« 2007年3月25日 - 2007年3月31日 | トップページ | 2007年4月8日 - 2007年4月14日 »

2007年4月1日 - 2007年4月7日

2007年4月 7日 (土)

「ボビー」

「ボビー」

 1968年、ジョンソン大統領の不出馬宣言を受けて民主党は予備選挙の真っ最中にあった。ロバート・ケネディはカリフォルニア州を制し、大統領の座へと一歩近づいたかに見えた。しかし、その夜、兄同様に凶弾に倒れてしまう。この映画は、ロバート・ケネディ暗殺の現場に居合わせて巻き添えを食った人々に焦点を当て、運命の夜までにそれぞれがたどった数日間を描き出した群像劇である。

 ヴェトナムの影におびえLSDに逃避する若者たち。ヴェトナム送りを免れるために偽装結婚するカップル。過酷な労働条件にあえぐヒスパニックの移民。株でもうけた大金持ちと芸術家気取りのその妻。進歩派気取りだが思考形態は封建的そのもののホテル支配人。黒人への偏見と闘う民主党の黒人スタッフetc.人種も出身階層も様々な人々の織り成す人生ドラマを垣間見ることで、ヴェトナム戦争期にアメリカが抱えていた矛盾を浮かび上がらせる。

 ケネディ神話はいまだに健在なのだなあというのがこの映画を観ての第一印象である。それ以上に深い感懐は覚えなかった。ケネディ兄弟がアメリカ政治に大きなインパクトを与えたことは事実だし、そこに見果てぬアメリカン・ドリームを重ね合わたくなる気持ちも分からないではない。しかし、こうまで伝説化されたケネディ像を押し付けられると少々辟易してしまう。たとえば、この映画の撮影部分ではロバート・ケネディは後姿しか出てこない。何となくイエス・キリストの生涯を描いた古い宗教映画を連想した。もちろん、実写映像と組み合わせているので整合性を慮ったのだとは思う。しかし、そうした実写へのこだわりも含めて、神話化への衝動にはあまり感心しない。

【データ】
原題:BOBBY
監督・脚本:エミリオ・エステヴァス
出演:アンソニー・ホプキンス、デミ・ムーア、シャロン・ストーン、マーティン・シーン、イライジャ・ウッド他
アメリカ/2006年/120分
(2007年4月7日、渋谷、アミューズCQNにて)

| | コメント (0)

2007年4月 6日 (金)

島田裕巳『中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて』

島田裕巳『中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて』(亜紀書房、2007年)

 私は中沢新一、島田裕巳のどちらに対しても特に悪意は持っていない。本書を読む前からも、読んだ後も。島田が展開する中沢批判を理解しつつも、同時に中沢への興味がむしろ強まっていくという奇妙な読み方を私はしていた。島田なりに中沢の思想を整理するのを見ながら、何やらデモーニッシュに怪しい魅力が中沢にはあることをかえって印象付けられたからだ。

 実のところ、私は中沢のあまり良い読者ではなかった。最近では『精霊の王』(講談社、2003年)や『アースダイバー』(講談社、2005年)を興味深く読んだものの、他の著作ではたいてい途中で脱落してしまう。彼の晦渋でまわりくどい言い回しで示されたイメージにひかれつつも、どこか感性が違うせいか、読みながら気分がのらないのだ。それでも気になるという微妙な距離感があった。

 中沢という人にはちょっと不思議な印象を以前から持っていた。感覚の深みを鋭く見つめているように思って感心したこともあれば、逆に何と陳腐なことを言っているのかとあきれたり。その落差というか、振幅の激しさそのものに興味がわいていた。島田は中沢についてこう指摘する。中沢は宗教学者ではなく、いまだにチベット密教の修行者の世界から抜け出していないこと。誤解をおそれて相手に応じて発言のニュアンスを変えていること。彼をどう評価したらいいのか戸惑った印象からも私は納得できるように感じた。

 島田の批判は、必ずしも中沢を標的にしなくとも成り立つように思われる。たとえば、『虹の階梯』(私は未読。平河出版社、1981年。中公文庫、1993年)で中沢が描き出したヴィジョンを俎上にあげている。中沢はヴィジョンだけを示して、そこに至る方法論は書かなかった。その方法論を修行という形で麻原が編み出した。だから、オウム真理教に信者が集まった、という。しかし、そうしたヴィジョンにひかれる人々がそもそも潜在的にいたわけだ。彼らは『虹の階梯』がなくても別の形で同じものを求めたのではないか。

 本書で核心をなす議論は“霊的革命”と“リセット願望”とのつながりを指摘したあたりにある。現実の世界を変革すべきもの、否定すべきものと捉え、その忌むべき現実世界を破壊するカタルシス──。中沢が示したそうした傍観者的に身勝手な破壊願望に、テロを正当化する危うさを島田は見出している。

