« ポール・ルセサバギナ『ホテル・ルワンダの男』 | トップページ | 蛇蔵&海野凪子『日本人の知らない日本語』 »

2009年2月28日 (土)

今月読んだ小説

覚えている分だけ適当に。
・倉橋由美子『聖少女』(新潮文庫、1981年)
・倉橋由美子『大人のための残酷童話』(新潮文庫、1998年)
・レナーテ・ドレスタイン(長山さき訳)『石のハート』(新潮社、2002年)
・桜庭一樹『少女には向かない職業』(創元推理文庫、2007年)
・ナンシー・ヒューストン(横川晶子訳)『時のかさなり』(新潮社、2008年)
・ソーニャ・ハートネット(金原瑞人・田中亜希子訳)『サレンダー』(河出書房新社、2008年)
・カズオ・イシグロ(土屋政雄訳)『わたしを離さないで』(ハヤカワ文庫、2008年)

|

« ポール・ルセサバギナ『ホテル・ルワンダの男』 | トップページ | 蛇蔵&海野凪子『日本人の知らない日本語』 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/44204413

この記事へのトラックバック一覧です: 今月読んだ小説:

« ポール・ルセサバギナ『ホテル・ルワンダの男』 | トップページ | 蛇蔵&海野凪子『日本人の知らない日本語』 »