« 2007年1月14日 - 2007年1月20日 | トップページ | 2007年1月28日 - 2007年2月3日 »

2007年1月21日 - 2007年1月27日

2007年1月27日 (土)

進藤榮一『東アジア共同体をどうつくるか』

進藤榮一『東アジア共同体をどうつくるか』(ちくま新書、2007年)

 本格的な地域統合に途をつけた先駆例としては、現在のところEUしか見当たらない。本書は、「歴史政策学」というスタンスに立ち、EU統合の過程から地域統合に必要な条件をいくつか類推的に引き出す。それを議論の叩き台として踏まえた上で、東アジア独自の地域統合の道筋を模索する。

 EUの場合、かつてのソ連共産主義という脅威への対処から同盟関係が生まれ、同時に第二次世界大戦の反省から、域内での紛争を物理的にも防止しようという意図も含意されて経済統合が進められた。著者によると、東アジア共同体の場合には、共通の脅威としてアメリカ一極支配による「カジノ資本主義」が想定されるという。その上で、東アジア統合の可能性について、膨大なデータや先行研究の成果を渉猟しながら緻密な議論を行なっている。煩瑣な論点にまであちこち飛び回り、新書という体裁にしては読みづらい本ではあるが、東アジア共同体の成立根拠について一定の枠組みを示している点では有益であろう。

 しかし、これほど能弁に語りながらも、説得力に欠けるという印象は最後まで拭えなかった。

 第一に、安全保障上の枠組みを考える上で議論を濁している部分がある。中国脅威論に対しては一定の紙幅を割いてきちんと根拠を示した反論を行なっており、傾聴に値する。しかし、肝心の北朝鮮について軽くスルーしてしまうのは問題だろう。食糧危機による負の悪循環には触れているものの、核問題についての著者の見解が不明瞭で、北朝鮮を東アジア共同体に取り込めるかどうか、その可能性については全く論じていない。

 第二に、東アジア共同体全体でまとまったアイデンティティーのあり方について考える上で、多様な文化的差異の中でどのように共通項を築き上げるかという問題を避けて通ることはできない。しかし、政治・経済的な枠組みについてはデータをいちいち挙げて緻密な議論を展開してきたのとは打って変わって、こちらについては理念先行、抽象的な話でお茶を濁すだけ。惨めなほどに内容が薄い。

 都市中間層のライフスタイルが脱国境的に拡がっていることを指摘して地域共同体の一つの基盤になるだろうと言う。ライフスタイルの越境的な均質化は確かだろうが、それは東アジアという地域に限るものではない。欧米も含めての拡がりの中で、都市中間層は、自国内の貧困層よりも、他国の中間層の方に親近感を持つことがつとに指摘されている。これはむしろ域内で階層的な断絶を生み出すことになり、東アジア共同体全体としてのアイデンティティー形成を阻害する要因になるのではないか?

 「儒教文化」を東アジア共通の文化的基層として取り上げ、フランシス・フクヤマの言う「社会的信頼」(Trust)やロバート・パットナムの「社会関係資本」(Social Capital)と結びつけて論じている。社会関係資本が重要であることは全く同感だ。しかし、経済的効率化があらゆる局面で進展している中、「儒教文化」も含めた伝統的価値意識は崩され、個人同士を結びつける紐帯がなくなりつつある、従って社会関係資本が機能しなくなりつつあることがむしろ現代の問題なのではないか? パットナム『孤独なボウリング』(邦訳、柏書房、2006年)の問題意識は社会関係資本の衰退に向けられており、それは他ならぬ日本にとっても切実な問題ではないのか? そもそも「儒教文化」などという括り方自体、大雑把で説得力ゼロ。社会的・文化的背景をステレオタイプで決め付けてしまう安直な物言いには本当にイライラする。

(2007年1月23日記)

| | コメント (1)

2007年1月26日 (金)

