« 2008年11月16日 - 2008年11月22日 | トップページ | 2008年11月30日 - 2008年12月6日 »

2008年11月23日 - 2008年11月29日

2008年11月29日 (土)

藍博洲『幌馬車の歌』

藍博洲(間ふさ子・塩森由岐子・妹尾加代訳)『幌馬車の歌』(草風館、2005年)

 映画「悲情城市」(→参照)は二・二八事件を取り上げたことで台湾映画史上、一つの画期点をなしている。政治犯として捕らえられていた人物が処刑場へと引き立てられていくシーンで、同房の人々から哀愁のこもった歌声が沸き起こる。「幌馬車の歌」──侯孝賢は、本書の著者が雑誌に発表した文章を読んでこのシーンの着想を得たそうだ。

 鍾浩東は1915年、台湾南部・屏東の生まれ。大規模な抗日武装蜂起としては最後となる西来庵事件のあった年である。皇民化運動が進められる中、家庭的に中国民族意識が強く反抗精神も旺盛であった彼は、孫文の『三民主義』や五四運動期の文学作品を読んで日本による同化教育に反発していた。しかし、中国人としての民族意識に基づき台湾の解放を目指しながらも他ならぬ“祖国”に裏切られてしまう。親族や友人など身近に接した人々からの聞き書き、公文書等の史料、時には拷問者の証言の引用までも織り交ぜ、様々な声のポリフォニックな響き渡りを通して彼のたどった悲劇を浮き上がらせていくノンフィクションである。

 鍾浩東は日本の明治大学に留学したが、日中戦争が始まり、抗日運動に身を投ずるべく仲間と共に大陸へ渡る。この時点からすでに不吉な予兆があった。身分証明書がないため台湾出身=日本のスパイという容疑をかけられて尋問を受け、銃殺刑の間際までいったが、たまたま来合わせた台湾出身の国民党幹部・丘念台のとりなしで何とか助かる。この時、やはり抗日運動に馳せ参ずべく南洋、シンガポール、マレーシアなどから来た若者たちも共産党員の疑いをかけられて拘留されているのを見かけという。

 日本の敗戦後、鍾浩東は台湾に戻り、基隆の中学校長となる。高度な教育環境を整えようという熱意と清貧な生活態度は広く尊敬された。植民地時代の日本人教師には横暴で差別的な人も多かったが少なくとも金銭面での不祥事はあまりなかったのに対して、新たに大陸から来た教員たちは平気で袖の下を要求したため台湾の人々はそのギャップに愕然としたという趣旨のことを別の本で読んだことがあるが、鍾浩東の誠実な姿勢はそれだけ目立ち、慕われたのだろう。このような国民党政権の腐敗体質は台湾の人々の強い反感を買っており、1947年、二・二八事件がおこる。国民党軍による虐殺を目の当たりにして、自分たちは一体何人なのか分からなくなったという知識青年の戸惑いが本書の証言の中にあった。事件後も白色テロという形で特務による政治犯の拉致・失踪が日常化し、共産党系の細胞に加入していた鍾浩東も連行された。1950年、彼の一番好きだった「幌馬車の歌」を歌いながら処刑場へと向かう姿を同房の人々は見送ることになる。

 この「幌馬車の歌」は、実は日本語の歌であった(田村志津枝『悲情城市の人びと』晶文社、1992年)。鍾浩東の妻・蒋蘊瑜(蒋渭水の養女)は、知り合ったばかりの頃に夫から教えてもらったという。この歌を歌うたびに故郷の田園風景を思い浮かべると彼は語っていたそうだ。抗日民族主義者であった彼が死に際して日本の歌を歌ったというのも不思議なアイロニーを感ずるが、彼は西洋の歌とばかり思っていたらしい。本書の著者も付論でこの歌は決して軍国主義の歌ではないと強調しているように、どの民族、どの言語というレベルのことではなく、彼のたどらざるを得なかった悲劇と、この望郷の想いを歌い上げた詩情とを重ね合わせたとき、何とも言いがたい哀しさに身がつまされる思いがする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

エドマンド・バーク『フランス革命についての省察』

エドマンド・バーク(中野好之訳)『フランス革命についての省察』(上下、岩波文庫、2000年)

 他に、半澤孝麿訳(みすず書房、1997年)も私の手もとにあるし、中公クラシックスで水田洋訳が出ているのも知っているが、なぜ敢えて中野訳の岩波文庫かというと、電車の中で読むのに簡便というだけの理由。水田訳は見てないけど、避ける方がいいでしょう。水田訳(岩波文庫)のホッブズ『リヴァイアサン』なんて直訳調があまりにひどくて読むのに苦労した覚えがある。

