« 「牡牛座──レーニンの肖像」 | トップページ | スピノザ『エチカ』から »

2008年2月14日 (木)

「アドリブ・ナイト」

「アドリブ・ナイト」

 ソウルの雑踏、人待ち顔に携帯電話をいじっている女の子(ハン・ヒョジュ)の姿。突然、二人組みの男から「ひょっとして、ミョンウンじゃないか?」と声をかけられた。人違いだと言ってもなかなか納得してくれず、彼女は戸惑うばかり。事情を聞いてみると、そのミョンウンという娘は家出しているのだが、父親が危篤なので探しているのだという。──君は本当にそっくりだから代役として死ぬ間際に一言声をかけてやってくれないか? 何となく説得されてしまった彼女はしぶしぶながらもついていく。

 目的地に着くと、親類や関係者が集まっている。遺産やら借金やら過去の人間関係やら、色々と大騒ぎ。そうした中で、ミョンウンという女性にまつわる話を聞き、彼女の持ち物に触れ、そして父親の臨終に立ち会ってその手を取る。自分にそっくりだという他人の人生に触れることで、かえって自分自身の抱えているものに思いをいたす。どこか投げやりな気分になっていた彼女の中で確実に何かが変わった。

 ハン・ヒョジュという女優さんは今回初めて知った。訳あり気に憂いを帯びた暗さが浮びつつも清潔感のある顔立ちを見ていると、それがまた胸がドキドキするように美しい。原作は平安寿子らしいが、私は未読。舞台を韓国に移し変えているのだからかなりアレンジされているのだろうが、落ち着いた映像の効果もあって、しっとりと良い感じの作品だ。特にラスト近く、一晩が終わってソウルに戻ってきたときの朝の光景が、何というか、観ている側の中にもしんみりとしたものが湧き起こってきて、彼女が感傷的になるのも自然に納得できる、そんな感じにとても印象的だった。

【データ】
英題:Ad Lib Night
監督・脚本:イ・ユンギ
原作:平安寿子「アドリブ・ナイト」『素晴らしい一日』文春文庫
2006年/韓国/99分
(2008年2月11日、渋谷、アミューズCQNにて)

|

« 「牡牛座──レーニンの肖像」 | トップページ | スピノザ『エチカ』から »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/40095846

この記事へのトラックバック一覧です: 「アドリブ・ナイト」:

» 『アドリブナイト』みましたぁ! [韓ドラのたまり場]
『アドリブナイト』ハンヒョジュ主演 (とても特別なお客様).....2006年作品 junsanga的評価 ★★★★☆(4つは甘いかな?) 【1】映画の売り的には日本の小説『素晴らしい1日』が原作で韓流の新たな...... [続きを読む]

受信: 2008年2月26日 (火) 12時29分

« 「牡牛座──レーニンの肖像」 | トップページ | スピノザ『エチカ』から »