« 2009年1月18日 - 2009年1月24日 | トップページ | 2009年2月8日 - 2009年2月14日 »

2009年1月25日 - 2009年1月31日

2009年1月31日 (土)

井筒俊彦『ロシア的人間』

井筒俊彦『ロシア的人間』(中公文庫、1989年)

 戦後間もなく、井筒俊彦が大学でロシア文学を講じた草案がこの『ロシア的人間』のもとになっている。後年の井筒が思索をめぐらした東洋思想や言語哲学の論著は、テーマそのものがはらむ了解困難な性格のゆえに非常に晦渋な印象を持たれやすい。しかし、本書はそうしたしかめっつらしい相貌とは打って変わって、これがあの井筒か、と驚くほどに情熱的に鮮烈な文章が次々と繰り出されてくる。良い意味で若書きだ。同時に、ロシア文学という題材を通して後年の井筒の思索の萌芽も垣間見える。単なるロシア文学史という以前に、井筒の思想を知るとっかかりに格好な入門書とも言えよう。

 たとえば、チュチェフという詩人を取り上げて井筒はこう記す。

…この詩人の眼光は、氷河を溶かす春の太陽のようなものだ。彼が眸を凝らしてじっと眺めていると、今まで硬い美しい結晶面をなしていた実在世界の表面が、みるみるうちに溶け出して、やがて、あちこちにぱっくり口を開けた恐ろしい亀裂から、暗い深淵が露出してくる。絶対に外には見せぬ宇宙の深部の秘密を、禁断を犯してそっと垣間見る、その不気味な一瞬の堪えがたい蟲惑! 恐怖に充ちた暗黒の擾乱の奥底を、身の毛もよだつ思いをもって、詩人は憑かれたように覗き込む。…存在がその窮極の深みにおいて、いかに恐ろしいものであり、また同時にいかに美しいものであるかということをこの詩人は痛切に知っていた。そう言えば、一般に、表層的な美とは全くの成立の次元を異にして、真の深層の美は、ただ美しいだけでなく同時に恐ろしいものであり、光であるとともに闇でもあること、そこにこそ美に纏わる永遠の神秘があるのではないか。…宇宙の深部に隠れひそむ太古の暗黒は自らを意識しないが、それが詩人の意識を借りてほのかに明るみに照らし出されてくる。詩的直観の意識はいわば宇宙そのものの意識だ。言いかえれば、詩人の意識が真に純粋な詩的陶酔に入った時、それは宇宙の根柢が自己自身を意識する場所となるのである。そして詩人の意識が宇宙と間髪を入れずぴたりと一致して一体となるこの瞬間には、人を茫然自失せしめるばかりの、筆舌に尽し難い美の魅惑があるのだ。このような瞬間、詩的意識の照明の中に朦朧と浮び上ってくる宇宙的カオスの恐ろしくも美しい姿を、チュチェフは、人っ子一人いない深夜、月光を浴びてきらめきつつ身をうねらす大海の波に象徴している(179~180ページ)。

 あるいは、自然性と意識性との相克をトルストイに見出したり、自然性を喪失して他者とのまっさらな共感が閉ざされた近代人の宿命的苦悩をドストエフスキーから読み取ったり。無条件に“あるがまま”という法悦を意識的にギリギリまで追求する、この本来的に矛盾した探求を無謀なまでにやり抜こうとした井筒の思索に戦慄した経験のある人ならば、彼がロシア文学の魅力を語りつつも、その語られたものはもっと次元の違うところにあるという限りない深淵に気付くはずだ。

 井筒俊彦といっても、一般読書人の間ではイスラム思想の専門家という程度にしか認識されていないようだ。最近、井筒のイスラム理解には井筒自身の過剰な読み込みがあるという指摘がされているらしいが、それはこの『ロシア的人間』にもあてはまる。これを裏返すと、井筒自身の存在論的探求が、ある場面ではロシア文学史という形をとり、ある場面ではギリシア神秘思想という形をとり、またある場面ではイスラム思想という形をとったというに過ぎない。