 エドマンド・バークの保守主義思想で肝心な点は、第一に、人間の本性も、その人間の織り成す社会も複雑極まりない。従って、単純な一般論で社会構想をでっち上げても必ず無理が生じてしまうということ。第二に、国家社会という場において、一人の人間は孤立して存在するのではなく、祖先から子孫へと受け渡される連鎖の中にある。「あらゆる学問、あらゆる芸術の共同事業、すべての完徳における共同事業である。この種の共同事業の目的は、数多の世代を経ても達成されないから、それは単に生きている人々の間のみならず、現に生きている者とすでに死去した者や今後生まれる者との間の共同事業となる」(上、177~178ページ)。一人の人間の限られた脳髄で考えられることなど高が知れている。ある一時代における思いつきですべてをひっくり返してしまうと、先人の試行錯誤の繰り返しの中で積み上げられてきた叡智=伝統が失われてしまう。“進歩”の名の下で過去を全否定、先人の残してくれた叡智を破壊してしまい、“理性”という人間の思い上がりででっち上げた代物がかえって抑圧的な体制を生み出しかねない、そうした危険をフランス革命に見出したところにバークの批判がある。「憤怒と狂乱は、慎慮と熟考と先見性が百年かけて築き上げるものを、ものの半時間で引き倒すだろう。古い体制の誤謬と欠陥は、目に映り手で触れられる。それらを指摘するのには、大した能力は要らない。」それに対して、「今まで試みられなかった物事には困難が生起しないし、批評は現実に存在していないものの欠陥の発見にはほとほと困惑する。かくて、性急な熱狂と眉唾ものの希望が想像力のあらゆる領野を支配して、それらは、何の見るべき抵抗も受けずにここで活躍する」(下、64~65ページ)。

 だからと言って、社会的な矛盾を放置していいわけではない。「古い体制の有用な部分が保存され、新しく付加された部分が既存の部分へ適合される時にこそ、強靭な精神力、着実で忍耐強い注意力、比較し結合する多面的な能力、そして便法をも豊かに考え出す知性の秘策が発動さるべきである。それは二つの対抗し合う悪徳の結合した力、つまり一切の改革を拒否する頑迷さと、他方で現存する一切のものへの嫌悪や倦怠を感ずる軽薄さとの、不断の構想に傾注さるべきである」(下、65~66ページ)。伝統墨守でもなければ、軽薄な進歩崇拝でもない。皮膚感覚に馴染んだ常識的なバランス感覚に基づいて改良を進めていくということ。当たり前すぎて結論はつまらないが、この地味さの背景には伝統に基づく叡智への信頼という強靭な骨がある。だから、ぶれない。

 保守主義は自律的に思想として成り立っているわけではない。エドマンド・バークのフランス革命批判が政治思想としての保守主義の出発点と位置付けられていることから分かるように、あくまでも“進歩主義”への反措定として現われた思想的立場である。伝統とは長い時間の蓄積を通して皮膚感覚になじんだもので明瞭に論理化することはできず、言葉として定式化された時点で皮膚感覚から遊離したものになりかねない。だからこそ、「~ではないもの」という反措定としてしか現われざるを得ない。保守主義の本領は懐疑にある。フランス革命にしても、その後の社会主義にしても、“理性”と“進歩”の幻想の下、明晰でスッキリした論理を用いつつ、それが明晰であればあるほど単純化→本来的に語り得ぬものを抑圧→生身の感覚を失ったお題目=イデオロギー→異質なものの排除という暴力、こうした危険への洞察が保守主義思想の持ち味である。

 いわゆるポストモダン思想が、語りつつ、語られざる何ものかへの眼差しを忘れず、固定的な言説によって人間がかえって縛られてしまう逆説を解きほぐそうというところに特徴があるとするなら、その点では意外と保守主義思想と共通する面もあると言える。もちろん、保守主義の言う伝統やらコモンセンスやらが体制化してしまうことをポストモダンは否定し、もっと存在論的なレベルで語られざる深みへと進む点では明らかに違う。ただし、“理性”という大義名分による言説化→反転して人間への抑圧となりかねない危険、ここへの洞察という点ではそれほど距離はない。もう一つ言うと、自称保守が国家やら民族やらという大仰で泥臭い、手垢にまみれた言葉を使って語り、それが大義名分化すること自体にこうした逆説がはらまれている可能性もある。保守主義と一言で言っても、良質なものもあればまがいものもあるので要注意。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

