« 2007年4月8日 - 2007年4月14日 | トップページ | 2007年4月22日 - 2007年4月28日 »

2007年4月15日 - 2007年4月21日

2007年4月21日 (土)

添谷芳秀『日本の「ミドルパワー」外交』

添谷芳秀『日本の「ミドルパワー」外交──戦後日本の選択と構想』(ちくま新書、2005年)

 戦後日本の政治が大きなねじれを抱え込み、その中で不毛な政策論争が繰り広げられてきたことについては立場の違いにかかわらず同意されるだろう。それはとりわけ安全保障分野に顕著であった。日米安保条約、憲法上の制約が大きい自衛隊といった要因は日本の外交スタンスを極めて曖昧なものとし、そこを左右両極の政治勢力は激しく論難してきた。すなわち、国家主義的な自立志向と非武装平和論。いずれも対米自立を求めていた点でナショナリズムの気分の発露であったと言える。しかしながら、二つの勢力から挟撃されながらも、吉田茂の定式化した路線は冷戦という状況下、有効な成果をもたらした。本書は、こうした日本のスタンスを「ミドルパワー」外交と捉え、占領期における吉田外交、高度成長後における中曾根外交を肯定的に評価する。

 「ミドルパワー」外交とは何か。国力の点で日本はアメリカや中国の向こうをはることは事実上難しいし、過去の侵略戦争の歴史がネックとなって常に周辺諸国から警戒心をもって見られている中、大国間外交の主要プレイヤーとして振る舞うことは不可能である。グレートパワー(大国)ではなくミドルパワー(中級国家)としての立ち位置を取ること、つまり、米ソ中など大国間の駆け引きで実際に成り立ってきたパワーバランスを所与の条件としながらも、その中で一定の主体性を発揮するのが日本にとって最も現実的な選択肢であり、また現場の外交当局者が実際に行なっている路線である。

 たとえば、小渕政権以来、「人間の安全保障」に焦点を当てた外交政策を積極的に進めているという。「人間の安全保障」とは1994年、国連開発計画(UNDP)の報告書で唱えられて以来広く認知されるようになった概念である。途上国の抱える構造的貧困の改善や環境問題への支援など、大国外交では見落とされがちな分野で日本のイニシアティヴを発揮しようと模索されている。日本のPKO参加についても、日本国内の平和論者や周辺諸国からは大国志向の表われ、軍国主義の復活として非難されるのが常態となっているが、実際にはこうした「ミドルパワー」路線の延長線上にあると考えるべきであろう。

 昨今の世論をうかがうと、従来の観念的な平和論がなりを潜めたのは歓迎すべきことだ。ところが、その反動であろうか、マスメディアでの論調には逆に右バネの勢いが強すぎるようにも見受けられる。しかし、マスメディアからばらまかれるイメージと、外交当局者が実際に行なっている政策路線との間にはかなりのギャップがあるようだ。本書は戦後日本の外交政策を手際よく整理し、そうしたギャップを埋めてくれる点で非常に有益であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

大森荘蔵『知の構築とその呪縛』

 私の偏見かもしれないが、哲学学者(敢えて“学”を二つ並べた)の書く論文にはウソが多く混じっていると思っている。翻訳口調の学術用語を積み木のように組み立てることを“論理的”と称したところで実体がない。実体のないものはウソである。こうしたあたりに疑問を抱いて独自のスタイルで哲学を語っていたのが、先日お亡くなりになった池田晶子さんだろう。

 自分自身がいままさに感じている素朴な生身の感性、これを基にめぐらされた思索は戦後日本のアカデミズムにおいてなかなか少ないが、その稀有な一人として大森荘蔵に私は敬意を抱いている。

 私はまったくの文系人間で、科学史・科学哲学の素養はゼロである。だが、『知の構築とその呪縛』(ちくま学芸文庫、1994年)を一読した時にはたちまち魅了されてしまった。どことなく詩心が香りたつ科学哲学というのがあり得ることに心底驚いた。

 世界の見え方は一つではない。たとえば、エジプトのピラミッドを思い浮かべてみよう。遠くから見れば均整のとれた美しい三角形。ところが、すぐ麓から見上げると、巨石が積み上げられてゴツゴツしている。常識的な見方では、遠くから見えたきれいな三角形は錯覚で、近くから見たデコボコが正解ということになる。

 だが、ちょっと待って欲しい。遠くの地点で目を凝らしたとき、きれいな三角形に見えたというその視覚体験そのものは果たして間違いだったと言って済むのだろうか。そのように見えた生身の視覚体験そのものは厳然たる事実である。にも拘わらず“錯覚”というレッテルを貼ってしまうのは、デコボコを見たもう一つの視覚体験を基準とした後知恵に過ぎないのではないか。そうした趣旨のことを大森は本書「11 二元論批判」で言っている(ピラミッドの例は分かりやすくするため私が仮に出してみた)。

