« 永積洋子『平戸オランダ商館日記──近世外交の確立』 | トップページ | ASEANについて5冊斜め読み »

2010年11月11日 (木)

【映画】「小さな中国のお針子」

「小さな中国のお針子」

 文化大革命で四川省の山奥へと下放された二人の大学生と土地の少女(周迅)との関係を、ノスタルジックに淡い想いを込めながら描く。木々に覆われた隆々たる高原の風景の雄大さ、楽しげに笑いさざめく少女たちの美しさ、その一方で識字率が極端に低い迷信深い社会。彼らは少女にバルザックの小説を読み聞かせてやり、彼女は物語の魅力にのめり込み、そして外なる世界への憧れをつのらせていく。自我に目覚め、決心して故郷を捨てた彼女の行方は沿岸部か。その後のことははっきりとは分からない。素朴で余計なことは何も知らなかったからこそ純粋化された夢とあこがれ、しかし農民工として働く先でひょっとして挫折をかみしめているのではあるまいか、そうした想像をめぐらせていくと、四川の山奥で夢見ていた彼女の姿になおさらはかない美しさが感じられてくる。

【データ】
原題:Balzac et la petite tailleuse chinoise
原作・監督:ダイ・シージエ
2002年/フランス・中国/110分
(DVDにて)

|

« 永積洋子『平戸オランダ商館日記──近世外交の確立』 | トップページ | ASEANについて5冊斜め読み »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/49998939

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】「小さな中国のお針子」:

« 永積洋子『平戸オランダ商館日記──近世外交の確立』 | トップページ | ASEANについて5冊斜め読み »