« 前嶋信次『アラビア学への途──わが人生のシルクロード』 | トップページ | ジョシュア・A・フォーゲル『内藤湖南 ポリティックスとシノロジー』 »

2008年6月30日 (月)

「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」

「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」

 第三作「最後の聖戦」を観たのは高校一年生の時だった。あれから18年も経つのか。第四作を製作中という噂を聞いて以来、ジリジリと待ちわびていた。

 大学生のとき、ペルシア語の授業をとっていたことがある(もう完全に忘れてしまったが…)。経済系の大学院に留学中のイラン人の先生だった。「あなたの専門は何ですか?」と聞かれて、「アーケオロジー(考古学)」と答えたら、「オー、インディ・ジョーンズ!」と、なぜかアメリカ人的に大げさなジェスチャー。若ハゲに貫禄のあるマジメそうな先生だったのでいまだに印象に残っている。そうか、考古学者といえばインディ・ジョーンズをイメージするのが国際標準なんですね(笑)。

 さて、期待に胸をふくらませて観に行った「クリスタル・スカルの王国」。舞台設定はどうやら1950年代後半らしい。いきなりKGBと格闘を繰り広げたり、核実験に巻き込まれたりと毎度ながらにトンデモなノリ。コミカルなおふざけを絡めつつテンポのいい展開に、ジョン・ウィリアムズの音楽。良い意味で“クラシカル”なハリウッド映画の雰囲気は好きだな。大げさなビジュアル・エフェクトに見慣れた眼には、何となくなつかしさも感じられた。

 インディが諜報員として活動していることが今作では大っぴらに語られている。ナチスやソ連と戦うかどうかはともかく、19世紀の帝国主義の時代以来、考古学者や民族学者というのは最前線に冒険的に飛び込んでいって、それは往々にして政府や軍部のバックアップを受けていたから、そうした事情を「インディ・ジョーンズ」シリーズは踏まえているんだなと改めて思った。

【データ】
監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作:ジョージ・ルーカス
出演:ハリソン・フォード、ケイト・ブランシェット、他
2008年/アメリカ/122分
(2008年6月28日、新宿プラザにて)

|

« 前嶋信次『アラビア学への途──わが人生のシルクロード』 | トップページ | ジョシュア・A・フォーゲル『内藤湖南 ポリティックスとシノロジー』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/41692882

この記事へのトラックバック一覧です: 「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」:

» インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 [Kimagure Diary]
先日、『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観てきました。このインディ・ジョーンズシリーズも過去のシリーズは全部観てきましたが、やはり冒険ものは幾つになっても面白いですねぇ!ストーリーはあまりよく分からなかったのですが、それでもやはり冒険ものは面白いものです。ロズウェル事件とかマヤ文明のことが出てきますが、結局、マヤ文明には宇宙人が関係していたということを言わんとしていたのでしょうか?まぁ、とにかく面白かったので良しとしましょう!... [続きを読む]

受信: 2008年6月30日 (月) 13時25分

» 「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」まさに王道... [soramove]
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」★★★★☆オススメ ハリソン・フォード主演 スティーブン・スピルバーグ監督 懐かしいファンファーレのようなテーマ曲が 流れると心が踊る、 やっとインディの新作が見られるのだ。 現実社会ではなんと...... [続きを読む]

受信: 2008年7月19日 (土) 10時31分

« 前嶋信次『アラビア学への途──わが人生のシルクロード』 | トップページ | ジョシュア・A・フォーゲル『内藤湖南 ポリティックスとシノロジー』 »