 世界は様々に見え得る。そのうちのたった一つの見え方だけを“真理”とみなし、他の見え方を“錯覚”という言い方で否定してしまったところに近代科学がはらむ大きな欠陥がある。

 ここで勘違いしてもらっては困るが、だから近代科学は間違っていると言っているわけではない。近代科学特有の数量化という手続きを通してこの世界を眺めることだって勿論可能だ。ただ、色々な見方、感じ方ができるものを、たった一つの見方だけしかあり得ないと近代科学の思考習慣になずんだ我々は信じ込んでいる。そうしたこわばりを大森は解きほぐしてくれる。これはあくまでも日常生活での慣れの問題であって、特別なことは何も言っていない。

「…「物」と「知覚像」は一心同体の「同じもの」なのである。原子集団そのものに色があり、匂いがあり、暖かさ冷たさがあり、美しさ醜さがあるのである。ただ個々の原子や感覚できない小集団の原子は色があるのでもなければ色がないのでもない。それらは感覚できない。ということそのことによってそれらに色を云々することは無意味なのである。しかし一定程度以上の表面積をもつ原子集団には色がある。その原子集団そのものに、である。その色は、私が今それを見ている視点と視角から見えている色である。他の視点視角から見れば多少異なる色が見えよう。だがそれもまた、その原子集団の、その視点視角から見える色なのである。こうして、どの色もその原子集団そのものの色であることは、視角視距離に応じて姿を変えるその形状がすべてその原子集団そのものの形状であるのと同様である。」

「それを誤って、原子集団にただ幾何学的、運動学的性質だけを帰属させて死物化し、一方、感覚的風景を主観的意識に押し込めたのが、ガリレイ、デカルトの路線であった。…自分の身体を含めての物的自然の死物化、それに対応する、いわゆる「心の働き」の主観化、内心化、この「自然」と「内心」との分離分断が現代人の思考と感性の基本枠となっている。それは近代を特徴づけた科学的思考に誤って紛れ込んだ、そして人々の誤りに乗じてその母屋を乗っ取ったデカルト的二元論の呪縛の結果なのである。」

「この自然の死物化と心の主観化・内心化が、現代人から、古代中世の人々がもっていた、活物自然と自己の一体感を奪ったのである。略画的世界観のもっていた、自然を生き生きと活きたものと感じ、自分をその一部として感じる、あの感性を奪ったのである。そしてその略画的感性を何か未開のもの、迷信的なもの、と感じる近代的感性に支配されるに至ったのである。そしてさらにそれを、近代的自我などと称するに至ったのである。」

「…物と自然は昔通りに活きている。ただ現代科学はそれを死物言語で描写する。だがわれわれは安んじてそれに日常語での活物描写を「重ね描き」すればよいのである。」

「…つまり、「心の働き」といわれているものは実は「自然の働き」なのである。心ある自然、心的な自然が様々に(感情的、過去的、未来的、意志的、等々)立ち現れる、それが「私がここに生きている」ということそのことにほかならない、こう私はいいたいのである。」

「かりにそういえるとすれば、私と自然との間に何の境界もない。ただ私の肉体とそれ以外のものに境界があるだけである。自然の様々な立ち現れ、それが従来の言葉で「私の心」といわれるものにほかならないのだから、その意味で私と自然とは一心同体なのである。当然、〈主観と客観〉と従来いわれてきた分別もない。〈世界と意識〉という分別もない。これは禅的な意味や神秘的な意味での「主客合一」とか「主客未分」とかということとは全く別のことである。ごく当たり前の日常生活の構造そのものの中に主観と客観、世界と意識といった分別がない、ということだからである。四六時中そうなのである。」
(以上、本書234~238頁より抜粋)

 本書を読むのに科学史の知識は常識程度にあれば十分だ。細部の理解にはこだわらず、とにかく通読して勘所をおさえて欲しい。本書はこれからも細々とながら読み継がれていく古典になると私は思っている。科学哲学という分野の敷居の高さゆえか、大森の名前は一般読書人の間でもそんなに知られているとは言えない。そうした中、今月、大森と坂本龍一との対談『音を視る、時を聴く』をちくま学芸文庫が出してくれたのは本当にうれしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

佐藤優『自壊する帝国』

 先週、田草川弘『黒澤明vs.ハリウッド──「トラ・トラ・トラ!」その謎のすべて』(文藝春秋、2006年)と共に、佐藤優『自壊する帝国』(新潮社、2006年)が大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。このブログでも佐藤についてはしばしば取り上げているが、ここ最近で私が一番感心した書き手だ。彼のデビュー作『国家の罠』(新潮社、2005年)を読んで文字通り驚愕した興奮はhttp://barbare.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_f0d5.htmlhttp://barbare.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_72ff.htmlで書いた。本書『自壊する帝国』は刊行されて一年近く経つが、この機会に取り上げてみたい。

 佐藤優は書籍文化をとても大切にしている人だ。本人曰く、人見知りが激しいので大勢を前にして話すのはあまり好きではないらしいが、書店で行なわれる講演会には積極的に来てくれる。私も何回か聴きに行った。質疑応答の際、“国家”にこだわるようになったきっかけは何かと尋ねたことがある。佐藤によると二つあるという。一つは、鈴木宗男事件でマスコミから激しいバッシングを受け、大衆民主主義の恐ろしさを肌身に感じたこと。もう一つは、外交官としてソ連の崩壊を目の当たりにしたこと。一つの国家が崩れ落ちることで、どれだけすさまじい流血の事態が起こるのか、そこに慄然としたらしい。

 本書はまさに彼が目撃したソ連という帝国の崩れゆく様を描いたノンフィクションである。ソ連崩壊の内幕を当事者のすぐそばから観察した個々のエピソードは非常に興味深いし、そこから政治や外交のあり方、“インテリジェンス”の重要さを汲み取る人もいるだろう。だが、何よりも面白いのは、この激動を通してあぶり出された人間群像だ。佐藤の書くものの根底には、人はいかに生きるのかという問いかけが見え隠れする。政治論や“インテリジェンス”論ももちろん佐藤の得意分野ではあるが、そこで終ってしまう読み方はあまりにもったいない。その背後に伏流する、人間に対する佐藤の観察眼に私は最も魅力を感じている。

 新生ロシアでうまく立ち回った人もいる。しかし佐藤の眼は、時代の流れを理解しつつもどこか足を踏み外してしまった、いや宿命的に踏み外さざるを得なかった人々におのずと引きつけられていたようだ。モスクワ大学で佐藤と哲学や思想を語らって親友となった天才肌のラトビア人サーシャ。ロシア正教の聖職者だったが、国家と宗教の関係を考えつめてイスラムに改宗した黒衣の政治家ポローシン。私がとりわけ興味をひかれたのは二人の共産党幹部だ。そのうちの一人、ロシア共産党第二書記イリインの哀れな末路は『国家の罠』に描かれている。もう一人、リトアニア共産党第二書記だったシュベードの屈折した生き方にも哀愁が漂う。彼らの政治的スタンスについて後知恵で論評するのはたやすい。だが、哀しみや憤りを抱えながらもそれぞれの立場に否応なく立たざるを得なかった、そうした彼らに向けられる佐藤の眼差しにはあつくやさしいものを感ずる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

「オール・ザ・キングスメン」

 貧困階層の不満をバックに権力を握ったルイジアナ州知事ウィリー・スターク(ショーン・ペン)、彼が自らに対する弾劾決議案審議の成り行きを議場上方二階席から傲然と見下ろす姿が象徴的だ。不安と尊大さのないまぜとなったせわしない視線で議員一人ひとりの賛否をチェックしている。弾劾決議案は辛くも否決されたが、その直後、スタークは議事堂内で暗殺されてしまう。このカリスマ的政治家がのし上がっていく様子と、彼のために働きながらも振り回される新聞記者ジャック・バーデン(ジュード・ロウ)の抱えた葛藤とをこの映画は描いている。なお、1949年にも同タイトルの映画が製作されている(昔ヴィデオで観たはずなのだが、あまり覚えていない)。

 この映画の設定でスタークが銃弾に倒れるのは1954年のこととなっているが、実在したモデル、ヒューイ・ロングが暗殺されたのは1935年である。ロングは州知事、連邦上院議員としてルイジアナ政界で独裁的に君臨し、そのポピュリスティックな人気を背景に時の大統領フランクリン・ローズヴェルトをおびやかすほどの存在であった。ロングについては三宅昭良『アメリカン・ファシズム──ロングとローズヴェルト』(講談社選書メチエ、1997年)に詳しい。

 1930年代といえば、世界的にも既成政治に対する不満が共産主義やファシズムなど様々な形を取って噴出していた時期である。それは一種のカリスマ待望と結びついていた。スタークは当初、政治腐敗追及で名を上げた。そこに目をつけられて州知事選挙に担ぎ出されたものの、自分が単に利用されているに過ぎないことに気付く。開き直ってそれまでの愚直な政策演説をやめ、自らの怒りを率直に語りかけた。とりわけ業界と癒着した上流階級を標的とするアジテーションは大衆受けし、地滑り的な勝利を得る。権力を握った彼もまた腐敗とは無縁ではなかったが、「善は悪から生れる」と言い放つ。そこにはカリスマならではの確信犯的なすごみがある。「エビータ」(1996年)でのエヴァ・ペロンの描き方もそんな感じだった。アメリカ映画でカリスマ的政治家を描く場合の定型句という印象がある。

 ショーン・ペンの存在感に改めて感心した。彼を初めて知ったのは「デッドマン・ウォーキング」(1995年)での死刑囚役だったが、開き直りと処刑間際のうろたえと表情をしっかりと演じ分けていたのをよく覚えている。「アイ・アム・サム」(2001年)での知的障害者役は自然で違和感なかったし、「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」(2004年)での内向的でセンシティヴな暗さも印象に強い。

【データ】
原題:All The King`s Men
監督:ロバート・ゼイリアン
原作:ロバート・ベン・ウォーレン『すべて王の臣』(新装版、白水社、2007年)
出演:ショーン・ペン、ジュード・ロウ、アンソニー・ホプキンス、ケイト・ウィンスレット他
アメリカ/2006年/148分
(2007年4月15日、新宿武蔵野館にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

佐藤優『国家と神とマルクス』

 今日の夕方、友人から携帯にメールをもらい、佐藤優の最新刊『国家と神とマルクス──「自由主義的保守主義者」かく語りき』(太陽企画出版、2007年)が出たのを知った。早速買い求めて通読した。本書は、佐藤が雑誌や新聞に執筆した論考を集めている。中には、民族派系の『月刊日本』に掲載された「日本の歴史を取り戻せ」や、新左翼系の『情況』でのインタビュー記事「国家という名の妖怪」など、普段は目にする機会のない媒体に発表されたものも含まれている。論点があちこちとんで雑な感じもするが、それだけに彼の思考の途中経過がうかがわれて面白い。

 私が関心を持ったポイントをいくつかメモとして走り書き。初めに、「日本の歴史を取り戻せ」から。保守主義とは伝統に根ざしたものである。しかし、日本は日本の伝統から保守主義が語られるのと同時に、アメリカはアメリカなりの、中国は中国なりの、それぞれの立場での保守主義があるわけで、その点では本来、多元的なものである。ところが、昨今の保守論壇をみると、どうも議論が硬直していて、右派の持ち味であったはずの寛容さが失われている。そこで、佐藤は蓑田胸喜を取り上げ、“唯一の正しい日本”という蓑田のドクトリンはむしろ西欧近代的な言説であることを示し、注意を促す。これに対して、北畠親房『神皇正統記』を読み解きながら、多元的な意見の並立を許容する政治システムとして“権威”と“権力”の分離を日本の伝統として指摘し、これを担保する結節点として、力はなくとも“権威”の担い手である“皇統の連続性”に焦点を当てている。

 次に、「国家という名の妖怪」から。まず、藤原正彦『国家の品格』(PHP新書、2005年)の捉え方について。私自身はこれを駄本だと考えている。ただし、論理以前に情緒が大切であり、その情緒は文化風土の中で育まれるという、藤原が昔から主張してきた勘所については好意的に受け止めていた。感情的なナショナリズムから世間的にこの本が受け止められて、藤原が本来言いたかったことが意外と浸透していないのではないかと懸念していた。佐藤は、「語り得ぬことについては沈黙せねばならない」というヴィトゲンシュタイン『論理哲学論考』の末尾をしめくくる有名な一文を引き合いに出しながら、論理の世界と、論理では表わせない世界との区別として理解しており、全く同感である。

 それから、国家の超越性について。世俗化の傾向が強まる中、宗教は人間の生き死にの対象とはならなくなってきた。かわって、生き死にをかける対象としての超越性を国家に求めるようになってきている。そうした認識を踏まえて、「結局、我々は何らかの病気にかかっているので、病気から完全に逃れることはできないのだと思います。だからどういう病気になるかが問題なのだと思います。できるだけ他者に危害を加えない比較的ましな病気になるしかない。それぐらいしかないと思う(笑)。/私のかかっているキリスト教という病気は、他者に危害を加えることがときどきある。私がかかっているもう一つのナショナリズムも他者に危害を加える危険な病気です。だからその危険性をできるだけ、自己の利害得失から切り離して認識しておくことが必要と考えています。」(本書、226頁)という行き方は説得的に感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年4月8日 - 2007年4月14日 | トップページ | 2007年4月22日 - 2007年4月28日 »