「あるいは、裏切りという名の犬」

◆「あるいは、裏切りという名の犬」

 凶悪な連続強奪事件がパリを震撼させていた。出世が決まった警視総監は、この事件を解決した者を自分の後任に指名するという。候補は、泥臭い昔かたぎのレオ(ダニエル・オートゥイユ)と、権力志向で出世に執念を燃やすドニ(ジェラール・ドパルデュー)。二人は古くからの友人だが、今では関係は冷え切っている。社交嫌いのレオには出世の気持ちなどさらさらないが、ドニは気が気でない。レオの指揮により強奪犯逮捕の段取りが組まれたが、これに不服なドニはわざと命令に反し、オペレーションは失敗。本来ならばドニの責任が問われるはずだが、レオが不運な事件に巻き込まれ、事態は思わぬ方向へと進む。二人の男の嫉妬と復讐の物語。

 ストーリー展開はスムーズ。いくつかの伏線が張りめぐらされた筋立てとなっているが、こんがらからずついていける。テンポよく緊迫感にあふれたフィルム・ノワールで、見ごたえは十分にあった。
(2007年1月22日、銀座テアトルシネマにて)

【データ】
監督・脚本:オリビエ・マルシャル
2004年/フランス/110分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「武士の一分」

◆「武士の一分」

 三村新之丞(木村拓哉)はお毒見役という退屈なお役目に飽き飽きしていた。早く隠居して将来は子供たち相手の剣道場を開きたいと妻の加世(檀れい)に語る。中間の徳平(笹野高史)も含め、三人の貧しいが穏やかな日々。しかし、ある事件で何もかもが一変してしまう。調理の不手際で貝の毒にあたり、失明してしまったのだ。得意の剣を振ることはもうできない。武士として死んだも同然。この世のすべてから見放されてしまったような絶望感にたたき込まれた上に、信頼していた加世の不審な挙動に心がざわめく。思い余った三村は再び剣を手にする…。

 私は普段なら山田洋次の映画をわざわざ観に行くことはない。寅さんシリーズや釣りバカシリーズなどのマンネリな印象があること、また「学校」シリーズを観てすごく嫌な鳥肌が立ったことも理由である。しかし、今回は色々と評判が高いし、この人は山田洋次の映画なんて評価しないだろうと思っていた人までほめちぎるので観に行った。確かにとても良かったと思う。怒りのぶつけどころのない不条理の中、自分なりの筋道をつけようともがく葛藤には心打たれる。

 実は木村拓哉もあまり好きではない。しかし、今回、役柄にすんなりとはまっており、正直言って驚いた。また、いつも脇役として目にしてはいてもあまり意識することのなかった笹野高史が実直さと飄々としておどけた味を出しておりとても良かった。
(2007年1月20日、新宿ジョイシネマにて)

【データ】
監督:山田洋次
2006年/日本/松竹/121分

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

「気球クラブ、その後」

 村上さんが入院したらしい──どこからともなくそんな知らせがとびかい、かつて気球クラブに集っていた人々が再会。クラブのリーダーであった村上と、その付き合っていたミツコの二人についてみんなが回想するという筋立て。青春の終わりがテーマなのだろうか。気球に乗って空高く上がることは、若い頃に抱く“夢”のメタファー。メモを風船にぶら下げることは“夢”をペンディングして先送り。気球に憑かれていた村上がオートバイで事故死したことは、宙に浮かべた“夢”が地上に降りざるを得なくなって、心の中の何かが崩れてしまったことを表わしている、と言えるのだろう。

 前半のうるさいまでに執拗な携帯電話のやり取り、メッセージをぶらさげた風船など、色々と寓話的設定が散りばめられており、その気になれば深読みの面白さを堪能できる。それにしても酒盛りのシーンがやたらと多い。この映画を作った人にとって、青春とは酒を飲んで騒ぐこととほとんどイコールでつながっているのかね。永作博美の年齢不詳な大人びたあどけなさは、いつものことながら目を引く。

 園子温(その・しおん)監督の作品では「桂子ですけど」(1997年)、「うつしみ」(1999年)、「自殺サークル」(2001年)などを観たことがあるが、これらの観ていて疲れるくらいに濃い雰囲気に比べると、今回は珍しく落ち着いた青春ものだ。しかし、私はどうも園監督の作品が好きになれない。工夫をこらしており決して悪いとは思わないのだが、肌合いが違うのだろう。
(2007年1月19日、渋谷シネ・アミューズのレイトショーにて)

