« 【映画】「ラスト・ブラッド」 | トップページ | 小島剛一『トルコのもう一つの顔』『漂流するトルコ──続「トルコのもう一つの顔」』 »

2010年10月10日 (日)

【映画】「ブロンド少女は過激に美しく」

「ブロンド少女は過激に美しく」

 リスボン発の列車の中、男性がたまたま隣り合わせた老婦人に向けてためらいがちに話しかける。「家族や友人には言えないことでも、見知らぬ人なら話せると思いまして…」。彼は伯父が経営する店の二階で会計士として仕事をしていた。窓を開けると、向かいの建物で暮らす美少女の姿。中国式の丸扇をあおぐ優雅な仕草。一目ぼれした彼は求婚したが、伯父の強い反対で店を追い出された。ガヴォベルデで一財産を築いて帰国、改めて結婚へと一歩踏み出せたはずなのだが…。

 御年100歳となるポルトガルの巨匠マノエル・デ・オリヴェイラの新作。私は他の作品を観たことがないのでよく知らないのだが、前日の新聞夕刊の映画評で絶賛されていたので、ふーんと思って足を運んだ次第。ヒロインが美しいかどうかと言うと、正直、私にはそういう実感がないし、青年の恋の情熱の思いがけない挫折といっても私は冷めた目で見るばかり。ただ、リスボンの石造りの街並に漂うレトロな雰囲気を映し出す映像には、ゆったりと落ち着いた気品が浮かび上がってきて、この点が魅力的に感じた。

【データ】
監督:マノエル・デ・オリヴェイラ
2009年/ポルトガル・フランス・スペイン/64分
(2010年10月9日、日比谷、TOHOシネマズ・シャンテにて)

|

« 【映画】「ラスト・ブラッド」 | トップページ | 小島剛一『トルコのもう一つの顔』『漂流するトルコ──続「トルコのもう一つの顔」』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/49705620

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】「ブロンド少女は過激に美しく」:

» ブロンド少女は過激に美しく [LOVE Cinemas 調布]
撮影中に100歳の誕生日を迎えた巨匠マノエル・デ・オリヴェイラ監督がエサ・デ・ケイロスの短編小説をモチーフに映画化。とある男が列車で隣の席に座った婦人に、自らの衝撃的な体験を告白する様子を回想を中心に描いている。主演は監督の孫のリカルド・トレパ。驚きの結末に注目。... [続きを読む]

受信: 2010年10月14日 (木) 16時41分

« 【映画】「ラスト・ブラッド」 | トップページ | 小島剛一『トルコのもう一つの顔』『漂流するトルコ──続「トルコのもう一つの顔」』 »