« 「カケラ」 | トップページ | 吉澤誠一郎『天津の近代──清末都市における政治文化と社会統合』 »

2010年4月25日 (日)

郭沫若『歴史小品』

 郭沫若(平岡武夫訳)『歴史小品』(岩波文庫、1981年)を初めて読んだのは大学一年生のときだったか。あまり良い印象はなかった。思い立って久しぶりに再読してみたが、やっぱりつまらない。老子、荘子、孔子、孟子、始皇帝、項羽、司馬遷、賈誼のエピソードをもとにした短編八本。文章としては読みやすいが、偶像破壊的な筆法がわざとらしくて嫌味に感じられる。これらの作品が書かれた1920~30年代において、伝統拘束的な思想傾向に対して啓蒙しなければならない、そうした政治的手段としての文学という問題意識があったであろうことは理解する。ただし、当時の時代思潮を知る資料としてならばともかく、現代の人間が読んで何か感じ入るような深みがあるわけではない。

|

« 「カケラ」 | トップページ | 吉澤誠一郎『天津の近代──清末都市における政治文化と社会統合』 »

中国」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/48180031

この記事へのトラックバック一覧です: 郭沫若『歴史小品』:

« 「カケラ」 | トップページ | 吉澤誠一郎『天津の近代──清末都市における政治文化と社会統合』 »