【データ】
監督・脚本:園子温
2006年/日本/93分

| | コメント (1)

2007年1月24日 (水)

「市川崑物語」「犬神家の一族」

◆「市川崑物語」

 私はこれまで市川崑の撮った映画をとりたてて意識して観てきたわけではない。すでに映画史上の過去の偉人という印象を持っている程度のものだった。今回は、あくまでも岩井俊二ファンとして観た。凝りに凝った映像美で特筆される新旧世代の二人がどのように絡むのか興味はあったが、予想していた以上に良かった。

 市川崑の生い立ち、ディズニーに衝撃を受けてアニメ作品から始まる映画人生、多彩なフィルモグラフィー、そして脚本家にして公私にわたるパートナーであった和田夏十(わだ・なっと)とのエピソードを織り交ぜ、時折岩井のコメントが入る。それもナレーションではなく、字幕で。静かだが跳ね上がるような鋭いピアノ音が特徴的な音楽はまさに岩井ワールド。しかし、それ以上に市川崑という人の魅力が生きている。

 「初めて話の合う人に出会った」という岩井のコメントが字幕に現れる。宣伝でもこの文句は使われている。しかし、観れば分かるが、これには続きがある。岩井自身の映像作りには市川崑を意識したところが多い。だから、話が合って当たり前。いや、岩井に限らず、市川の映像技法は多くの人に強い影響を及ぼしており、彼の名前を知らなくとも様々な場面で触れる機会がある。たとえば、あのジグザグな文字組みは「古畑任三郎」「新世紀エヴァンゲリオン」などでもおなじみだ。

 初めに述べたとおり、私は市川の名前をあまり意識していなかった。あの評判に高い「東京オリンピック」(1965年)も実は未見。それでも市川のフィルモグラフィーを振り返ってみると、結構観ていたことに改めて気付いた。「犬神家の一族」(1976年)、「ビルマの竪琴」(1985年)などは当然にテレビ放映で観ているし、最近では「八つ墓村」(1996年)、「どら平太」(2000年)なども映画館でリアルタイムで観た。そもそも中学校の時に連れられて観に行った「竹取物語」(1987年)が初めての市川体験だった。その時は市川の名前は知らなかったが、とにかく映像がきれいだと見とれたことはよく憶えている。

 市川と岩井の共同監督による「本陣殺人事件」の企画が進んでいるらしい。市川の魅力を再認識し、もともと岩井ファンだった者としては是が非でも観たい。
(2007年1月20日、新宿ガーデンシネマにて)

【データ】
監督・脚本・編集・音楽:岩井俊二
プロデューサー:一瀬隆重
製作:ロックウェルアイズ、角川ヘラルド映画、オズ
配給:ザナドゥー
2006年/日本/83分

◆「犬神家の一族」

 「市川崑物語」にこの「犬神家の一族」の撮影風景やオープニングが織り込まれており、とりわけテーマ曲が何となく懐かしい感じで耳に残り、つい観に来てしまった。ディテールを観れば色々な工夫はあるのだろうが、昔の「犬神家の一族」と比べて、ストーリーは勿論、全体的な雰囲気についてもそれほど変わり映えするわけではない。市川崑ファンが昔懐かしむという趣旨の企画なのだろう。それにしても、こんな陰惨でグロテスクな筋立てを、ある種の叙情性すら漂う映像世界に仕立て上げてしまう手腕には改めて驚かされた。
(2007年1月21日、新宿スカラにて)

【データ】
監督・脚本:市川崑
出演:石坂浩二、松嶋菜々子、富司純子、松坂慶子、加藤武、大滝秀治、中村敦夫、仲代達矢、他
2006年/日本/東宝/135分

| | コメント (1)

2007年1月23日 (火)

沢木耕太郎『危機の宰相』

P1070023 ◆沢木耕太郎『危機の宰相』(魁星出版、2006年)

 ルーザー(敗者)という言葉にどのような奥行きを読み取るかによって、その人の人生観が如実に表われるように思う。高度経済成長の人物的象徴とも言うべき宰相・池田勇人。「所得倍増」という経済政策のブレーンとして池田を支えた下村治と田村敏雄。彼ら三人からルーザーという共通項を見出すのを果たして奇異に感じるだろうか?

