« 岩井克人・佐藤孝弘『M&A国富論──「良い会社買収」とはどういうことか』 | トップページ | 五十嵐太郎『建築はいかに社会と回路をつなぐのか』、五十嵐太郎・磯達雄『ぼくらが夢見た未来都市』 »

2010年7月10日 (土)

奥村宏『最新版 法人資本主義の構造』『三菱とは何か──法人資本主義の終焉と「三菱」の行方』『経済学は死んだのか』

奥村宏『最新版 法人資本主義の構造』(岩波現代文庫、2005年)
・株式相互持合いによる企業の相互支配という戦後日本の会社モデルは、経営の自律性を確保したと評価する議論がある一方で、本書はそれは株式会社の基本原則に反しており、株主主権による経営者チェックが働かない無責任体制だと批判する。
・法人資本主義の構造が成立→経営者も従業員も会社に忠誠→会社本位主義
・法人は有限責任。株主は出資分以上の責任を負う必要はない。
・会社に実体はあるのか?→法人擬制説、法人否認説、法人実在説。
・イギリスで株式会社が成立したとき、株主は本来、自然人(=責任主体となり得る)を想定→1888年、アメリカのニュージャージー州法の改正→企業を呼び込むことで税収増を当て込むという打算的理由から持ち株会社を認め、これが他州にも広がった。
・以上の問題意識を踏まえて「法人資本主義」の成立過程を分析。GHQによる財閥解体→放出された株式の受け皿がなく法人所有へ(戦前のピラミッド型支配構造の財閥から横断的な株式相互持合いの企業集団へと変化)。1952年の陽和不動産株買占め事件→三菱グループ各社による株式買取り→買占め対抗策として安定株主工作→これでは経営者が株主を選ぶことになってしまい、株主主権の会社民主主義に反する→経営者をチェックする者がいない、コーポレート・ガバナンス不在。
・近年の「持合い崩壊」→年金基金と外国機関投資家が受け皿→投機的で不安定、有力な受け皿がないという混迷。

 奥村宏『三菱とは何か──法人資本主義の終焉と「三菱」の行方』(太田出版、2005年)は、三菱自動車のリコール問題を糸口に、こうした法人資本主義の具体的な事例として三菱グループの創業以来の歴史を検討する。

 奥村宏『経済学は死んだのか』(平凡社新書、2010年)。最新の金融理論による世界的な経済破綻、新自由主義的原理の直訳的適用による日本経済の混乱、さらにはかつての神学的・訓詁学的なマルクス研究。現実遊離した輸入理論先行の経済学者に反省を促すという意図から、経済の現実について自分自身で調査・研究した上で理論化・政策提言を行った人物としてマルクスとケインズを取り上げ、日本の経済学者を批判。激しい口調は、日本経済の実態について既存の理論枠組みは使わずに自分の眼で調査しながら法人資本主義という理論構築をしてきたという著者自身の自負によるのだろう。

|

« 岩井克人・佐藤孝弘『M&A国富論──「良い会社買収」とはどういうことか』 | トップページ | 五十嵐太郎『建築はいかに社会と回路をつなぐのか』、五十嵐太郎・磯達雄『ぼくらが夢見た未来都市』 »

経済・経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/48846200

この記事へのトラックバック一覧です: 奥村宏『最新版 法人資本主義の構造』『三菱とは何か──法人資本主義の終焉と「三菱」の行方』『経済学は死んだのか』:

« 岩井克人・佐藤孝弘『M&A国富論──「良い会社買収」とはどういうことか』 | トップページ | 五十嵐太郎『建築はいかに社会と回路をつなぐのか』、五十嵐太郎・磯達雄『ぼくらが夢見た未来都市』 »