« 2007年3月4日 - 2007年3月10日 | トップページ | 2007年3月18日 - 2007年3月24日 »

2007年3月11日 - 2007年3月17日

2007年3月17日 (土)

仁多見巌『異境の使徒──英人ジョン・バチラー伝』

仁多見巌(にたみ・いわお)『異境の使徒──英人ジョン・バチラー伝』(北海道新聞社、1991年)

 未知の領域の開拓者には大雑把に言って二つのタイプの動機が働いている。一つはロマン、もう一つは使命感。十九世紀の東洋学の展開において、前者は冒険者気質を持った考古学者・民族学者の探検として表われ、後者はキリスト教の宣教師の活動に見ることができよう。本書が取り上げるジョン・バチラー(John Batchelor、1854~1944年、バチェラーとも表記される)もそうした情熱に駆られた宣教師の一人であった。

 バチラーの名前が特筆されるのはアイヌ研究の先鞭をつけたことにある。彼は『アイヌ・英・和辞典』(初版、北海道庁、1889年。第二版、教文館、1905年。第三版、教文館、1926年。第四版、岩波書店、1938年)の編纂をたゆまず続けたほか、アイヌの人々から直接聞き取った民俗学的な資料も貴重である。こうした彼の蓄積がたたき台となって、その後の金田一京助や知里真志保たちの手によってアイヌ学が大きく展開されていく。

 ただし、バチラーは学業中途のまま北海道へ派遣されたこともあってアカデミックな訓練を受けていない。彼の刊行した辞典には方言が混在していたり、言語学的な検証もないまま踏み込んだ単語・地名解釈に踏み込んだりと不備も多々あったらしく、後に知里は「言霊(ことだま)を虐殺した」とまで激しく論難している。しかし、バチラーがほとんどゼロの地点から出発したことを思えば、彼の業績を全否定してしまうのは酷であろう。

 バチラーはイギリス生まれ。北海道に来たのは1877年のこと。前年の1876年には有名なクラーク博士が札幌農学校に着任している。最初の伝道者であるデニング司祭が函館に来たのが1874年だから、まだ伝道の端緒についたばかりの頃であった。バチラーはいったん勉学のためイギリスに帰国した。ところが、デニングが異端説を唱えてイギリス国教会から離脱するという事件が起こり、人手を埋めるためバチラーは学業半ばにして函館に戻った。

 なお、デニングはその後、日本の文部省に雇われ、晩年は仙台の旧制二高で英語を教えていた。その頃には徹底した宣教師嫌いとなっており、死ぬ間際にもキリスト教の儀式を一切拒んだという。この人物も興味深い。

 若きバチラーは若干つつしみに欠けるものの、ユーモアのセンスがあってアイヌの人々の心を自然につかんだ。とりわけ、アイヌの有力者、ベンリウク首長と仲良しになったおかげで信者数は急速にのびた。

 彼はアイヌ語を使って語りかけるよう心がけた。アイヌ語に訳した讃美歌を歌い、アイヌ語に翻訳した聖書を一緒に読んだ。アイヌの子供たちにローマ字化したアイヌ語を教えることもあった。布教対象の言語を用いるのは当然と言えば当然なのだが、当時は日本政府による同化政策が推し進められていた時期である。政府ばかりでなく日本人信徒の間からも反発が起こった。しかし、バチラーはたゆまず努力を続け(その成果の一つがアイヌ語辞典である)、それはアイヌの人々の間で自分たちの言葉への愛着を思い出させることにつながった。

 その後、彼は伝道師をやめて社会事業に目を向け、教育施設・授産施設の設置・運営に尽力した。1930年代になると日本とイギリスの関係も険しくなり、バチラーも肩身の狭い思いをするようになる。日本政府のプロパガンダに利用されたこともあった。結局、1940年に日本を離れてイギリスの故郷に帰った。すでに87歳であった。戦争中の1944年に死去。