 彼は後年、東洋思想(ただし、彼の関心には古代ギリシア思想やロシア文学が入ってくるから、近代西欧以外のすべてと言う方が適切かもしれない)における思惟構造の共時的把握という課題に挑み、その序論として中国仏教の『大乗起信論』をテクストに『意識の形而上学』(中公文庫、2001年)を書き上げたところで亡くなった。もしこれが続行されていれば、井筒自身の思想を、あらゆる文明の思想枠組を借りて語ろうという、とてつもないスケールの試みだったと言える。かのジャック・デリダが井筒をマイスターと呼んで教えを請うていたのは知る人ぞ知る話。『ギルガメシュ叙事詩』を訳した矢島文夫氏は、原典を入手できず困惑していたある日、たまたま井筒の書斎を訪ね、無造作に積み上げられた書物の中に『ギルガメシュ叙事詩』を見つけ、事情を話して借り受けたそうだ。井筒の知的探求は、どこの思想、というレベルではなく、時空間を超えて思想一般に広く目が及んでいた。

 私は哲学の専門的訓練を受けたことはないが、戦後日本の哲学者でこの人は本当にすごいと驚嘆した人が二人だけいる。一人は、率直な感受性という点で大森荘蔵。もう一人が、知的スケールの壮大さという点で井筒俊彦。私の敬愛する故池田晶子女史もこの二人に私的に師事していたはずだ。

 今月、ロシア政治がらみの本を何冊か読みながら(→こちらを参照のこと)、思想史的に歯ごたえのあるものを何か読みたいと思って、本棚からこの『ロシア的人間』を引っ張り出してきたという次第。皇帝=神=ロシアという感覚、“真理”のためならば善悪の彼岸に立って流血も正当化する感覚、受難への黙従、こういったロシア文学から読み取られたポイントが、ジャーナリストたちの指摘する現代ロシア政治の問題点と一つ一つ符合してくるのが興味深い。あるいは、旧ソ連の膨張主義も、共産主義インターナショナル云々というのではなく、井筒の言うようにロシアの民族的メシアニズムという観点から捉える方が私などには説得的に思えてくる。もちろん、本書に解説を寄せている袴田茂樹氏が指摘するように、ロシア文学に登場する人物群像はあくまでも知識人の構築物であって、現実の市井の人々を写し取っているわけではない。しかし、もっとメタな精神史的スケールとして井筒の議論に私は魅力を感じてしまう。

 井筒と対談した司馬遼太郎がこんなことを記していた。ちょうどリクルート事件で世間が騒然としていた時期。ああいう事件を通しても日本の思想というのが見えてくる、という趣旨のことを井筒は語ったらしい。

 思想史というのは、表層的なレベルにとどまっている限りただの観念遊戯に終わってしまう。しかし、ひとたび思想史の核心に迫ることができれば、同じ物事を見ていても、その見え方がおそらく違ってくるのだろう。世界史レベルで思索を続けていた井筒からすればリクルート事件なんてほんの些末事に過ぎなかったろうが、彼の目には政治的事象もどんなふうに映っていたのか、興味が引かれる。

 それにしても、こんな素敵な本が版元品切れ中というのは実にもったいない…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

今日マチ子『センネン画報』

今日マチ子『センネン画報』(太田出版、2008年)

 これ、なんか良いね。さり気ない日常光景を切り取った、1ページ完結の連作マンガ。一つ一つの小話めいたものはどうでもいいんだけど、十代の青春時代の感傷を思い起こさせるような淡い青の色づかいが無性に目にしみてくる。こちらのブログからセレクトされて一冊にまとめられている。

 しかし、今日マチ子ってペンネームは何でしょう? 黒澤明の「羅生門」を思い浮かべて、このマンガとイメージが全然違う…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

