« 中学生时看过的电视广告使我想到了的事儿(中文) | トップページ | フェアトレードについて手当たり次第に読んでみた »

2010年12月11日 (土)

ジョン・J・ミアシャイマー『大国政治の悲劇──米中は必ず衝突する!』

ジョン・J・ミアシャイマー(奥山真司訳)『大国政治の悲劇──米中は必ず衝突する!』(五月書房、2007年)

・原著John J. Mearsheimer, The Tragedy of Great Power Politicsも実は手もとにあるのだが、ツン読状態のままほったらかしにしていたら邦訳が出ていたので読んでみた。著者は国際関係論におけるネオ・リアリズムの理論家でシカゴ大学教授。最近はイラク戦争を強行したネオコンや、アメリカの国益に反した外交政策に引きずり込むイスラエル・ロビーを批判したことで知られている。

・ネオ・リアリズム理論の中でも、ハンス・モーゲンソーが国家は本質的に拡大傾向を持つとして「力への意志will to power」に着目した人間性リアリズム、ケネス・ウォルツがバランス・オブ・パワーの維持という側面に着目したディフェンシヴ・リアリズムに対し、ミアシャイマーはオフェンシヴ・リアリズム(攻撃的現実主義、offensive realism)の理論を提唱。

・オフェンシヴ・リアリズムの条件は次の5点にまとめられている。すなわち、①アナーキー(ホッブズ的世界観)な世界に中心的権威はない、②どの国家も一定の攻撃能力を持っている、③他国の考えを完全に読みきることはできない→こうした不確実性に向き合うそれぞれの国家は恐怖心を抱き、④自らの生き残りをかけて自助防衛のためパワーの最大化を図って国際システムにおける覇権国(hegemon)の立場を達成しようとする、従って平和はあり得ない。戦争が起こるのは、侵略的な国、平和的な国といった先天的な性質によるのではなく、こうした不確実性が内包された国際システムの構造そのものに起因するのであって、⑤大国はシステムに適応するため合理的な行動を取る。以上の理論的仮定の是非について主に18~20世紀の外交史・戦史を題材に検証していく。

・大国はバランス・オブ・パワーが自国に有利に変化させるチャンスを常に狙っている。二極構造よりも多極構造の方が誤算の可能性が高いため戦争が発生しやすくなる。潜在的覇権国の台頭(本書では東アジアにおける中国を想定)は、その存在感自体が周辺国に恐怖心を抱かせ危険な政策へ駆り立てやすくなる。大国は例外なく核武装優越状態を目指す。

・兵力投入能力(power projection)の限界から、アメリカは海を越えた遠い地域まで派兵すると失敗する→世界の保安官ではなく、オフショア・バランサーとしての役割がふさわしい→ネオコン、イスラエル・ロビーへの批判(道義的な批判ではなく、失敗することが目に見えていた、すなわち合理性を欠いた政治判断だったから批判)。

・ただし、国際政治のプレイヤーとしての国家の内在的要因はブラックボックスに押し込んで図式が単純化されており、非合理的な要因によって想定できない事態もあり得ることが予め明記されている。以上の議論は、複雑な事象を整理して把握するための概念装置=理論である点を念頭に置いた上で読むべきだろう。

|

« 中学生时看过的电视广告使我想到了的事儿(中文) | トップページ | フェアトレードについて手当たり次第に読んでみた »

国際関係論・海外事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/50266658

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・J・ミアシャイマー『大国政治の悲劇──米中は必ず衝突する!』:

« 中学生时看过的电视广告使我想到了的事儿(中文) | トップページ | フェアトレードについて手当たり次第に読んでみた »