スピヴァク『サバルタンは語ることができるか』

G・C・スピヴァク(上村忠男訳)『サバルタンは語ることができるか』(みすず書房、1998年)

 サバルタン(従属的立場にある人々)は語ることができない。それでは、我々が透明な第三者として、彼らになり代わって語ることができるのか。ここで気をつけねばならないのは、本書は、“弱者”なるものを、声を上げることのできない具体的な社会階層として捉える議論とは異質であること。そうした大文字の“正しい”議論もまた、かえって“弱者”なるものの本質主義的固定化→それ自体が抑圧の機能を果たし得る。

 本書ではインドのサティの風習が取り上げられている。「白人の男性たちは、茶色い女性たちを茶色い男性たちから救い出そうとしているのだと言いながら、そのような言いかたのもとで、実は言説的実践の内部にあって、良き妻であることと夫の火葬用の薪の上で自己を犠牲に供することとを絶対的に同一視することによって、それらの女性たちにいっそう大きなイデオロギー的強制を課す結果となっているのである」(105ページ)。かと言って、名指し→対象把握ができなければ、考えるとっかかりすらつかめない。

 「思考とは…テクストの空白部分である」というデリダの言葉をスピヴァクは引く。透明な第三者という立場(それは必然的に偽りとならざるを得ない)からの言説化そのものが権力的ベクトルを帯びてしまうというもどかしさを抱えながら、語ってはこの言説構造を崩し、という繰り返しの中で、語られざる何かに接近していくしかないのだろう。デリダにしても、本書にしても、表現が回りくどくて読みづらいのは確か。ただし、それは頭の悪い学者の衒学趣味とは全く違う。明確な結論を引き出して分かったつもりになるよりも、こうしたもどかしさそのものを追体験していくところに本書を一読してみる価値がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

日本政治を新書で読む

 飯尾潤『日本の統治構造──官僚内閣制から議院内閣制へ』(中公新書、2007年)は、政党政治家と官僚とが渾然一体となって政策形成を行なってきた戦後日本の政治構造を擬似的・変則的な議院内閣制であったと捉える。いわゆる55年体制において政権交代はなかったが、①省庁別に関係利益団体と接点をもって個別問題ごとに民意集約機能を果たしていた省庁代表制、②大きな政策方針転換については審議会を利用、③自民党内の派閥抗争を通した擬似政権交代で国民のカタルシス解消、④野党との取引により与党外の社会的利益も集約、これらの柱に支えられる形で、自民党一党優位でありながらも首相を空虚な中心に据えた分散的な政治文化において、この変則的な議院内閣制は一定の実績を挙げてきたという。

 経済が右肩上がりであった頃は政策項目を増やしても財源的に支障はなかった。しかし、現在、限られた財源の中では政策課題の実行にあたり、配分関係のトレードオフが必要である。政策決定の強力な権力核が必要であり、それは当然ながら民主政としての正統性を持つものでなければならない。飯尾書は首相権限の強化という点で議院内閣制が本来持っているはずの一元代表制としての性格に着目する。教科書的には司法・立法・行政の三権分立が政治構造のスタンダードと思われているが、議院内閣制は立法と行政とが一体となっているところに特徴がある。ここに権力核の強化と民主政的正統性を両立させるカギがあり、従来型に代わる政治システムの可能性を見出そうとしている。

 野中尚人『自民党政治の終わり』(ちくま新書、2008年)は、こうした戦後政治体制を自民党の組織ネットワークに焦点を合わせて分析している。議員の後援会組織や業界団体を通して草の根レベルまで触手がおろされており、この組織化によって世の中の利害に対応するという形で民意の集約・調整機能を果たしてきたボトムアップ、コンセンサス重視型のシステム=「自民党型の戦後合意」システムと捉える。これは中選挙区制下での自民党議員同士の競争によって活性化されると同時に、野党を取り込むチャネルも持っていた。洗練された政治モデルとは言いがたいが、イデオロギー的に柔軟な政治運営を通して広範な利益集団を包摂できた点で、実は高度な民主性を達成していたと評価される。

