« 広田照幸『日本人のしつけは衰退したか──教育する家族のゆくえ』 | トップページ | 岩田正美『社会的排除──参加の欠如・不確かな帰属』 »

2009年7月 8日 (水)

ピエール・ブルデュー『市場独裁主義批判』

ピエール・ブルデュー(加藤晴久訳)『市場独裁主義批判』(藤原書店、2000年)

 ブルデューのネオ・リベラリズム批判の発言を集めた本。何だかアジテーション・ビラみたいな語り口にちょっと違和感もあったが、関心を持ったポイントを箇条書きすると、
・“能力”を中核とした社会システムの正当化→“能力”形成には教育問題等様々な事情が関わってくるわけだが、そうした個別の事情は一切オミットされて、倫理的基準に置き換えられてしまう。
・グローバル化による不安定な就労状況そのものを企業は戦略的に活用→国内労働者は地球の裏側の外国人労働者と競争→人件費抑制等の名目で“弾力化”→新しいタイプの支配様式。

|

« 広田照幸『日本人のしつけは衰退したか──教育する家族のゆくえ』 | トップページ | 岩田正美『社会的排除──参加の欠如・不確かな帰属』 »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/45562983

この記事へのトラックバック一覧です: ピエール・ブルデュー『市場独裁主義批判』:

« 広田照幸『日本人のしつけは衰退したか──教育する家族のゆくえ』 | トップページ | 岩田正美『社会的排除──参加の欠如・不確かな帰属』 »