 “リセット願望”は私にとって他人事ではない。阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件と大惨事が立て続けに起こる中、私はまだ学生だった。友人との雑談で、「こんなことおおっぴらには言えないけど、今度は何が起こるんだろうって期待感があるよね」と互いに話し合ったのを覚えている。あるいは9・11のとき、「アメリカ、ざまーみろ!」と身が震えたことも思い出す。

 無論、良識的な立場からは間違った態度であることは重々承知していた。だから、人前でこんな発言をすることには後ろめたさがあった。しかし、こうした感覚が理屈以前にわきおこったことも事実なのである。島田の言う傍観者的で身勝手な“リセット願望”は、中沢に限らず、オウムに限らず、そして私自身にも限らず、多くの人々が心中に感じたのではないか、ただポリティカルな配慮から軽々しく口には出さなかっただけなのではないか、そうした疑いを抑えられない。

 島田の議論はポイントをきちんとおさえていると思う。ただしそれは、中沢個人に責任を帰している点においてではない。中沢個人なんて別にたいした問題ではない。我々の社会の抱える問題、とりわけ安定しているかのように見える社会が内包したニヒリスティックな破壊衝動、そこを中沢をたたき台にして照射しようとしている点で真摯な問題提起を試みているものと私は受け止めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

梅佳代『うめめ』

 昼休み、職場を抜け出してよく行く書店がある。ここは美術書のスペースがきちんと確保されているのでお気に入り。大型書店ほど量は多くないが、とりわけ写真集の棚がセレクトされた上で質的に充実しているので見やすい。

 私はカメラに関しては素人でよく分からないのだが、写真集を眺めるのは楽しい。ただし、それなりに値段がはるので気軽には買えない。面白そうなのがあっても衝動買いはできるだけセーブし、ここに通って何回か立ち見を繰り返しながら、ふと気持ちがその本とシンクロした時に買う(と言いつつも、植田正治の写真を再編集した『吹き抜ける風』(求龍堂、2006年)が新刊として出ているのを見かけた時には即決でレジに向かったが)。

 さて、お題に掲げた梅佳代『うめめ』(リトルモア、2006年)。出た当初から何となく面白そうだと思ってパラパラめくっていたし、木村伊兵衛賞を受賞したのも知っていた。しかし、買ったのはつい先週のこと。決め手は2枚の写真。

 一枚は、夏祭りの時であろうか、手にシャボン玉を浮かべた幼稚園くらいの女の子。特にかわいい顔立ちをしているわけではないが、首をかしげた笑顔が健康的にコケティッシュな良い感じで、つい見入ってしまった(断っておくが、私はロリコンではない)。

 もう一枚は、デパートの屋上、戦隊ものヒーロー、サイン会でのワンシーン。会議室用長机の前に背筋をピンとのばして座る着ぐるみのヒーロー(何という名前なのかは知らない)が、サインペンをしっかりにぎり、次のお客さんを待っている。デパート屋上のものさびれた雰囲気を思い浮かべて、やけに姿勢の良い戦隊ヒーローとのキッチュな取り合わせが妙におかしい。思わず吹き出してしまった。一人で笑っていると不審がられるので買おうと決断した次第。

 とにもかくにも、この『うめめ』、よくこんなシャッターチャンスを逃さなかったものだと感心する。別に大げさなものではない。ほほ笑ましいと言おうか、くすぐったいように笑える。

 木村伊兵衛賞を『うめめ』と同時受賞した本城直季『small planet』(リトルモア、2006年)も実際の風景をミニチュア模型のように撮るというアイディアは面白いが、それはど興味は引かれなかった。ここしばらくずっと気にかかっているのが中野正貴『TOKYO NOBODY』(リトルモア、2000年)。刊行されてからもう7年経つが、いまだに面陳されている。奥付をみるとすでに8刷。お正月やお盆の早朝だろうか、人間の誰もいない東京の各地を撮りためた写真集。よく見知っているはずの風景が違った容貌を見せており、その微妙な違和感が良い。手元に置いておきたいと思ってはいるのだが、なかなか買おうというインスピレーションがわかない。なぜなのか、我ながらよく分からない。いずれ買うだろうとは思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

「さくらん」

「さくらん」

 吉原の遊女を主人公とした時代ものという心づもりで観に行くと腰をぬかすだろう。蜷川実花の撮る写真は目にどぎついまでにカラフルな鮮やかさが強く印象に残っていた。そうした彼女の色彩感覚にそのまま動きを持たせたのがこの映画である。安野モヨコの原作を私は知らない。蜷川実花の映画初挑戦ということでカラフルな映像絵巻が繰り広げられるだろうと見当はついていたものの、吉原のお話ならストーリーはどう工夫してもまったりした感じになるのだろうと思っていた。ところが、蜷川の映像に椎名林檎の激しいリズムが重なって実にきらびやか。退屈はしない。これは時代劇ではないので、その点お間違いのないように。