 従来、官僚主導という観点から政治批判を行なう議論がよく見られたが、飯尾、野中ともに官僚を戦後政治システム内の柱の一つとして位置づける枠組みを提示している。従来型の論点としては、たとえば辻清明『日本の地方自治』(岩波新書、1976年)は、地方自治体における機関委任事務の多さや旧内務官僚的な牧民思想などを挙げて、官僚主導の中央集権が戦後になっても依然として続いていると問題提起をしていた。対して村松岐夫『日本の行政──活動型官僚制の変貌』(中公新書、1994年)は、省庁間においても、中央‐地方関係においても(機関委任事務という形で地方レベルまで各省庁割拠は根を張っているが)一定の競争関係があって決して一方向的なものではなく、そのバランスとして政策過程を把握できるとする。ただし、この省庁代表制がセクショナリズムとして逆機能を見せていることを指摘、行政改革の必要を論じている。飯尾、野中、村松ともにトップ機能の強化という方向に論点を進めていく。

 強力な権限を持った首相としてはやはり小泉純一郎に注目せざるを得ない。竹中治堅『首相支配──日本政治の変貌』(中公新書、2006年)は、1993年の細川政権成立から2005年の郵政選挙までの政治史的流れを概観・総括した上で、首相権限の強力な新たな政治システム=2001年体制(2001年に小泉内閣が発足)が成立したと主張する。橋本行革による内閣府の権限強化という下準備がすでにあって、小泉はこれを活用し、同時に世論の支持によって与党内でトップダウンの決断ができるという条件を備えることができた。選挙の顔としての人気が権力に直結するようになったと言える。大嶽秀夫『日本型ポピュリズム──政治への期待と幻滅』(中公新書、2003年)はポピュリズム型政治家の一人として小泉を取り上げてはいるが、まだ郵政選挙前の分析なのでピンと来ない。内山融『小泉政権──「パトスの首相」は何を変えたのか』(中公新書、2007年)では、小泉のパトスによる強力な政治的求心力に基づくトップダウン型政策決定は、国内の経済問題については竹中平蔵の采配もあってうまくかみ合っていたが、外交案件については成功しなかったと評価されている。他方、新書ではないが信田智人『官邸外交』(朝日選書、2004年→参照)は田中真紀子がらみのゴタゴタで外務省が機能不全に陥ったという要因も相俟って、外交も首相のトップダウンで進める方式が定着したと指摘している。

 内山書は、小泉のパトスを前面に押し出す政治手法によってこれまで政治に関心のなかった層が掘り起こされたことは評価しつつも、ロゴスが軽視されている点に危うさを見出している。そういえば、郵政選挙の後、いわゆるニート層の中で、小泉の進める新自由主義的な政策は彼らにとってむしろ不利であるはずなのに、「ぶっこわせ!」という感情レベルで反応して自民党への投票行動が見られた、と教育社会学の本田由紀が指摘していたのを思い出した(ただし、本田は“ニート”という表現のむやみな多用を批判している)。なお、小泉ものとしては他に御厨貴『ニヒリズムの宰相小泉純一郎論』(PHP新書、2006年)があるが、私は未読。

 選挙の顔としての人気が首相の条件となりつつある点では、柿﨑明二『「次の首相」はこうして決まる』(講談社現代新書、2008年)が、政治部記者として見たここ最近の永田町の動きをたどりながら、政治家たちが世論調査に左右されている姿を描き出しているのが興味深い。一見、喜劇的ですらあるのだが、民主政の本来を考えるなら相当に深刻な問題だ。

 伊藤惇夫『民主党──野望と野合のメカニズム』(新潮新書、2008年)は、民主党の内部を熟知した立場(著者は元民主党の事務局長)から人脈的・組織的特徴をまとめている。政権交代可能な政治勢力を目指している割には、あまりパッとした印象を受けないのだがなあ…。かつての55年体制における万年野党であった社会党については原彬久『戦後史のなかの日本社会党──その理想主義とは何であったのか』(中公新書、2000年)がある。自民党の系譜については、新書ではないが、冨森叡児『戦後保守党史』(社会思想社・現代教養文庫、1994年/岩波現代文庫、2006年)と北岡伸一『自民党──政権政党の38年』(読売新聞社、1995年/中公文庫、2008年)の2冊が学生の頃に読んで面白かった記憶がある。最近、両方とも復刊されているのでおすすめできる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

何義麟『二・二八事件──「台湾人」形成のエスノポリティクス』

何義麟『二・二八事件──「台湾人」形成のエスノポリティクス』(東京大学出版会、2003年)

 二・二八事件といえば、知っている人なら侯孝賢の映画「悲情城市」を思い浮かべるだろう(→こちらの記事を参照のこと)。本書はもちろんこの国民党政権による武力弾圧事件の経過を史料に基づき詳細にたどっているのだが、問題意識はそこにとどまらない。エスニシティは状況によって可変的なのか、それとも原初的に固定されているのか?という問いを踏まえ、日本統治時代から事件後の国民党独裁体制までを視野に入れながら、上からの強圧的な国民統合の論理と下からの自治要求との衝突から“台湾人”意識が芽生えてきた、その最大のターニングポイントとして二・二八事件を位置づける。

 日本の植民地支配下、台湾の人々は従属的な立場に置かれて政治参加は許されなかった。差別的地位にあるという共通体験から“台湾人”意識が芽生え、台湾文化協会→台湾民衆党による台湾議会設置運動をはじめとした抗日民族運動が展開された。しかし、彼らの政治意識の高さは、日本の敗戦→国民党の台湾回収という大転換の中で幻滅を味わうことになってしまう。

 台湾人側は日本という支配者が去ってようやく高度な自治が実現できると期待していたし、日本統治時代、限定的ではあったが地方自治選挙を多少なりとも経験していた。対して国民党側は、孫文の思想に示された「軍政→訓政→憲政」という三段階モデルにおける訓政=国民党一党独裁を前提としていたばかりか、台湾人は日本による“奴隷化”教育を受けてきたとして祖国=中国への忠誠心に疑いを抱いていた。両者の思惑に相違があった上に、台湾省主席として乗り込んできた陳儀による統治のまずさ(具体的には官吏・軍人の汚職、台湾土着エリートの政治参加を排除、標準中国語の押し付けなど拙速な文化政策、食糧危機、伝染病の流行等々)が重なった。台湾人は祖国復帰への期待が大きかっただけにかえって国民党支配への反感が高まり、言語的な意思疎通の難しさも相俟って、彼ら“外省人”に対して自分たちを“台湾人”と考えるエスニックな自覚が形成された。言い換えると、不平等な権力関係のまま“上からの国民統合”=祖国化(中国化)を進める国民党の存在は台湾人にとってかつての支配者・日本と変わらず、台湾人の「脱植民地化」要求が国民党による「再植民地化」と対立するという構図を生み出してしまった。

 こうした火種がくすぶる中で二・二八事件が起こり、いわゆる“省籍矛盾”が決定的となってしまう。台湾に上陸した国民党軍の精鋭部隊や特務機関は台湾人エリート層を次々と逮捕・処刑し、抗日民族運動の流れを汲む台湾土着の政治勢力はほぼ抹消された。生き残った人々のうち、ある者は国民党の統治体制に形式的に組み込まれ、ある者は海外に亡命した。日本・アメリカへの亡命者は台湾独立志向が強く、大陸へ逃れた者は国民党批判→共産党体制下における高度な自治を目指した。

 日本の敗戦から二・二八事件の前後までの時期、様々な考えを持って行動した人々の人脈関係を本書は丹念に拾い上げており、大陸帰りの祖国派台湾人の動きのほか、とりわけ自治要求を行なった台湾土着の政治勢力に1920年代以来の抗日民族運動との系譜的一貫性のあることが明らかにされているところが興味深い。

 本書は二・二八事件を中心とした政治過程の分析を通して、エスニシティそのものが政治対立を生じさせたのではなく、むしろ政治的コンテクストの中で日本人でも外省人でもない台湾人としてのエスニックな自覚が形成されたことを示している。その意味で台湾におけるエスニシティは可変的であったと言える。

 先日、陳水扁前総統が逮捕された。自らを政治弾圧で殉難する十字架上の英雄に擬するパフォーマンスが見られ、特に南部の独立派本省人の間では同情→外省人への反感という感情的しこりもあるらしい。素人考えだが、陳水扁の最大の功績は政権交代を実現させたこと、そして総統という最高権力者だった人でも法の例外ではありえないと身を以て示したこと、この二つの点で民主化の成果を(皮肉まじりではあるが)示し得たことだと私などは思っているのだが。立法院・総統選挙を前に政権腐敗で支持率が低下する中、彼はなりふり構わず族群対立を煽った。そうした選挙戦術は、暗黙のうちにエスニシティの本質主義的固定化、政治利用の可能性を含意してしまうおそれがあったし、そのしこりはこの逮捕劇からも窺われる。こうした火種が今でもくすぶっていることを考えると、現在進行形の台湾政治を考えるとき本書の示している視座を踏まえておく必要があるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月16日 - 2008年11月22日 | トップページ | 2008年11月30日 - 2008年12月6日 »