« レイ・タケイ『隠されたイラン──イスラーム共和国のパラドックスと権力』 | トップページ | チャールズ・テイラー『〈ほんもの〉という倫理──近代とその不安』 »

2009年6月30日 (火)

ちょっと調べものしてたら

 ちょっと調べものしてたら、ロバート・ケーガン(和泉裕子訳)『民主国家vs専制国家 激突の時代が始まる』(徳間書店、2009年)なる本が1月に刊行されてたのを知った。どうやら原著はRobert Kagan, The Return of History and the End of Dreams(Alfred A Knopf, 2008)らしい。去年、原著を読んだときのコメントはこちらに記してある。翻訳はそのうち出るだろうなあと思ってたけど、タイトルも装幀の雰囲気も全く違うんで気付かんかった。こういう見た目に通俗ビジネス書的な感じの本は普段なら手にも取らない。内容はともかく、原著の装幀はシックな落ち着きがあって結構嫌いじゃなかったんだけどな。ケーガンはネオコンの論客として知られてるけど、オバマ政権となった現在、今さらこんなの読んだってあまり意味ないでしょ。

|

« レイ・タケイ『隠されたイラン──イスラーム共和国のパラドックスと権力』 | トップページ | チャールズ・テイラー『〈ほんもの〉という倫理──近代とその不安』 »

国際関係論・海外事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/45489093

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと調べものしてたら:

« レイ・タケイ『隠されたイラン──イスラーム共和国のパラドックスと権力』 | トップページ | チャールズ・テイラー『〈ほんもの〉という倫理──近代とその不安』 »