« 黄栄燦という人 | トップページ | 金関丈夫『龍山寺の曹老人』 »

2009年9月26日 (土)

入田春彦という人

 楊逵(1905~85年)「新聞配達夫」(『日本統治期台湾文学台湾人作家作品集第一巻』[緑蔭書房、1999年]所収)という小説に目を通したことがある。向学心はあるが貧しい台湾人少年、右も左も分からぬ東京で学資を稼ぐために新聞配達店に飛び込んだが、店主の狡猾なやり口で身ぐるみはがされてしまう、という話。1934年に『文芸評論』賞を受賞、日本の文壇で認められたほか、中国語にも翻訳され、台湾人によるプロレタリア文学の代表作とされる。楊逵自身、東京で苦学し、職を転々としたことがあるので、そうした中で味わった体験がこの小説に織り込まれているのだろう。

 なお、当時、台湾人で上級学校へ進学・留学するのは富裕層にほぼ限られていて、楊逵のように苦学した人は珍しいと言われる。邱永漢「濁水渓」にも、東京で女の子から“台湾のプリンス”という眼差しを受けるシーンがあった。楊逵は東京で労働運動に身を投じたが、朝鮮人はそれなりに多数いても、台湾人はほとんどいなかったという(楊逵・戴國煇・若林正丈「台湾老社会運動家の思い出と展望」『台湾近現代史研究』第5号、1984年12月)。このインタビューで戴國煇が、当時の台湾人には日本人の尻馬に乗って朝鮮人を馬鹿にする風潮がありましたね、と水を向けると、楊逵は労働運動の内部ではそういう差別をするような雰囲気はなかったと回想している。「新聞配達夫」にも、同じく虐げられている者同士として日本人労働者とも連帯する気分が記されている。

 「新聞配達夫」を読み、是非作者と会って話をしたいとやって来たのが入田春彦(にゅうた・はるひこ、1909~38年)である。借金に首の回らない楊逵の苦境を知って百円を用立ててくれた。以降、家族ぐるみの付き合いが続く。以下の記述は張季琳「楊逵の魯迅受容──台湾人プロレタリア作家と総督府日本人警察官の交友」(『アジア遊学』第25号、2001年3月)を参照した。

 入田は台中勤務の警察官であったが、たいした給料でもなく、百円を出すというのはよほどの気持ちによるのだろう。もともとセンシティヴな文学気質の人で、文芸誌や新聞の文芸欄によく投稿していた。彼が「新聞配達夫」のどこに感動したのかはよく分からない。根がヒューマニストであるから、植民地の警察という抑圧機構の歯車となり、その中で翻弄されている不本意な憂鬱を重ね合わせたのだろうか。

 1938年、入田は警察を辞めさせられて三ヵ月後、アパートの自室で自殺した。左翼運動との関わりが失職の理由だったらしい。台中警察の問題について内部告発を準備していたのだという推測もある。遺書や日記には芥川的なメランコリーが記されていた。

 台湾に身寄りのない入田の遺骨は楊逵が引き取り、蔵書も引き継いだ。多くの文学書の中に改造社版『大魯迅全集』全七巻もあった。当時、台湾で魯迅は禁書扱いで、それを持ち込めたのは日本人警察官としての特権だったとも言える。楊逵は入田の蔵書を通して魯迅作品を本格的に読み込むことができた。なお、戦後の国民党政権下、楊逵は逮捕されて緑島監獄に送られているが、特務警察の追及が厳しくなったときに入田の蔵書は手放さざるを得なかったという。

|

« 黄栄燦という人 | トップページ | 金関丈夫『龍山寺の曹老人』 »

人物」カテゴリの記事

台湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/46321278

この記事へのトラックバック一覧です: 入田春彦という人:

« 黄栄燦という人 | トップページ | 金関丈夫『龍山寺の曹老人』 »