 主演の土屋アンナは、私には「下妻物語」でのヤンキー役の印象が強くこびりついているのだが、「さくらん」でもキャラクターがあまり変わらない。メーキャップするとパッチリと大きく見ひらいた目が際立ち、安野モヨコの作品にそのまま出てきそう。花魁にしては異形の相だけど、それだけに存在感が強い。菅野美穂や木村佳乃も上玉の役柄で登場するが、その割には地味で華がない。土屋の引き立て役か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「蟲師」

「蟲師」

 人にとりついた蟲(ウィルスのように自然界のあちこちにうごめく物の怪のような存在と言えばいいのだろうか?)を払うことをなりわいとする蟲師のギンコ(オダギリ・ジョー)は旅を続けている。彼は自分自身の素性を知らない。ある日、昔なじみの淡幽(蒼井優)からすぐ来て欲しいとの連絡を受けた。行ってみると彼女は倒れていた。淡幽は蟲の記録をとり続けているのだが、訪ねてきた老女の蟲師から聞いた話を筆記しているうちに何やら異常が起こった様子。実はその老女の話にはギンコの失われた記憶の秘密が隠されているのだが…。

 大友克洋が初めて実写に取り組んだ作品。華々しい蟲退治のシーンでもあるのかと思っていたら、意外に落ち着いたトーンで一貫していた。漆原友紀の原作を私は知らないのだが、設定を理解するのに時間がかかったせいかストーリーの成り行きがいまいちのみこめないままだった。前半部分、ギンコが蟲払いを行なうシーンと、ぬい(江角マキコ)と少年との出会いのエピソードとが交互に出てくるので、てっきり同時進行している話題が後で一つになるのかと思っていたら、時間的な前後関係になっていた。前知識を持っていた方が楽しめるだろう。

 映像が二つの点でよく出来ている。一つ目は、蟲の描き方。蟲が自然界に溶け込んでうごめいている様子がCGの効果で違和感なく描写されていた。二つ目は、木々の豊かな風景。「電気の明かりが増えてきたな」というセリフがあるので時代設定は明治初期なのだろうが、日本の近代化する以前の暗がりと木々の青さとが非常に印象的だった。こうした映像づくりのおかげで、怪しのものが日常にとけこんでいる雰囲気がよく出ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

「不都合な真実」

 アメリカ発で異例なほどヒットしたドキュメンタリー映画としてはマイケル・ムーア「華氏911」を思い浮かべる。ノリがよくて確かに小気味よくみられた。しかし、ブッシュ政権批判というよりも人身攻撃に近い悪ふざけが目立つ。ドキュメンタリー映画として守るべき一線を越えて、単なるアジテーションに過ぎない。ブッシュ政権に何らシンパシーを感じていない私でも不快な後味の悪さが残った。こんなトンデモ映画がなぜ日本でももてはやされるのか理解に苦しんだ(と言いつつ、一部の情緒的反米知識層の存在がうすうす感じられたが)。

 今度はゴアである。やはり民主党系である。あまり気は進まなかったのだが、私は話題になった映画はできるだけチェックするよう心がけている。そろそろ上映期間も終わりそうなので重い腰を上げた。

 結論から言うと、意外によくできていた。観て決して損はしない映画だと思う。私が今さら言うことでもないが、地球温暖化をテーマとした啓蒙映画である。データを示したグラフや実際に環境が変化しつつある映像で迫られると、否応なしにその説得力に圧倒されてしまう。地球温暖化と言っても氷河期以来の周期的なものではないかという説もあることを半端な知識として知っていたが、グラフの異常な伸びを突きつけられてあえなく粉砕された。

 観客を飽きさせないためには物語が必要である。データや映像だけでも十分質の高いドキュメンタリー映画はできるが、見慣れていない観客は退屈してしまう。そうならないためには、誰か主人公をフィーチャーして、その人物のライフストーリーと重ね合わせるのも一つのやり方だ。この映画にはゴアのプロモーション映画という雰囲気があって、ひょっとすると次の大統領選をにらんでいるのかなとも疑わせる。しかし、その点は割り引いた上で、政治ネタを織り込みながら工夫したのだと私は肯定的に受け止めている。

 ゴアの好き嫌いは別として、一つのライフワークを持っている政治家にはやはり敬意は抱く。それにしても、アメリカの政治家というのはプレゼンが実にうまい。一般の人々に迎合しすぎず、高飛車にもならず、環境問題の啓蒙活動を行なう姿がさまになっていた。

【データ】
原題:An Inconvenient Truth
監督:デイビス・グッゲンハイム
出演:アル・ゴア
アメリカ/2006年/96分

(2007年3月31日、日比谷・みゆき座にて)

| | コメント (0)

« 2007年3月25日 - 2007年3月31日 | トップページ | 2007年4月8日 - 2007年4月14日 »