 沢木のノンフィクションにはスポーツを題材として取り上げたものが多い。私はスポーツには全くと言っていいほど興味がないのだが、『敗れざる者たち』には心をとらえられ、とりわけ『一瞬の夏』のカシアス内藤の姿には、落胆、共感、諸々の気持ちがたかぶるのを抑えられなかった。不遇だけど頑張った、という類の話ではない。勝ち負けとは全く異なる次元で、その人を衝き動かしていた“やむを得ざる何か”を描き出しているところに大きな魅力がある。

 池田は病を得て官僚としての出世競争から早々と脱落したが、時代の運命の中で一国の総理となった。彼を支えた下村や田村にもそれぞれに葛藤があった。スポーツと経済論戦、舞台は違う。しかし、当たり前な世間の視線からは漏れてしまっていた、彼らそれぞれが内に秘めていた“やむを得ざる何か”、そこに注がれる沢木のまなざしがやさしく熱い。

| | コメント (1)

2007年1月22日 (月)

アトランダムに3冊

 読んだ本について書きとめたメモをいちいち整理してなかったのでバラバラです。たまたま見つけた去年のメモを切り貼りしました。従って、何の脈絡もありません。

◆池内恵『書物の運命』(文藝春秋、2006年)
 気鋭のアラブ研究者が雑誌や新聞に執筆した書評・論考をまとめた一冊。専門分野以外の書評もしっかりしているが、専門の中東問題についていくつか興味深い指摘があった。「中東」幻想は、マルクス主義など従来の概念枠組みが崩れて判断基準を失ってしまった一部の知識人にとって代替的な拠り所となっている。従って、彼らの発言は、その論じ方の裏を読むと、中東問題そのものについて論じているというよりも、むしろ日本内部での論争枠組みを中東問題に投影しているに過ぎないこと。また、「近代化論」や「原理主義」という用語は、反米意識の裏返しとして中東肯定がまずありきという風潮の中、有効な認識ツールとして使えなくなっていることなど、アラブ社会の内面を熟知した若手ならではのリアルな認識を踏まえた議論には説得力がある。

◆小島毅『近代日本の陽明学』(講談社選書メチエ、2006年)
 陽明学・水戸学を軸として幕末以降、近代日本の思想史を読み直そうと本書は試みている。日本思想としての陽明学について知りたいと思って書店に行っても安岡正篤の本か専門家の研究書しか見当たらない。アカデミックで手頃な類書がなかったので興味を持って手に取ったのだが、本書には感心できなかった。語り口は軽妙といえば確かにそうも言えるが、一方的な断定が目立ち、悪ふざけが過ぎる。内容的な判断は保留して、思想史を勉強する事項整理のためと割り切って通読する分には役立つと思う。

◆富岡多恵子『釋迢空ノート』(岩波現代文庫、2006年)
 折口信夫という人の残した足跡はまことに大きく、彼の全体像を把握するのはなかなか骨が折れる。私は以前、民俗学に興味を持っていたことがあり、当然ながら折口のテクストにも多少は触れたことがある。しかし、彼の民俗学や古代研究には、歌人としての折口のもう一つの顔が分かちがたく絡まっており、詩的な感性に乏しい私にとって、魅力を感じつつ、しかし私が入り込むような世界ではないのだろうという引け目を感じたことが記憶に残っている。本書では、折口の家庭環境における父への軽蔑、人からははばかれる同性愛、大阪という町の中で彼の繊細さは浮き上がり、むしろ気質的な暗さを内向させてしまったことなどが描かれる。富岡が詩人としての感性を武器に折口の情緒的な内面まで、跳ね返されながらもなおかつ踏み込みもうとする丁々発止の切り結びには迫力がある。

| | コメント (0)

« 2007年1月14日 - 2007年1月20日 | トップページ | 2007年1月28日 - 2007年2月3日 »