« 【映画】「練習曲」 | トップページ | 青井哲人『植民地神社と帝国日本』 »

2010年8月 6日 (金)

日本順益台湾原住民研究会編『台湾原住民研究への招待』、山本春樹・黄智慧・パスヤ・ポイツォヌ・下村作次郎編『台湾原住民族の現在』

 日本での台湾原住民族への関心は大きく分けて次の二つがあると言えるだろうか。第一に、霧社事件や高砂義勇隊など日本の帝国主義的権力との葛藤に焦点を合わせた歴史学的な関心。第二に、文化人類学的な関心で、揺籃期にあった日本の民族学・文化人類学的研究にとって台湾は貴重なテストケースになった。日本の領台直後の1896年に来訪した鳥居龍蔵をはじめ、伊能嘉矩、森丑之助、鹿野忠雄、台北帝国大学土俗人種学教室の移川子之蔵、宮本延人、馬淵東一、言語学教室の小川尚義、浅井惠倫、『民俗台湾』の金関丈夫、国分直一などによる研究蓄積は、戦後の台湾における研究に引き継がれた(台北の南天書局から復刻版が色々と出ている)。

 前者の歴史学的研究や聞き取り調査は、日本の戦争責任をどのように捉えるかという議論との関わりで、一般的な読者層にも比較的読まれている。これに対して、後者の民族学的研究については、戦後も引き続き一定の研究蓄積があるものの大半が専門的な学術論文であるため、一般読者層にとって必ずしもなじみやすいものではない。

 そうした中で、日本順益台湾原住民研究会編『台湾原住民研究への招待』(風響社、1998年)は、研究入門という形ではあるが専門外の一般読者にも読みやすい構成で良い本だと思う。この分野の専門家が揃って分担執筆、研究史的背景や各民族の文化的特徴について過不足なくまとめられ、本論ばかりでなく研究者自身のフィールドワーク体験をつづったエッセイが興味深い取っ掛かりとなる。(そう言えば、台北の順益台湾原住民博物館にはまだ足を運んだことがなかった。)

 山本春樹・黄智慧・パスヤ・ポイツォヌ・下村作次郎編『台湾原住民族の現在』(草風館、2004年)は、民族学ばかりでなく様々なジャンルの執筆者が集まり、とりわけ原住民出身研究者も参加した専門的論文集。草風館で翻訳出版された台湾原住民作家の文学選集との関連のようだ。1980年代末からの民主化・言論自由化に伴って原住民族側からの発言も活発となり、憲法上も1994年には「山地同胞」→「原住民」と正式名称変更、1997年には多文化主義が明記され、1996年には政府機関として行政院原住民委員会も発足している。こうした情勢を受けて、多文化主義という枠組みの中で原住民族各自のアイデンティティーをどのように保障していくか、その際にどのような問題があるのかを検討していく論考が前半部のテーマとなっている。後半部には歴史学的・民族学的論考が並ぶが、紙村徹「なぜ牡丹社民は琉球漂流民を殺害したのか?:牡丹社事件序曲の歴史人類学的素描」に興味を持った。パイワン族が琉球漂流民を虐殺したのは、「野蛮」だったからだというのは説明になっておらず、彼らの内在的な動機を探ろうとする問題意識が示されている。

|

« 【映画】「練習曲」 | トップページ | 青井哲人『植民地神社と帝国日本』 »

台湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/49070414

この記事へのトラックバック一覧です: 日本順益台湾原住民研究会編『台湾原住民研究への招待』、山本春樹・黄智慧・パスヤ・ポイツォヌ・下村作次郎編『台湾原住民族の現在』:

« 【映画】「練習曲」 | トップページ | 青井哲人『植民地神社と帝国日本』 »