« 今月読んだ小説 | トップページ | モンテ・メルコニアン──ある“アルメニア系アメリカ人”の軌跡 »

2009年2月28日 (土)

蛇蔵&海野凪子『日本人の知らない日本語』

蛇蔵&海野凪子『日本人の知らない日本語』(メディアファクトリー、2009年)

 日本語学校教師の披露するエピソードをもとにしたエッセー風マンガ。言語や文化のギャップというのは、ともすれば紛争のタネにもなりかねないが、ギャグのネタにしてしまえば無性に笑える。生徒たちは真面目に搦め手から質問攻めにしてくるから先生というのも大変だ。貸してくれた知人もツボにはまっていたが、中国人留学生が志望する大学院の担当教官にお手紙を書きなさいと言われ、持ってきたのが堂々たる美文調の詩賦…なんて簡単にまとめてしまってもこのおかしみは伝わらないだろうが。そうか、科挙で四六駢儷体で答案を書いた伝統が感覚として残っているんだ、と妙に納得。クスクス笑いの中でもなかなか勘所をついていて面白かった。

|

« 今月読んだ小説 | トップページ | モンテ・メルコニアン──ある“アルメニア系アメリカ人”の軌跡 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/44204425

この記事へのトラックバック一覧です: 蛇蔵&海野凪子『日本人の知らない日本語』:

« 今月読んだ小説 | トップページ | モンテ・メルコニアン──ある“アルメニア系アメリカ人”の軌跡 »