最近のロシア、チェチェン問題がらみの本

 今月に入って読んだロシアがらみの本。2006年に暗殺されたアンナ・ポリトコフスカヤ(鍛原多惠子訳)『ロシアン・ダイアリー 暗殺された女性記者の取材手帳』(NHK出版、2007年)、同(三浦みどり訳)『チェチェン やめられない戦争』(NHK出版、2004年)はこちらで触れた。

 やはり同年に暗殺された元FSB将校アレクサンドル・リトヴィネンコについては、歴史学者ユーリー・フェリシチンスキーとの共著『ロシア 闇の戦争──プーチンと秘密警察の恐るべきテロ工作を暴く』(光文社、2007年)、彼の妻マリーナ・リトヴィネンコと亡命学者アレックス・ゴールドファーブとの共著『リトビネンコ暗殺』(早川書房、2007年)の2冊。国民のプーチン政権に対する求心力を高めることを目的としてチェチェン戦争は仕掛けられ、その正当化のためモスクワ劇場占拠事件やベスランの小学校占拠事件は秘密警察によって仕組まれていたとポリトコフスカヤもリトヴィネンコも主張していた。ロンドンに亡命したリトヴィネンコが、やはり亡命中のチェチェン人指導者ザカーエフと親交を深め、チェチェンの人々への贖罪の気持ちのあまり晩年にはイスラムに改宗していたというのが興味深い。そのことで葬儀の際、遺族ともめたらしいが。

 ポリトコフスカヤの著作にはプーチン批判の口調に若干ヒステリックな感じがあるし、リトヴィネンコ関連書では自画自賛的なところも否めない。ジャーナリストのスティーヴ・レヴィン(中井川玲子・櫻井英里子・三宅敦子訳)『ザ・プーチン 戦慄の闇──スパイと暗殺に導かれる新生ロシアの迷宮』(阪急コミュニケーションズ、2009年)はもう少し第三者的な立場から、この二人も含めて暗殺の横行するロシアの政治体制の問題点をレポートする。

 中村逸郎『ロシアはどこに行くのか──タンデム型デモクラシーの限界』(講談社現代新書、2008年)は、警察の腐敗、選挙の買収など横行しつつもロシア国民が諦めきって政権に黙従している日常光景の描写が目を引く。タンデムとは二頭立て馬車。リベラル派という印象から欧米に割合と受けの良いメドヴェージェフ大統領を看板にして、実権を握るプーチン首相。しかし、レヴィン書・中村書とも、将来的にこの二人の間に権力闘争が生じる可能性を排除しない。メドヴェージェフなんて若僧はただの操り人形に過ぎないじゃないかと言われるが、プーチンだってエリツィンによって引き立てられた時点では似たような立場だった、と。たとえ二人に信頼関係があったとしても、プーチンに連なるシロビキとメドヴェージェフ周辺の人脈とでは明らかに温度差があるという。

 チェチェン問題がらみでは、チェチェン人自身による手記として、ミラーナ・テルローヴァ(橘明美訳)『廃墟の上でダンス──チェチェンの戦火を生き抜いた少女』(ポプラ社、2008年)、ハッサン・バイエフ(天野隆司訳)『誓い──チェチェンの戦火を生きたひとりの医師の物語』(アスペクト、2004年)の2冊についてこちらで触れた。チェチェン問題の背景を知るには、林克明・大富亮『チェチェンで何が起こっているのか』(高文研、2004年)、植田樹『チェチェン大戦争の真実 イスラムのターバンと剣』(日新報道、2004年)、横村出『チェチェンの呪縛 紛争の淵源を読み解く』(岩波書店、2005年)がある。常岡浩介『ロシア 語られない戦争──チェチェンゲリラ従軍記』(アスキー新書、2008年)はチェチェン人たちと信頼関係を築き、彼らへの敬意を惜しまない一方で、FSBの息のかかった者も紛れ込んでいる様子が実体験を以てリアルに描かれているのが目を引く。著者はリトヴィネンコとも親交があり、彼へのインタビューが巻末資料として掲載されている。チェチェン問題についてはロシアの秘密警察が仕組んだ戦争という点でポリトコフスカヤ、リトヴィネンコとも命を懸けて取り組んでいた。

