« 赤坂憲雄他『民俗学と歴史学──網野善彦、アラン・コルバンとの対話』『歴史と記憶──場所・身体・時間』 | トップページ | 「トウキョウソナタ」 »

2008年12月 1日 (月)

国立西洋美術館「ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情」

国立西洋美術館「ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情」

 ヴィルヘルム・ハンマースホイ(1864~1916)はデンマークの画家。日本で紹介されるのは今回が初めてだそうで、私も今まで知らなかった。通勤電車内の広告ポスターで「背を向けた若い女性のいる室内」を見かけた。薄暗い青というかグレーのような色彩は一見地味なんだけど、不思議と透明感のある静けさに何とも言えず引付けられて、国立西洋美術館まで足を運んだ。

 北欧のフェルメールとよくたとえられるらしい。ハンマースホイ自身、フェルメールをだいぶ意識していたようだし、室内画の構図、窓から射し込む光の描き方など確かにフェルメールを彷彿とさせる。ただし、フェルメールの描く人物には豊かな表情が見られるのに対して、ハンマースホイの場合、人物はオブジェとして突き放すように配置されている。彼は自宅に引きこもって室内画ばかり描いていたそうだが、登場するのは妻のイーダ。どの絵を見ても、後ろ向きだったり、視線が違う方向に向いていたり。ベタベタした感傷を描き方として持ち込まず、適度な距離を取った緊張感。どこか、冷たい。だけど、その冷たさに、家具調度類など余計なものを取り除けた簡潔な構図、モノトーンの色彩感覚が相俟った静けさが、私にはこの上なく心地よい。

 国立西洋美術館での会期は12月7日(日)までなので、興味のある方はお急ぎを。

|

« 赤坂憲雄他『民俗学と歴史学──網野善彦、アラン・コルバンとの対話』『歴史と記憶──場所・身体・時間』 | トップページ | 「トウキョウソナタ」 »

博物館・美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/43284422

この記事へのトラックバック一覧です: 国立西洋美術館「ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情」:

« 赤坂憲雄他『民俗学と歴史学──網野善彦、アラン・コルバンとの対話』『歴史と記憶──場所・身体・時間』 | トップページ | 「トウキョウソナタ」 »