった。ところが、ふと気が向いてDVDで借りて観たところ、いや、これはすごいじゃないか。正直、はまった。

 家庭の崩壊とか新興宗教団体とか、現代社会にありがちな題材を使いながら、それらを換骨奪胎して一つの神話的叙事詩とでも言いたくなるくらいに独特な世界が展開されていく。物語の軸をなす三人のキャラクター、ユウ(西島隆弘)、ヨーコ(満島ひかり)、コイケ(安藤サクラ)のそれぞれがディオニュソス的でバランスを欠く、しかしその不調和そのものが園監督の相変わらず“濃い”テイストと絡み合うと圧倒的な力で迫ってくる。盗撮、パンチラ、勃起といったキーワードは下品ではある。しかし、人間の理屈ではどうにもならない下劣さ=“原罪”と捉え、この神話世界のカオスにおいて、下劣であろうと何であろうとやむを得ない衝動性そのものを人間存在の本来とみなし、葛藤しながらも肯定していく。ユウは“妹”であるヨーコを観ると勃起する。これも、エロス=ギリシア語の原義における、表面的な理屈では媒介され得ない無条件の直接的感覚と捉え返してみたとき、それはうざったいものにも、時には“変態”的ですらあるけれども、こうした直接性そのものが人と人の絆を結び付ける力ともなり得る。“妹”を新興宗教団体から奪回しようとするユウのパッションはまさしくそこにあった。つまり、「愛のむきだし」である。

 最近、満島ひかりファンになりつつあるが、彼女はこの映画でブレイクしたのか。制服姿で戦うシーンの表情など凛々しかった。なぜか古屋兎丸や宮台真司などもゲスト出演していた。

【データ】
監督・脚本:園子温
2008年/237分
(DVDにて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古田元夫『ホー・チ・ミン──民族解放とドイモイ』、ジョン・ラクチュール『ベトナムの星──ホー・チ・ミンと指導者たち』

古田元夫『ホー・チ・ミン──民族解放とドイモイ』(岩波書店、1996年)
・「ホー・チ・ミン思想」なるものは本来なかったのに、ドイモイ政策が進展して1991年を転機に共産党綱領に明記されたのはなぜ?→ホーの本来の立場は民族解放にあったが、時代的に国際共産主義運動と重なっていたという事情→改めて「ホー・チ・ミン思想」なるものが提唱された背景には、これまで正統とされてきた国際共産主義運動からの脱却、ベトナムの伝統文化の見直しを意味した→ドイモイ下で知識人からの支持。
・他方で、ホーの意図とは別に、共産主義体制のシンボルとして反発する人々もいる。
・ホーは1911年、フランス船の見習いコックとしてフランスへ。さらにアフリカ、アメリカ、イギリスと回ってからパリに移住→早くから国際的な視野の中でベトナムを考える視点。
・1919年にフランス社会党に加入。ヴェルサイユ会議に「アンナン人民の要求」を提出:ファン・チャウ・チン(フランス支配の枠内での改革を主張)との合作。
・レーニンの民族解放論に触れて1920年のフランス共産党結成に参加。1923年にモスクワへ。そのとき、当時国共合作の蒋介石とも面会。
・1924年、コミンテルンにより広州へ派遣された。
・フランスからの圧力で日本はファン・ボイ・チャウなど東游運動のベトナム人を国外追放→中国・タイへ渡っていた人々の中で、ファンの考え方にあきたらなかった青年たちがタムタムサー(心心社)を結成していた→ホーはこれと接触し、共産主義組織形成の基盤とする。→1925年、広州でベトナム青年革命会。
・1929年、ホー不在のハノイでインドシナ共産党。合計3つの共産主義組織が分立したため、1939年、ホーはこれらの代表を香港に集めてベトナム共産党を組織(後にチャン・フーの指導でインドシナ共産党と改称)。
・1930年代のコミンテルン内部の権力闘争の時期にはソ連で「学習」に専念。
・1941年、インドシナ共産党がコミンテルンから自立性を強める中、コミンテルンとの結び付きのある指導者としてホーが帰国。
・1942年8月、支援を求めて中国へ向かったとき、これまで共産主義革命家としてのイメージが定着していた「阮愛国」から「胡志明」へと名前を変えた→連合国からの国際的支援を念頭に置いていた(しかし、中国国民党に逮捕されて一年間拘束)。
・1945年の八月革命→バオダイ帝は退位してベトナム民主共和国臨時政府成立。バオダイを最高顧問にしたほか、ベトナム独立への希望から日本の仏印処理を歓迎した「親日的傾向」の人々も含まれた。このとき、民族への裏切りとしての「親日分子」と、独立を希求したがゆえの「親日的傾向」とを区別→後者の経歴はあまり問題視されないという「東南アジア的特徴」。
・1946年12月から第一次インドシナ戦争。一般のフランス人からも共感を集めるため、敵はフランス一般ではなく「侵略的フランス植民地主義」と規定、フランス連合内の独立も考慮していた。
・冷戦構造の中に組み込まれてしまったため、ベトナム独自の発想による政治指導の余地が狭まった→ソ連・中国モデルに従う。
・ベトナム戦争では、共産主義対自由主義的ナショナリズムという枠組みではなく、アメリカに対する民族独立・統一の戦いに世界中に認識させた。ホーの戦略性:「敵を減らして味方を増やす」「時機をとらえる」。
・1969年にホーは死去。1975年にベトナム戦争終わる→指導部の勝利の驕り。「北」の「貧しさを分かち合う社会主義」を「南」にも適用→戦時経済としては有効だったが、もともと豊かだった「南」側の反発。

ジョン・ラクチュール(吉田康彦・伴野文夫訳)『ベトナムの星──ホー・チ・ミンと指導者たち』(サイマル出版会、1968年)
・著者はジャーナリストで、インドシナ進駐軍に勤務経験があり、フランス当局とベトナム側との「接点」になって1945~1947年に至るまでの一連の出来事を現地で体験。その時期の交渉の経緯が詳しく描かれている。ホー・チ・ミンは和解と協力によって平和的に独立を果たすことができず、フランス側の強硬姿勢、ベトミン側の強硬派との板ばさみにあっていたようにも見える。
・1920年、パリで日本人のフランス文学者小松清と出会ったことが記されていた。ホーの方から「あなたは中国人ですか、ベトナム人ですか?」と話しかけてきたらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画】「遠くの空」

「遠くの空」

 証券会社に勤める主人公(内山理名)の部署に韓国支社からやり手の韓国人の部長(キム・ウンス)が転任してきた。父親ほど年齢の離れた彼にファザコンの彼女はアプローチ、デートを重ねるうちに過去の話を聞くことになった。彼が学生運動のリーダーとして関わった光州事件の苦い思い出、それは在日韓国人の母を持つ彼女にも実は関わりのあることだった、というストーリー。

 考えてみたら今年は光州事件から三十周年なのか。この事件について知らない世代に向けて語るシチュエーションを設定したかった意図は分かる。しかし、それにしてもストーリー展開にはこじつけが強すぎて無理がある。全体的にきれいに作られてはいるが、その分、学生運動挫折の葛藤に説得力がない。残念ながら、映画としての見ごたえはいまいちだ。日本で韓国ものをつくると黒田福美の起用はマストなのか。

【データ】
監督:井上春生
2010年/85分
(2010年10月2日、新宿・K’s cinemaにて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »