« 2007年5月13日 - 2007年5月19日 | トップページ | 2007年5月27日 - 2007年6月2日 »

2007年5月20日 - 2007年5月26日

2007年5月26日 (土)

吉田文彦編・朝日新聞特別取材班『核を追う──テロと闇市場に揺れる世界』

吉田文彦編・朝日新聞特別取材班『核を追う──テロと闇市場に揺れる世界』(朝日新聞社、2005年)

 現時点で核兵器を保有しているのは、米英仏ロ中の五大国のほか、インド、パキスタン、北朝鮮。イスラエルの核保有も公然たる秘密である。一度核兵器を保有した国が廃棄したケースとして南アフリカがあるが、これは極めて特殊な事例だ。アパルトヘイトを廃止して黒人政権の誕生が間近となっていた時期のことで、「黒人に核を渡してたまるか」という白人側の恐怖心が背景にあった。ブラジル、韓国、リビアにも核開発計画があったが断念。イラクは1980年代の初めに核研究施設がイスラエル空軍の爆撃を受けて壊滅、核開発能力は事実上なくなった。現在はイランが焦点となっており、ブッシュ政権は強硬な制裁案を打ち出したばかり。

 2004年、パキスタンのカーン博士を中心とする核関連物資や技術を取引する国際的ネットワークが明らかになった。イラク戦争の最中に核開発計画をあきらめたリビアからアメリカが情報提供を受け、パキスタン政府に圧力をかけたものと記憶している。自前の開発能力がなくとも裏ルートを通じた核兵器の調達が可能であることが示され、世界中に衝撃を与えた。

 核兵器保有の動機には大国意識を満たすというナショナリスティックな側面が否定できない。フランスや中国のように冷戦構造の中で埋没しかねない自国の戦略的主導権を確保しようという場合もあれば、インドやイランのように地域大国としての自負心から国民によって熱烈に支持されている場合もある。いずれにせよ、一つでも核保有国もしくは疑惑国が出現すれば、核保有への動機は近隣に連鎖的に広がる。インドの核実験はパキスタンの核保有を促し、イスラエルやイランの核開発疑惑は中東情勢全体に暗い影を落としている。

 このような核保有連鎖の可能性を踏まえて日本の立場を捉えなおしてみると、国際環境のレベルと日本国内での議論とでは大きなギャップがあることに改めて驚かされる。1964年に中国が初の原爆実験を行なった。翌年、当時の池田勇人首相はアメリカのラスク国務長官に、自分の閣内にも少数派ながら核武装論者がいると漏らしたという(中曽根元首相によるとそれは池田自身だったようだ)。また、次の佐藤栄作首相はライシャワー駐日大使に、日本は核兵器を作れるレベルにある旨を語っている。こうした流れを受けてか、ジョンソン大統領は“核の傘”の提供を確約し、日本もこれを受け入れた。1975年の三木・フォード会談で公式に明かされ、1976年になってようやく日本はNPT(核拡散防止条約)を批准した。

 並行して日米間で沖縄返還の交渉が進められていたが、アメリカ側は返還後も核兵器配備の継続を求めていた。しかし、日本国内の世論を考えると核付き返還には大きな反発が予想される。そこで、いわゆる“非核三原則”が佐藤首相によって示されたが、これはあくまでもアメリカに対するシグナルであって、佐藤自身は将来的な核保有の可能性まで縛るつもりはなかったようだ。ところが、国内感情の後押しによってこの“非核三原則”は一人歩きを始め、日本の国是となる。さらに核政策の四本柱、すなわち①非核三原則、②核廃絶・核軍縮、③アメリカの核抑止力依存、④核エネルギーの平和利用が掲げられた。しかし、核軍縮を求めながらもアメリカの“核の傘”に依存するのは矛盾ではないのか? 平和利用とは言うが、原子炉施設は容易に軍事転用が可能であり、核拡散防止にはつながらないのではないか? こういった矛盾をはらんでおり、実は日本の包括的な核政策理念は明らかになっていない。

 核兵器が全廃された状況こそ最も危険だという逆説がしばしば指摘される。物理的に核兵器がなくなったとしても、人類が一度知ってしまった核兵器開発のノウハウまで完全消滅させることはできない。誰かが極秘に核兵器を作ってしまったら彼が世界の独裁者となってしまう。核兵器廃絶を求める理想には気持ちとしては共感できるにしても、こうしたリアリズムを覆すだけの論拠は少なくとも私には見つからない。

 従って、核兵器の存在を前提とした上で国際的な管理システムをいかに有効なものとするかに議論の焦点は絞られる。そのためにNPTの枠組みがあるわけだが、この条約に内在する五大国優位に対して加盟国内外から強い不満がくすぶっている。五大国が核兵器数の削減や今後の実験停止などの姿勢を示してこうした不満をなだめることが手始めに必要であろう。

 “核の傘”に基づく抑止の論理は冷戦構造の遺物であり、ここからの脱却を主張する見解がある。しかし、北朝鮮をはじめ不安定要因を近隣に抱える以上、“核の傘”が日本にとって本当に有効なのかどうかを検証する必要はあるにしても、少なくとも選択肢から外すわけにはいかないのではないか。

 近年顕著となっているアメリカの単独行動主義には、核拡散防止という一般的な目的を踏み越えて、アメリカ独自の基準で一方的に“善悪”を決め付ける傾向がある。これによってかえって相手国の不満を高め、交渉を難しくしている側面がある。その一方で、現実的に考えると、核拡散防止システムの運用にアメリカのイニシアチヴは不可欠である。アメリカを現在の単独行動主義からまとめ役へと姿勢を転換させるよういかに促していくか、ここがカギとなりそうだ。

 日本の役割として、被爆体験を語り継ぐことによって国際世論に訴えかけていくべきという考え方がある。その努力は必要であり、少なくとも先進国の知識階層に向けては大いに効果があるだろう。しかしながら、インド、パキスタン、イラン、イスラエルをはじめ目前に紛争を抱えて政治的な感情が異様なまでに昂ぶっている人々に対してはあまり効果は期待できないのではないか。こうした国々では、「日本は核兵器を持っていなかったからアメリカにやられたんだ」という反論がかえってくることがあるらしい。

 本書は核政策をめぐる様々なレベルでの議論や各国それぞれの事情を詳細にレポートしている。核兵器にまつわる最新事情をサーベイするにはうってつけの一冊である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

ファンタジー小説をいくつか

上橋菜穂子『精霊の守り人』(新潮文庫、2007年。オリジナルは偕成社、1996年)

 児童文学というのもなかなかバカにならないものだと思っている。たまに銀座・教文館6Fの児童書売場「ナルニア国」に立ち寄る。絵本などには驚異的なロングセラーが多い。ちっちゃい頃に読んでなつかしい本がいまだに現役で頑張っているのを見ると気持ちがなごむ。また、そうした中に混じって新しい作品も現われており、将来、この本をなつかしく振り返る人もいるのだろうなと思うと少々感慨深くもなる。

 「ナルニア国」で上橋菜穂子フェアをやっていた。 “守り人”シリーズ完結を受けたフェアとのこと。寡聞にして初めて知る名前だった。第一巻の本書が新潮文庫で出ていたので、文庫ならばと思い買い求めて読んだのだが、これがなかなか面白い。

 新ヨゴ皇国の第二王子チャグムに“水妖”の卵が宿り、不吉を恐れた父帝は息子に向けて刺客を放った。通りがかりの女流短槍使いのバルサ、川に落ちたチャグムを助けたのをきっかけに皇子のボディーガードとなる。だが、チャグムを追う本当の敵はもっと恐ろしいものであった。皇国を動かす月読博士たちはこの危機に直面して初めて新ヨゴ皇国建国神話の虚構を知る…、なんてまとめても魅力は分からないか。

 登場人物のキャラがたっていて、単に冒険物語として読んでももちろん面白いし、少年チャグムの成長物語と読むこともできる。架空の世界を舞台としているが、土着民に語り継がれた伝承と国家の公定神話とのズレを軸に、世界観の重層的な設定がしっかりしているので、大人でも十分に読み応えがある。著者の本職は文化人類学者らしい。なお、偕成社版には挿絵が入っていて魅力的だが、新潮文庫版では省かれている。

ミシェル・ペイヴァー(さくま・ゆみこ訳)『クロニクル千古の闇1 オオカミ族の少年』(評論社、2005年)、同『クロニクル千古の闇2 生霊わたり』(同、2006年)

 酒井駒子の絵が好きで、装幀にひかれて手に取った。この「クロニクル・千古の闇」シリーズもなかなかのものだ。

 舞台は四千年前の新石器時代。森や山や海の荒々しさに人々が畏れの気持ちがあった頃。主人公のトラムは父と二人きりの放浪生活をしていた。本来はオオカミをトーテムとする氏族に属するが、オオカミ族はおろか他の氏族との付き合いは一切なかった。ある日、悪霊の乗り移った大熊に父が殺され、トラムは一人ぽっちとなる。ところが、同じく一人ぽっちの仔狼“ウルフ”と気持ちを通わせる。さらにワタリガラス族の少女レンとの出会いもあり、彼らは宿命付けられた大熊退治におもむく。だが、なぜ大熊に悪霊が乗り移っていたのか、なぜ大熊はトラムの父を殺したのか? この背景にトラム自身にも関わる恐ろしい事情があった。

 このシリーズは全六巻。第三巻『魂食らい』が翻訳刊行されたばかりだが、私は第一巻『オオカミ族の少年』、第二巻『生霊わたり』まで読んだ。描写には説得力があり、考古学の知識が十分に活かされているのがうかがえる。時折、“ウルフ”の視点で人間の奇妙な仕草を観察するという話法も出てきて面白い。舞台設定の魅力といい、少年少女が悩みながら活躍するあたりといい、宮崎駿アニメに格好な物語という感じがする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

ニクソンについて適当に

 以前に、オリバー・ストーン監督「ニクソン」(1995年)という映画を観たことがある。実はストーリーはほとんど覚えておらず、主演のアンソニー・ホプキンスの印象ばかりが強い。細長い顔のニクソンに、丸顔のホプキンス。顔の相が全く違うのに、両腕上げVサインの有名なポーズをとる時の表情はなるほどニクソンだと思わせ、驚いた。この映画については当然ながら、キッシンジャーなど当時の政権をじかに知る人々からの評判は芳しくない。

 ニクソンの評伝としては田久保忠衛『戦略家ニクソン──政治家の人間的考察』(中公新書、1996年)がよくまとまっている。ウォーターゲート事件の印象が強いせいか、あるいは常にJFKと比べられる宿命にあるせいか、ニクソンのイメージはすこぶる悪い。本書は、俗耳に入りやすい印象論とは距離をおき、したたかな政治家としてのニクソンの人物像を描き出す。ニクソン政権が直面した最大の課題は、前任の民主党政権が深入りしたヴェトナム戦争からの撤退であった。この目標を達成するため積極的な外交を展開し、とりわけ米中和解という形で国際環境を大きく変動させたことは周知の通りである。こうした戦略外交の功績者としてキッシンジャーの名前がよく挙げられる。しかしながら、キッシンジャーは東アジア情勢については素人であり、米中和解はニクソン自身のイニシアチブによるものだと指摘しているところに本書の特徴がある。

 最近、Liang Pan, ‘Whither Japan’s Military Potential?  The Nixon Administration’s Stance on Japanese Defense Power’( “Diplomatic History”Vol.31, Number1, January, 2007)という論文を読んだのだが、これが実に面白かった。英語は苦手なのだが、引き込まれた勢いで一気に読みきった。

 ニクソン政権は米中和解を進めたが、当時の日本は北京に対して警戒感を持っており、下手すると日米同盟が崩れかねない危うさをはらんでいた。米政権内部では、米中和解→日本が米から離反→①日本の自主外交路線(核武装を含む)、もしくは②日本が米中の動きを牽制するため日中or日ソ同盟を組む、というシナリオがあり得ると議論がかわされた。

 もちろん、今となっては一笑に付すしかない。だが、賢明な外交は、常に最悪のケースを想定しながら行なわれる。それなのに、ニクソンもキッシンジャーもこうした最悪のシナリオについては何も対策を立てていなかった。実際に日本が米の意向に反して、①独自に日中国交正常化、②ソ連との経済協力を模索、③オイルショックに際してアラブ諸国を支持、といった動きを示すと、キッシンジャーは周囲が驚くほどに激怒したらしい。さらに、ほぼ同じ頃、インドが初めて核実験を行なって核拡散の懸念が現実になりつつある中、日本はNPT(核拡散防止条約)の批准をしないままだった(批准は1976年)。これも米政権内部で日本への猜疑心を強めていた。

 結局、パワーポリティクスの権化のような戦略家キッシンジャーにしても、実は結構抜けているところがあった。しかしながら、北京は日本の軍拡や対ソ接近を恐れて日米安保条約を容認し、日本国内では米中和解をデタントとしてむしろ歓迎するムードが高まって軍事費抑制に向かう政治力学が働く。それぞれの誤解に基づく不思議な連鎖反応が生まれた。つまり、ニクソン・キッシンジャー戦略はあくまで結果論として成功したに過ぎず、そこには、様々なシナリオを検討した上で政策決定を行なうという緻密さはなかったとの指摘が興味深い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年5月13日 - 2007年5月19日 | トップページ | 2007年5月27日 - 2007年6月2日 »