« 2009年1月25日 - 2009年1月31日 | トップページ | 2009年2月15日 - 2009年2月21日 »

2009年2月8日 - 2009年2月14日

2009年2月14日 (土)

トム・レイス『オリエンタリスト』

Tom Reiss, The Orientalist: Solving the Mystery of a Strange and Dangerous Life, Random House, 2005

 クルバン・サイード(松本みどり訳)『アリとニノ』(河出書房新社、2001年)という小説がある。舞台はカスピ海沿岸、石油のにおいがたちこめる街バクー。ムスリムの青年アリとグルジア人貴族の美少女ニノ、いわばコーカサス版『ロミオとジュリエット』といった趣きのロマンスである。第一次世界大戦やロシア革命を背景に、コーカサスの複雑な民族関係、さらにはキリスト教とイスラム教、ヨーロッパとアジア、近代と近代以前、こうした対立構図も、二人が運命に翻弄される姿を通してストーリーに織り込まれている。1937年にウィーンで刊行されて以来、欧米ではロングセラーとなっているらしい。

 だが、この小説よりも、作者自身の数奇な生涯の方がはるかにエキサイティングだ。

 クルバン・サイードというのはオーストリアの男爵夫人エルフレーデ・エーレンフェルス(Elflede Ehrenfels)とエサド・ベイ(Essad Bey)の二人によるペンネームだが、実質的にはエサド・ベイの手になる。Tom Reiss, The Orientalist: Solving the Mystery of a Strange and Dangerous Lifeは、このエサド・ベイなる人物の謎に包まれた波乱の人生を、関係者のインタビューや時には当時の秘密警察のファイルなども用いながら解き明かそうとしたノンフィクションである。

 エサド・ベイ、もとの名をレフ・ヌッシムバウム(Lev Nussimbaum)という。1905年、石油で一財産をなしたバクー(現アゼルバイジャンの首都)のユダヤ人家庭に生まれた。第一次世界大戦、ロシア革命と続く混乱の時代、ヌッシムバウム一家はトルキスタン、イラン、アルメニア、グルジア、トルコと転々と逃げまわり、コンスタンティノープルからヨーロッパへ渡る(なお、レフがまだ幼かった頃に自殺した母親は共産主義シンパで、若き日のスターリンとも面識があったらしい)。コンスタンティノープルではオスマン帝国の黄昏を、イタリアではローマ進軍直前の黒シャツたちを、ベルリンではドイツ革命やスパルタクス団の武装蜂起による混乱を、それぞれ目の当たりにした。

 レフはドイツでロシア人亡命者の子弟向けの学校に入学したが、何人かの親友はできたものの、周囲にはあまり馴染めなかったようだ。孤独な彼の心は、“オリエント”への興味に吸い込まれるように引き寄せられ、ベルリンのトルコ大使館(まだオスマン帝国解体直前だった)でイスラム教に改宗した。これ以降、レフはエサド・ベイと名乗る。彼が学校を卒業した頃のドイツはワイマール文化の爛熟期に入っていた。“オリエント”に関する豊富な知識と文才を駆使してレフは20代の頃からジャーナリストとして活躍、とりわけ彼のムスリムであることを誇張したパフォーマンスは多くの人々の耳目を引きつけた。

 ナチスの政権掌握後もレフのユダヤ人としての出自は公になっておらず、旺盛に執筆活動を続けた。むしろ、ユダヤ人であることがばれるまで宣伝省の推薦図書リストに彼の著作も載っていたほどだ。しかし、離婚スキャンダルでドイツ文芸家協会を除名され、ウィーンに移る(ここで『アリとニノ』が出版された)。しかし、1938年、オーストリアもナチス・ドイツに併合されてしまい、レフは自分の本を出版できるところを求めてイタリアへ行く。イタリアのファシズムにはもともと反ユダヤ主義の要素はなく、ファッショ体制に反対しない限りユダヤ人も受け容れられていたらしい。だが、ムッソリーニがヒトラーと同盟を組むと、イタリア国内でも人種法が制定され、ユダヤ人の立場は難しくなった。レフは病に倒れ、知人の尽力でサレルノ近郊の保養地ポジターノで療養生活を送ることになる。ウィーンに残った父アブラハム・ヌッシムバウムは1941年にトレブリンカへ送られ、殺された。病床にあったレフは父からの手紙が途絶えたことに気持ちを焦らせながら、1942年にこの世を去る。

