« 吉沢南『戦争拡大の構図──日本軍の「仏印進駐」』『私たちの中のアジアの戦争──仏領インドシナの「日本人」』『ベトナムの日本軍──キムソン村襲撃事件』 | トップページ | 古田元夫『ホー・チ・ミン──民族解放とドイモイ』、ジョン・ラクチュール『ベトナムの星──ホー・チ・ミンと指導者たち』 »

2010年10月 3日 (日)

【映画】「遠くの空」

「遠くの空」

 証券会社に勤める主人公(内山理名)の部署に韓国支社からやり手の韓国人の部長(キム・ウンス)が転任してきた。父親ほど年齢の離れた彼にファザコンの彼女はアプローチ、デートを重ねるうちに過去の話を聞くことになった。彼が学生運動のリーダーとして関わった光州事件の苦い思い出、それは在日韓国人の母を持つ彼女にも実は関わりのあることだった、というストーリー。

 考えてみたら今年は光州事件から三十周年なのか。この事件について知らない世代に向けて語るシチュエーションを設定したかった意図は分かる。しかし、それにしてもストーリー展開にはこじつけが強すぎて無理がある。全体的にきれいに作られてはいるが、その分、学生運動挫折の葛藤に説得力がない。残念ながら、映画としての見ごたえはいまいちだ。日本で韓国ものをつくると黒田福美の起用はマストなのか。

【データ】
監督:井上春生
2010年/85分
(2010年10月2日、新宿・K’s cinemaにて)

|

« 吉沢南『戦争拡大の構図──日本軍の「仏印進駐」』『私たちの中のアジアの戦争──仏領インドシナの「日本人」』『ベトナムの日本軍──キムソン村襲撃事件』 | トップページ | 古田元夫『ホー・チ・ミン──民族解放とドイモイ』、ジョン・ラクチュール『ベトナムの星──ホー・チ・ミンと指導者たち』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/49631722

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】「遠くの空」:

« 吉沢南『戦争拡大の構図──日本軍の「仏印進駐」』『私たちの中のアジアの戦争──仏領インドシナの「日本人」』『ベトナムの日本軍──キムソン村襲撃事件』 | トップページ | 古田元夫『ホー・チ・ミン──民族解放とドイモイ』、ジョン・ラクチュール『ベトナムの星──ホー・チ・ミンと指導者たち』 »