 チェチェン情勢関連のメモを整理しておこうと思っていたが、時間がないので、以上、文献紹介まで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月26日 (月)

ニコ・ピロスマニのこと

 NHK教育テレビ「新・日曜美術館」でピロスマニの特集。彼のことは、昨年の夏、渋谷の文化村で開催された「青春のロシア・アヴァンギャルド」展で初めて知った(→こちらを参照のこと)。シャガールやらカンディンスキーやらマレーヴィチやらとシュールな絵が並ぶ中、ピロスマニの絵の素朴さは全く異世界に足を踏み入れたかのように際立ち、その印象が本当に強烈だった。

 ニコ・ピロスマニ(Niko Pirosmani、もしくは、ピロスマナシヴィリPirosmanashvili、1862~1918年)。グルジアのカへティという地方の農村に生まれたが、幼い頃に両親をなくし、首都ティフリス(現トビリシ)の親戚の家に引き取られた。印刷工や鉄道員をしたり知人と商売をしたりと職を転々とした挙句、絵筆を手に居酒屋の看板絵を描きながら放浪生活を送るようになる。報酬は、酒とパンと一夜の宿。金が入れば絵具を買った。ペテルブルクから来た若手芸術家たちによって見出されて一躍注目を浴びたが、彼の絵の素朴さは画壇から「画法が稚拙だ」と酷評された。放浪生活のまま1918年、狭い階段下の一室で独り死んでいる姿が見つかる。

 黒や暗色系を背景にしたイコンを思わせる人物像を見ていると、何となく敬虔な雰囲気も漂っていてジョルジュ・ルオーを思い浮かべたけど、コーカサスの森を背景に人々や動物を描いたものを見ると、色合いの暗いアンリ・ルソーって感じもする。ピロスマニを知らない人に向けてイメージとして伝えようとするとそんなところか。鹿や熊など動物の絵も多くて、つぶらな瞳がかわいらしい。何よりも、背景に使われている深い青の色合いが私の眼に焼きついている。

 最近、私はアレクサンドル・チェレプニンという音楽家に興味があって、彼は革命前後の時期、ティフリスの音楽院長として赴任してきた父親と一緒にグルジアへ来ており、ピロスマニの絵を同時代で見ている。彼はピロスマニの素朴さに目を引かれつつも困惑しており、結局、「未熟な学生の素朴さだ」と記していた(Ludmila Korabelnikova, tr. by Anna Winestein, Alexander Tchrepnin: The Saga of a Russian Emigré Composer, Indiana University Press, 2008, pp.29-30)。これが当時の知識人の一般的な見解だったのだろう。稚拙、と言えばそうなのかもしれない。画法のスタンダードに則っていないという意味で。しかし、彼の絵を見て、私も含め何かホッとするものを感じて、理屈以前に強い愛着を覚えるのはどうしたことなのか。

 加藤登紀子に「百万本のバラ」という曲があるらしいが(世代的に知りませんでした)、この曲のモデルはピロスマニだという。マルガリータというフランス人女優に恋をして、彼女の宿泊先の周りを全財産はたいてバラの花で埋め尽くしたそうな。世間知らずなバカと言えばバカです。だけど、こういうひたむきな純粋さ、それを、人から何と言われようとも絵を描き続け、貧窮の放浪生活の中で死んでいく姿と重ね合わせたとき、私には何ともうまい言葉が出てこない。技術がどうとかいうレベル以前に、この人はこうあらざるを得なかった、その純粋さが絵を通して訴えかけてくるものに胸が打たれるとしか言いようがない。ペテルブルクから来た前衛芸術家たちも、既成の妙なしがらみを一切取り払って純粋なものを求めようという情熱があったはずで、その点で彼らもピロスマニの素朴さに自分たちにはないものを見出して驚愕したのだと思う。

