« 若林正丈『台湾の政治──中華民国台湾化の戦後史』 | トップページ | 胎中千鶴『葬儀の植民地社会史──帝国日本と台湾の〈近代〉』 »

2008年11月 8日 (土)

エロシェンコのこと

 エロシェンコといえば、私はまず中村彝のあの有名な肖像画を思い浮かべる。もう一枚、鶴田吾郎による肖像画もあるが、エロシェンコを匿っていた中村屋の相馬黒光の自伝『黙移』(平凡社ライブラリー、1999年)によると、この二枚の絵は二人同時に描いたものらしい。中村彝の描く穏やかな詩人らしい風貌、対して鶴田の描いた野生的な自我の強さ。同時に描いたのに、図らずも彼の性格の半面ずつが描き分けられていることに驚いたと黒光は記している。

 「せまい檻」という作品がある。動物園の檻に閉じ込められた虎、彼は夢の中で、垣根に囲われた羊やインドのラージャの妻妾たちを解き放とうとするが、羊も女たちも立ちすくんで失敗する、そんな想像をめぐらす。目覚めると、相も変らぬ檻の中。阿呆面下げた人間どもは「虎が吼えているぞ!」と下品な笑い声をあげている。自由へのもがきも結局ひとり空回りするだけ、そのみじめさ自体が格好な見世物となってしまう。エロシェンコの童話について、子供にとっては真面目すぎるし大人にとっては不真面目すぎる、と言った人があるらしい。子供の読み物としては現実世界の厳しい醜さがにじみ出ているし、一方で、彼の純粋さを求める心情は大人の目からすると陳腐にも感じられてしまう、そうしたアンバランスを彼も自覚していたのかもしれない。彼の作品には韜晦がないだけに、その分、説教くささも否めない。しかし、その潔癖な理想主義は、居場所が得られずに転々とした彼自身の人生の軌跡と重ね合わせたとき、どこか痛々しくも感じられる。どこの国に行っても、この人は放っとけない、という気持ちを会う人ごとにわきおこさせたであろうことは想像に難くない。

 エロシェンコの評伝としては、高杉一郎『夜明け前の歌──盲目詩人エロシェンコ』(岩波書店、1982年)が同じエスペランチストとしての共感を以てつづられているほか、生国ロシアではハリコウスキー(山本直人訳)『盲目の詩人エロシェンコ』(恒文社、1983年)がある。また、藤井省三『エロシェンコの都市物語──1920年代 東京・上海・北京』(みすず書房、1989年)は、エロシェンコの移動に合わせ、東京・上海・北京それぞれにおける彼への反応をたどりながら当時の時代的雰囲気を描き出している。横の視点で国境を越えた同時代的な空気を知りたいというとき、エロシェンコという人はうってつけのトリックスターになってくれる。彼の作品は、高杉一郎編集『ワシリイ・エロシェンコ作品集1・桃色の雲』『同2・日本追放記』(みすず書房、1974年)で読める。1は日本語作品、2は中国・ロシアで書かれたエスペラント作品を収録している。

 ハリコウスキー書では、著者が若い頃に参加した世界学生祭で、中国人学生が「“アイロシャンケ”は中国語で書いていた」と言うと、日本人学生が「いや、“エロさん”は日本語で書いていた」と議論しているのだが、肝心のロシア人である著者自身は彼の名前を知らなかったというエピソードから始まる。日本や中国での知名度に対し、生国ロシアではほとんど知られていなかったらしい。なお、“アイロシャンケ”とは愛羅先珂。日本人は彼のことを“エロさん”とか“エロくん”と呼んでいた。どうでもいいが、北京滞在の折、周作人の幼い子供からまだよく回らぬ口で“エロチンコ”と呼ばれ、さすがの彼も「困った、困った」と苦笑いしていたそうな。

 エロシェンコは1890年生まれ、4歳のときに麻疹の高熱により失明。モスクワやロンドンの盲学校に在学中、エスペラントを学ぶ。日本では盲人でもマッサージ師として立派に生計を立てているという話を聞き、広い世界を知りたいという情熱も相俟って東への夢をふくらませ、1914年に来日。タイ・ビルマ・インド放浪をはさんで、1921年、社会主義者の疑いをかけられて日本を追放される。アタマン・セミョーノフ支配下の沿海州を経て中国へ行き、はじめは上海に滞在、次いでエスペラントの教授として蔡元培から北京大学に招聘され、魯迅・周作人兄弟の家に起居する。彼らとは日本語で会話していたようだ。中国にはなじめなかったらしく、「時のおじいさん」という作品には北京生活の寂しさがうかがえるし、中国人学生の演劇を酷評したため猛反発を受けてしまうという騒動もあった。結局、中国語はマスターしないまま、1922年、ロシアに戻る。盲人教育に熱意を持ち、チェコト、トルクメン、ヤクート、ウズベクへ行く。なお、トルクメンにいた頃、兄がバスマチの襲撃で殺されてしまい、必死になってその遺体を捜したという記述が高杉書に見えるが、ハリコウスキー書にはない。旧ソ連体制下で書くと何か差し障りでもあったのだろうか。ガンを宣告されて、1952年、故郷で死去。

|

« 若林正丈『台湾の政治──中華民国台湾化の戦後史』 | トップページ | 胎中千鶴『葬儀の植民地社会史──帝国日本と台湾の〈近代〉』 »

人物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/43053180

この記事へのトラックバック一覧です: エロシェンコのこと:

« 若林正丈『台湾の政治──中華民国台湾化の戦後史』 | トップページ | 胎中千鶴『葬儀の植民地社会史──帝国日本と台湾の〈近代〉』 »