« 梁啓超『清代学術概論──中国のルネッサンス』 | トップページ | 「ザ・マジックアワー」 »

2010年4月11日 (日)

「純喫茶磯辺」

 この土日、気分が落ち込んでいて小難しい本は読んでも頭に入らず、映画観たり、どうでもいい本を眺めたりしていた。

「純喫茶磯辺」

 だらしない父親(宮迫博之)が遺産相続で金が転がり込んでますますだらしなくなったところ、一念発起してダサい喫茶店を始めた。それを見ながら心中複雑な娘(仲里依紗)。コメディーにしては笑えないし、ヒューマンドラマにしては思い入れが持てないし、中途半端でつまらない映画だった。麻生久美子ファンなのでチェックしただけ。

【データ】
監督:吉田恵輔
2008年/113分
(DVDにて)

|

« 梁啓超『清代学術概論──中国のルネッサンス』 | トップページ | 「ザ・マジックアワー」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/48057872

この記事へのトラックバック一覧です: 「純喫茶磯辺」:

« 梁啓超『清代学術概論──中国のルネッサンス』 | トップページ | 「ザ・マジックアワー」 »