« 台湾旅行④ 5月某日 宜蘭 | トップページ | 台湾旅行⑥ 5月某日 書店にて »

2009年5月13日 (水)

台湾旅行⑤ 5月某日 花蓮

・12:03分宜蘭発の自強号(タロコ号)→花蓮到着は13:00頃。緑に覆われた山並みと海とに挟まれた路線、車窓に流れる風景を見ていると飽きない。2度ほど大きな河口を渡ったが、峻険な渓谷にすぐつながっているのが見えてなかなか雄大な眺望。この先にタロコ峡谷があるのか。時折、セメント工場が見える。
・花蓮站では外国人観光客が多数降りた。みんなタロコ峡谷へ行くようだ。私は取りあえず帰りの列車の切符を買い、発車時間を確認してから、市内をブラブラ歩き。
・花蓮は旧市街と新市街が離れている。台鉄の花蓮站前は戦後の街並み、繁華街は旧市街。
・地図を見ながら忠烈祠を目指す。忠烈祠はたいてい日本時代の神社をつぶして建てられている(台北も宜蘭もそうだった)。こちらも花蓮神社があったらしいのだが、その痕跡は分らない。小高い丘の上から町を見下ろす位置関係からすると神社があったとしてもおかしくない。Karen1
・ちょっと道に迷ったが、気ままに歩く。いくつか日本式家屋を見かけた。そのたびにデジカメで撮影。台湾の東海岸は漢族系のパーセンテージが低く、その分、原住民系と日本人が多かった。花蓮の場合、市街地の人口のうち半分くらいは日本人だったらしい。田舎町なので開発が遅れていることもあり、歩いていて日本式家屋に出くわす確率が他の町に比べるとかなり高い。以前、「花蓮の夏」という映画(→こちらを参照のこと)を観たことがあるが、主人公の実家が日本式家屋だったのを覚えている。
・忠烈祠に行く途中、大きな川岸を歩いたのだが、近くの高校生が清掃作業に駆り出されて行列を連ねているのとすれ違った。ジャージ姿の高校生の多くは漢族系だが、時折、原住民系だろうか、眼のパッチリした南方系の顔立ちも見かけた。
・旧市街の中心地に向けて歩く。鉄道公園の前に出た。日本統治時代に作られた鉄道の駅はもともとこちらにあって、繁華街は今でもこちらの方になっている。
・海岸に出る。何やら工事中でわさわさと慌しい。道路も殺風景。砂浜のあるところまではちょっと遠そう。海を実感できるところまで移動したかったが、時計と相談して断念。
・東海岸にはセメント工場や大理石の切り出し場があるせいか、トラックやミキサー車が埃を巻き上げながら走っている。市街地の海に近い方には空地が目立つ。おそらく、日本式家屋が補修不可能なほど古びてきたので更地にして、再開発を予定しているのだろう。
・旧市街バスターミナルの前、旧駅跡の鉄道公園に入る。戦前の建物や機関車が保存もしくは復元されている。防空壕もあった。戦前の古い日本式駅舎は崩れかかりつつも、その上に大きな屋根を設けて保存の努力がされていた。
・展示資料室に入ると、監視員だろうか、60歳前後のおじさんが話しかけてきた。私は中国語が苦手なので何と返事すればよいものやら迷って口をモゴモゴさせていたら、「ひょっとして、日本人ですか?」「はい、そうです。」「やあ、日本の方が前に来たのは一週間前だったかな。どちらから来たのですか?」という具合に日本語で雑談。日本語世代に比べると明らかに若い。自分で日本語を勉強しているらしく、机の上には日本語のテキストがちょうど開かれていた。親切に、鉄道に詳しい別の解説ボランティアを呼んでくれたのだが、この人は日本語が分らない、私は中国語が分らない、お互いにちょっと様子がおかしいなという感じになって、「中国語は分るのか?」という趣旨のことを聞かれ、私は「対不起、不会…」、気まずい空気が流れてしまった。それでも一通り見せてもらったのはありがたい。Karen2
・旧市街、旧駅と海辺に近いあたり、密集した日本式家屋の屋根が見えたので、そちらの路地に入り込む。日本式家屋がまとまって残っている一画だった。いずれも大きいおうちだが、人が住んでいる気配はない。とりわけ大きな邸宅の横の空地に築山があって、そこに登って覗き込んだ。庭には池と石橋なんかも配置されている。テラスがあるのはコロニアル風。総督府の高級職員官舎か、それとも貿易関係者の家か。空地が目立つのは、老朽化して取り壊された跡なのだろう。近い将来、大規模に再開発されるのかもしれない。
・この一画の空地にも防空壕が残っていた。宜蘭で見かけたのと同じタイプ。覗き込んでみると、中にはゴミが棄てられて酸っぱい腐臭が漂っている。Karen3
・花蓮旧市街の繁華街を歩く。日本式家屋を改造したカフェをいくつか見かけた(下の写真)。むかし線路が引かれていた跡が遊歩道になり、屋台風の店もあって、地元の若者が行きかっている。Karen4
・時間の按配が分らなかったので、歩いて早めに台鉄の花蓮站まで戻った。30分ほど時間があったので、駅近くの大衆食堂にもぐりこみ牛肉麺をかきこんで空腹を満たす。花蓮市立図書館もちょっとのぞく。
・花蓮17:40発の自強号(タロコ号)に乗車→台北到着は20:00頃。

|

« 台湾旅行④ 5月某日 宜蘭 | トップページ | 台湾旅行⑥ 5月某日 書店にて »

台湾」カテゴリの記事

旅行・町歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/44998329

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾旅行⑤ 5月某日 花蓮:

« 台湾旅行④ 5月某日 宜蘭 | トップページ | 台湾旅行⑥ 5月某日 書店にて »