« 若林正丈編『ポスト民主化期の台湾政治──陳水扁政権の8年』 | トップページ | フリードリヒ・マイネッケ『ドイツの悲劇』 »

2010年7月29日 (木)

【映画】「パコと魔法の絵本」

「パコと魔法の絵本」

 一癖も二癖もある変な患者ばかり集まった病院が舞台。自分一人で事業を成功させたという自負心、その裏返しとしての狷介さで嫌われ者の老人、大貫(役所広司)。そんな彼が、記憶が一日しかもたない少女パコ(アヤカ・ウィルソン)と出会い、彼女に何か思い出を残してやりたいと思って病院のみんなで劇をやろうと提案する。3Dアニメも交えたファンタジーだが、微妙に毒のあるおふざけテイストは子供向きではない。中島哲也監督のこのノリは結構嫌いじゃない。役所広司のメイクはマクベスやってる平幹二郎みたいだな。

【データ】
監督・脚本:中島哲也
2008年/105分
(DVDにて)

|

« 若林正丈編『ポスト民主化期の台湾政治──陳水扁政権の8年』 | トップページ | フリードリヒ・マイネッケ『ドイツの悲劇』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/49000323

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】「パコと魔法の絵本」:

« 若林正丈編『ポスト民主化期の台湾政治──陳水扁政権の8年』 | トップページ | フリードリヒ・マイネッケ『ドイツの悲劇』 »