 レフはなぜイスラム教に改宗したのか? 本書で論点の一つとして示されているユダヤ人のオリエンタリズムというテーマに興味を持った。今でこそパレスチナ問題をめぐってユダヤ教とイスラム教の対立関係が目立つが、もともとヨーロッパにおけるイスラム研究に先鞭をつけたのはユダヤ人だったという(背景としては、ユダヤ人=非ヨーロッパ人=オリエントという、時には差別的なニュアンスも混じった構図を、プラスのものとして受け容れたユダヤ人もいたらしい)。シオニストの中でもマルティン・ブーバー(Martin Buber)、オイゲン・ヘフリッヒ(Eugen Hoeflich)といった人たちには、ユダヤ思想とイスラム思想の根柢に共通したものを見出し、それは広くアジア一般につながるものだと考え、西欧近代の限界(具体的には凶暴な全体主義が登場した)を超えるものとして積極的に意義付け、ユダヤ人の役割をそこに求めようという志向があったことを本書は指摘している(何となく日本における“近代の超克”を想起してしまうが)。こうした志向性をレフの生い立ちそのものが体現していた、少なくともそのような自覚を彼は持っていたらしい。“西”と“東”の対立を超えていこうという考え方は『アリとニノ』のテーマになっている。

 西欧による“オリエント”への偏見が内包された知的構造についてエドワード・サイードが“オリエンタリズム”というキーワードを通して問題提起して以来、こうした問題に現代の我々は割合と敏感になっている。コーカサス出身のユダヤ人として自身のアイデンティティーをヨーロッパではないもの=“オリエント”に求めようとしたところには、この“オリエンタリズム”的な幻想による逆規定があったのかもしれない。しかし、政治的な右翼と左翼、帰属意識としての“西”と“東”、どれかでありそうでいて、実はどれでもない、おとぎ話的な幻想の世界にすがりつこうとしてでも、どこかに自分の場所を求めつつ、結局どこにも身の置き所がなかった彼の苦衷そのものが、悲劇として目の離せない迫力を放っている。

 レフの謎めいた人生に興味をかきたてられるばかりでなく、コーカサスからヨーロッパまで20世紀初頭の様々な世界史的大事件を一人の人間で目の当たりにしたというケースはそうそうないだろう。本書を非常に面白く読んだが、主人公は日本ではマイナーだから、翻訳出版しても市場性は見込めないんだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

グルジアの音楽のこと

 「世界民族音楽大集成70 グルジアの歌」というCDを図書館から借り出して聴いている。男声のアカペラ合唱が多い。複雑な旋律がポリフォニックに幾重にもかさなっているところなど洗練された印象を受け、結構聴きこんでしまう。収録されているのは、労働歌:宗教歌=1:2くらいの割合。宗教歌というのはもちろんキリスト教の聖歌だが、中には「リレ」というキリスト教以前の太陽崇拝の讃歌もある。労働歌も宗教歌も(そして“異教”の歌も)曲調の違いはあまり感じられず、世俗も宗教生活も混然一体となっていたかのようにも思われる。二見淑子『民族の魂 グルジア、ウクライナの歌』(近代文藝社、1995年)はグルジア音楽の比較分析を進めた結果、聖歌にはグルジア土着の民謡の影響が濃厚で、キリスト教受容の当初からグルジア化の傾向があったと指摘している。

