« ズビグニュー・ブレジンスキー、ブレント・スコウクロフト『アメリカと世界:アメリカ外交の将来を語る』 | トップページ | アイヴォ・H・ダールダー、I・M・デストラー『大統領執務室の影で』 »

2010年2月15日 (月)

何冊かピックアップ

 去年、原著で読んだ本の翻訳が新刊でいくつか出ていたのでピックアップ。Paul Collier, Wars, Guns, and Votes: Democracy in Dangerous Places(HarperCollins, 2009→こちら)はポール・コリアー『民主主義がアフリカ経済を殺す 最底辺の10億人の国で起きている真実』(甘糟智子訳、日経BP社、2010年)。タイトルは内容から外れてはいないにしても、ミスリードの恐れもありそう。まあ、目立たないと売れないから仕方ないか。発展途上国支援のアキュメンファンド創立者のJacqueline Novogratz, The Blue Sweater: Bridging the Gap between Rich and Poor in an Interconnected World(Rodale, 2009→こちら)はジャクリーン・ノヴォグラッツ『ブルー・セーター──引き裂かれた世界をつなぐ起業家たちの物語』(北村陽子訳、英治出版、2010年)。それから、Leslie T. Chang, Factory Girls: From Village to City in a Changing China (Spiegel & Grau, 2009→こちら)もレスリー・T・チャン『現代中国女工哀史』(栗原泉訳、白水社、2010年)として近いうちに出るみたい。

|

« ズビグニュー・ブレジンスキー、ブレント・スコウクロフト『アメリカと世界:アメリカ外交の将来を語る』 | トップページ | アイヴォ・H・ダールダー、I・M・デストラー『大統領執務室の影で』 »

国際関係論・海外事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ズビグニュー・ブレジンスキー、ブレント・スコウクロフト『アメリカと世界:アメリカ外交の将来を語る』 | トップページ | アイヴォ・H・ダールダー、I・M・デストラー『大統領執務室の影で』 »