 「青春のロシア・アヴァンギャルド」展を観てピロスマニという人物に興味がかきたてられ、彼のことを知りたくてただちに画集(文遊社、2008年)を買った。だけど、この本、絵の配列がおざなりな感じだし(例えば、「兄と妹」という複数の絵にはストーリー的なつながりがありそうなのに、配置はバラバラ)、誤植もあったし、やはりピロスマニに関心を持った知人は印刷の色があまりよくないと言っていたし…。少々不満はあるけれど、彼の絵を一冊でまとめて鑑賞できるので大目に見ましょう。先日、グルジアのテンギズ・アブラゼ監督「懺悔」を観に行ったら(→こちらを参照のこと)、上映館の岩波ホールでもこの画集が販売されていた。映画の内容とは直接には関係ないのだが、グルジアといえばピロスマニと相場が決まっているようだ。

 ピロスマニの生涯を描いた評伝があれば是非読みたいと思っているのだが、どうやらないみたい。「新・日曜美術館」でも、たいていはゲストとして専門家が一人は招かれるものだが、今回は日本在住のグルジア人女性と彼に関心をもった絵本画家さんだけだった。せめて英語ならと思ってamazonで検索したのだが、見当たらず。ロシア語ならあるんだろうけど、読めません…。

 ゲオルギー・シェンゲラーヤ監督「ピロスマニ」(1969年、日本では1978年に岩波ホールで上映)が彼の生涯を描き出しており、コーカサスのどこか寒々としつつも美しい野山を背景に、彼の絵を模したシーンがあちこちに散りばめられているのが目を引く。

 最近、色々な関心が不思議な交錯をしている。台湾出身の江文也という音楽家に興味を持って、江を見出したチェレプニンについて調べ始めて、そのチェレプニンは青春期にグルジアで音楽的感受性を養っていた。それから、アレクサンドル・ソクーロフ監督「チェチェンへ アレクサンドラの旅」という映画を観て、チェチェン問題を知ってそうでよく知らないことに気付いて、それでコーカサスの歴史を調べ始めた。そして、これもたまたまだけど、グルジア出身の作曲家ギヤ・カンチェリの曲をここのところ聴き込んでいる。そして、ピロスマニ。

 宴会風景の絵を観ていたら、何だかグルジア・ワインが呑みたくなってきた。グルジアに行ってみたいものだが、ここのところ政情不安が続いているからどうなんだろう?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

佐藤優がサンプロに出てたな

 今朝、佐藤優が「サンデープロジェクト」に出てたな。テレビ初出演との触れ込み。以前、何度か彼の講演会を聴きに行ったことがあって、そのたびに「書籍の文化は大切だと思うので書店での講演はボランティアでやるが、テレビには出たくない」という趣旨のことを話していたけど、田原総一郎との共著が出たばかりだから、そのプロモーションということで断れなかったんだろうな。

 佐藤優『国家の罠』(新潮社、2005年)を読んだときの驚きは以前こちらに書いたことがある。ただし、最近のものはちょっと食傷気味で読んでない。彼の国際情勢分析や国家論に興味ないわけじゃない。ただ、私の佐藤優の読み方は他の人とはちょっと違って、ある種の不条理にぶつかったときの態度の取り方として毅然としたものが『国家の罠』によく表われているところに興味を持った。彼の思想的バックボーンにはキリスト教がある。彼がむかし訳していたフロマートカ『なぜ私は生きているか』(新教出版社、1997年)をすぐ探し出して読んだ(こちらを参照のこと)。巻末に付された彼の解説論文がなかなか良かった。佐藤自身の考えるキリスト教神学論をまとめてくれたら是非読んでみたいと私は切望しているのだが、まあ売れないだろうからなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月18日 - 2009年1月24日 | トップページ | 2009年2月8日 - 2009年2月14日 »