 グルジアは後337年にキリスト教を国教化した。アルメニアに次ぐ古さで、テオドシウス帝によるローマ帝国での国教化(380年)よりも古い。グルジアでも当初はビザンツ式典礼が行なわれていたが、6~7世紀頃からグルジア語による典礼・聖歌が広まり始め、9世紀までには完全にグルジア化されたという。12世紀のタマラ女王の時代は文化的にも最盛期となった。その後、モンゴル、ペルシア、トルコと様々な外来勢力の侵食を受け、1801年にロシア帝国に併合された。以降、ロシア経由で西欧音楽が流入する。

 グルジアの首都チフリス(現トビリシ)はロシア領コーカサスにおける音楽教育の中心となった。コーカサス音楽協会の音楽学校が設立され、これは1917年に正式に高等音楽院となる(アレクサンドル・チェレプニンの父ニコライはここの校長として招聘された)。また1883年、やはり音楽学校の教員として来ていたイッポリトフ=イワーノフ(組曲「コーカサスの風景」で有名。特に「酋長の行進」はライト・クラシックとして演奏される機会も多い)を中心にオーケストラが結成された。1886年にチフリスを訪問したチャイコフスキーをこのオーケストラが出迎えることになる(森田稔「西洋との接触から生まれたコーカサスの国民音楽」『コーカサスを知るための60章』明石書店、2006年)。

 こうして西欧音楽が流入する一方で、グルジア聖歌は教会の管轄下にあった。一種の分立状態と言えようか。19世紀以降、ヨーロッパの中小民族の間で自分たち独自の民族文化を見直そうという動きが高まるが、グルジアもその例外ではなかった。まず聖歌が再評価されたほか、民謡採集も積極的に行なわれるようになる(イッポリトフ=イワーノフなどのロシア人音楽家も協力した)。

 アレクサンドル・チェレプニンの父ニコライは、リムスキー=コルサコフに師事した著名な音楽家で、1918年、チフリスの高等音楽院の校長として招聘され、グルジアへ移住した。当時のグルジアはメンシェヴィキを中心に独立した政権が形成されて比較的安定しており、革命で混乱したロシアから脱出しようという意図があった(しかし、1921年にグルジアはボルシェヴィキによって制圧され、チェレプニン一家はヨーロッパへ亡命する)。父親に連れられて来たアレクサンドルは多感な青年期、ここチフリスで音楽的にも大きな刺激を受ける。チフリスはコーカサスにおける音楽教育の中心であり、また19世紀以来コーカサス諸民族の民謡採集が行なわれてきた成果もあり、様々な音楽要素に出会う機会があった。そもそもグルジアをはじめとしたコーカサス一帯は、北はロシア、南はイスラム勢力の影響により、異なる文化圏が混淆した地域である。

 私がチェレプニンという人物に興味を持ったのは、彼が日本と中国で若手音楽家の発掘に努め、とりわけ日本では江文也と伊福部昭を見出したこと。江は台湾出身、日本で音楽教育を受け、その後中国に渡った。伊福部は日本人だが、幼少時からアイヌの文化に馴染んでいた。こうした人物に関心を寄せるチェレプニンの多民族融合的な音楽志向には、グルジアで多感な青年期を過ごした体験がやはり大きな影響を及ぼしていたと言える。

 チェレプニンはハチャトリアンの曲も大好きだったが、片や亡命ロシア貴族、片やソ連を代表する音楽家の一人、会う機会のないことを残念がっていた。ハチャトリアンはアルメニア人だが、若い頃はグルジアのチフリスにいた。チフリスはグルジアの首都であると同時にロシア領コーカサス全体の中心都市でもあり、様々な民族が入り混じっていた。特に経済面で活躍していたアルメニア人は19世紀の時点でチフリスにおける最大人口を占めていたので(Charles King, The Ghost of Freedom: A History of the Caucasus, Oxford University Press, 2008, pp.147-148)、彼がチフリス育ちだとしても珍しいことではなかった。ハチャトリアンが若き日に、チフリスで行なわれたある演奏会に非常な感銘を受けたと語っているのをチェレプニンは知り、「私もその演奏会は聴きに行った、ああ、彼と同じ会場で同じ感動を受けていたんだ!」と実に感慨深げである(Ludmila Korabelnikova, tr. by Anna Winestein, Alexander Tchrepnin: The Saga of a Russian Emigré Composer, Indiana University Press, 2008, p.27)。

