« 丸川哲史『台湾ナショナリズム──東アジア近代のアポリア』、本多周爾『台湾──メディア・政治・アイデンティティ』 | トップページ | 「トロッコ」 »

2010年5月23日 (日)

「川の底からこんにちは」

「川の底からこんにちは」

 ワケあって東京に出てきて5年目、パッとしない仕事で転職5回目、男にはたびたび捨てられて今のは5人目、子連れの上司、ダメ男。あきらめ、と言うにはあっけらかんとしているが、「しょうがない、あたしなんてどうせ中の下、ダメな女だから」と佐和子(満島ひかり)は口癖のようにつぶやく。ある日、実家でシジミ工場を経営する父が入院し、田舎へ呼び戻された。工場の先行きは暗い。田舎=自然豊か=エコと勘違いしたダメ男もついて来るし、工場で働くおばさんたちの冷たい視線が身にささる。

 ゆるい笑い、微妙に毒気の混じったちゃかしが全体的なトーン。佐和子の口癖「しょうがない」、これが映画の前半と後半とでその意味合いを全く対照的なものに転換させているのが鮮やかで目を引いた。東京でOLをしていたときは、つまらない仕事、つまらない男、夢もやりたいことも特にない、というまったりとしたあきらめ。しかし、どん詰まりになって気持ちがふっきれた。会社再建で躍起になっているときの「しょうがない」には、どうせダメなら全部ひっくるめて頑張るしかない、そうした前向きの凛々しさすらうかがえる。

 満島ひかりは、最近観た「カケラ」でも印象的だったが、この「川の底からこんにちは」でも主人公の不器用さが自然体として浮かび上がってくる。そのおかげで「しょうがない」の意味合いの転換が説得的に感じられる。とても良い。

【データ】
監督・脚本:石井裕也
2009年/112分
(2010年5月23日、渋谷・ユーロスペースにて)

|

« 丸川哲史『台湾ナショナリズム──東アジア近代のアポリア』、本多周爾『台湾──メディア・政治・アイデンティティ』 | トップページ | 「トロッコ」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/48441019

この記事へのトラックバック一覧です: 「川の底からこんにちは」:

» 石井裕也監督・脚本 「川の底からこんにちは」 [映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?]
GW真っ只中の5月1日に公開された満島ひかり主演の新作映画 GWが明け、私も公休に 満島ひかり、2009年度キネマ旬報助演女優賞受賞の注目の女優 私自身は、去年公開された堺雅人主演の映画「クヒオ大佐」で初めて知った女優さん その後、DVDで「愛のむきだし」を観 凄いぞこの娘(こ)はと気になる存在となりました。 今回どんな芝居を見せてくれるのか? 楽しみに映画観に行ってきました(^−^)b 【映画の宣伝コピー】 人生…もうがんばるしかない 心が変われば、人生も変わる おもいっきり笑... [続きを読む]

受信: 2010年5月24日 (月) 21時49分

« 丸川哲史『台湾ナショナリズム──東アジア近代のアポリア』、本多周爾『台湾──メディア・政治・アイデンティティ』 | トップページ | 「トロッコ」 »