« 教育社会学絡みの本でメモ | トップページ | 広田照幸『日本人のしつけは衰退したか──教育する家族のゆくえ』 »

2009年7月 6日 (月)

ウイグル問題のこと

 昨日、新疆ウイグル自治区・ウルムチの大規模暴動で140人以上の死者が出ているとの報道がありました。最新情報・背景解説とも「真silkroad?」さんが詳しいので参照のこと。なお、私のブログではウイグル問題関連で以下の書き込みをしたことがあります。

水谷尚子『中国を追われたウイグル人──亡命者が語る政治弾圧』
Blaine Kaltman, Under the Heel of the Dragon: Islam, Racism, Crime, and the Uighur in China  (中国語が標準語とされる中、ウイグル人の言語的不利がある一方で同化圧力が強まり、また漢人からの人種的偏見→ウイグル人が社会的底辺に追いやられている問題を本書は指摘)
ウイグル問題についてメモ①
ウイグル問題についてメモ②
原爆をめぐって
ウイグル問題についてメモ③
ウイグル問題についてメモ④
ウイグル問題についてメモ(5)

|

« 教育社会学絡みの本でメモ | トップページ | 広田照幸『日本人のしつけは衰退したか──教育する家族のゆくえ』 »

国際関係論・海外事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/45559370

この記事へのトラックバック一覧です: ウイグル問題のこと:

» 中国社会主義と民族自決権 [アフガン・イラク・北朝鮮と日本]
中国の民族問題―危機の本質 (岩波現代文庫)加々美 光行岩波書店このアイテムの詳細を見る  現在、中国の新疆ウイグル自治区(東トルキスタン)全域で、中国支配に対するウイグル人の抗議行動が広がっています。それに伴い、自治区首都のウルムチでは、ウイグル人と中国人の衝突も起こっています。  日本ウイグル協会などの情報によると、この事件のキッカケは、ウイグルよりずっと南方の広東省韶関市にある玩具工場で、6月26日未明に起こった中国人(漢人)によるウイグル人従業員寮襲撃事件が発端だと言われています。工場を解... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 20時58分

« 教育社会学絡みの本でメモ | トップページ | 広田照幸『日本人のしつけは衰退したか──教育する家族のゆくえ』 »