 ハチャトリアンの曲をまとめて聴き返してみた。「剣の舞」「レズギンカ舞曲」などは有名だから、ああ、あれか、とすぐイメージはわくだろうが、交響曲第三番なんてあの調子が繰り返し続く。音量をしぼらないと耳が痛くなるが、あの派手さ、たとえばシンバルの激しいリズムにのって金管楽器が咆哮するところなんて血わき肉おどるようで大好き。土俗的に素朴で力強いリズムと色彩豊かな音響の厚み、ふとチェレプニンが見出した伊福部の「日本狂詩曲」を思い浮かべ、チェレプニンの好みが何となくうかがわれるように思った。

 なお、グルジアの現代作曲家ではギヤ・カンチェーリが有名だが、彼についてはまた機会を改めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

何となくプロメテウスで雑談

 天界から火を盗んで人間に与えたため、ゼウスの不興をこうむってコーカサスの岩山に縛り付けられたプロメテウス。荒鷲に体をついばまれても元通り、苦痛が延々と続く。巍巍として荒涼たる岩山に、グリューネヴァルトのキリスト磔刑図のような姿で括りつけられ、天空いと高きところに荒鷲がンギャア、ンギャアと鳴いている、そんなイメージがある。アイスキュロス(呉茂一訳)『縛られたプロメーテウス』(岩波文庫、1974年)は、こうした不条理に耐えつつ、全能なるゼウスに毅然として対峙する雄雄しい姿を描いている。ゼウスに向かって呪詛の言葉をはっきりと投げつけるところなど『ヨブ記』とはだいぶ違う。

 ロシア革命の混乱の中、1918年に独立を宣言したグルジア共和国は1921年にボルシェビキによって制圧され、共和国指導層は国外に亡命、プラハ、パリ、ワルシャワなどで拠点組織を設立。パリで発行された機関誌のタイトルはProméthéeとつけられた。亡命組織の中でも色々な思惑があったらしいが、反ボルシェビキという点で一括してPrometheanismと呼ばれたという(Charles King, The Ghost of Freedom: A History of the Caucasus, Oxford University Press, 2008, p.174)。プロメテウスにはコーカサスという土地のシンボル的イメージがあると同時に、独立へ向けての不屈の意志という意味合いも当然ながら込められていたのだろう。

 スクリャービンの交響曲第五番は「プロメテウス、あるいは火の詩」。この曲の独特なところは、照明の色彩とピアノの鍵盤とが連動した色光ピアノを使うよう指示されていること。通常、人間の知覚能力は目で色彩を把握し、耳で音を聞き取るという形で五官の機能が働いているが、こうした感官機能の作用が通常とは異なる人が稀にいるそうだ。共感覚というらしい。スクリャービンや、あるいはランボーなどもそうだったという説もある。「俺は母音の色を発明した。──Aは黒、Eは白、Iは赤、Oは青、Uは緑」(小林秀雄訳『地獄の季節』岩波文庫、1970年、30ページ)。

 コーカサス→プロメテウス→火、と言えば、カスピ海は石油の宝庫。湖畔で石油が燃え上がる光景はゾロアスター教徒にとって重要な意味を持った。イスラム化する以前、アゼルバイジャンのあたりにはゾロアスター教が広まっていたし、遠方からもわざわざ見にやって来る信徒もいたという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月25日 - 2009年1月31日 | トップページ | 2009年2月15日 - 2009年2月21日 »