 バチラーはアイヌ語研究の先達として知る人ぞ知る存在だが、そのパーソナリティーにも独特なところがある。手かざし治療や、予言・透視力など少々オカルトめいた傾向があったり、八十歳を過ぎてから亡妻の姪と再婚したりとエピソードもなかなかおもしろい。また、目立ちたがりの“お殿さま”徳川義親との交流も興味深い。

 バチラーには日本語で書かれた『我が記憶をたどりて』という自叙伝があるが、たどたどしくて内容的にも意を尽くしていない感じがするらしい。彼の生涯を知ろうにも類書がないため、その概略がうかがえる点で本書『異郷の使徒』は貴重な伝記である。当時の政治的背景やアイヌ学の観点から掘り下げた分析が欲しいところだが、これからの研究に期待しよう。なお、彼の養女となったバチラー八重子の『若きウタリに』は岩波現代文庫で復刻されている。

| | コメント (0)

2007年3月16日 (金)

倉田保雄『エリセーエフの生涯』

倉田保雄『エリセーエフの生涯──日本学の始祖』(中公新書、1977年)

 本格的なジャパノロジーの始祖として位置づけられるセルゲイ・エリセーエフ(1889~1975年)はロシアの裕福な家庭に生れた。彼が日本に関心を抱くようになったきっかけとしては、少年時代、絵画を習っていた先生のもとで広重や北斎を知り、その魅力にとりつかれたこと。若い頃にありがちなロマノフ朝への反体制的な気分が折りしも勃発した日露戦争(1904~05年)に重ねあわされたこと、などの事情があったらしい。

 1908年、外国人としては初めて東京帝国大学に入る。日本名は「英利世夫」。江戸時代の文学に取り組んで松尾芭蕉について卒業論文を書き上げるなどアカデミックな研鑽を積む一方で、なかなか洒脱な人だったらしく、寄席に通って流暢な話術を身に付けたり、金にあかせて派手な芸者遊びをやったりというエピソードも伝わっている。同窓の小宮豊隆の縁で夏目漱石の木曜会にも出入りしていた。

 外国の研究は、研究をしている本人にとってはロマンや好奇心に導かれたものであっても、そこで得られた知見の使い道にはまた別の思惑がかぶさってくる。東洋学研究の草創期をみると必ずと言っていいほど政治の影があちこちにちらつくが、エリセーエフもその例外ではあり得なかった。

 帝国大学を卒業後、母国からお声がかかって帰国、ペトログラード大学で日本語を教えるようになる。時はちょうど第一次世界大戦(1914~18年)の真っ最中。1917年にはロシア革命がおこり、その混乱にエリセーエフも翻弄される。財産を没収された上、襲いかかってきた食糧難に、御曹司育ちの彼は家族を抱えて途方にくれた。言論統制は厳しくなり、義弟が銃殺刑に処せられたりと不安な日々、エリセーエフは逮捕される。連行される際、漱石の作品をカバンの中に詰め込んだという。この時は知己の尽力で何とか釈放されたが、次はいつ逮捕されるか分かったものではない。1921年、フィンランド経由で密航し、パリに亡命した。なお、このあたりの経緯については日本語で手記をつづり、『赤露の人質日記』というタイトルで朝日新聞社から刊行された(その後、中公文庫に収録)。

 1932年、フランス国籍を取得。ちょうどその頃、ハーバード大学で東洋語学部を充実させる計画が進められており、著名な東洋学者ポール・ぺリオの推薦でエリセーエフがその部長に招聘された。彼はアメリカが好きではなくソルボンヌに残りたかったらしいが、生活苦のためしぶしぶ引き受けたらしい。1932年という時期からすぐ分かるように、アメリカは対日戦争を視野に入れていた。ただし、そうした政治的意図とはまた別に、彼の門下からは多くの優秀な東洋学者が巣立っていった。後に駐日大使となるエドウィン・ライシャワーは、その中でも最もエリセーエフから嘱望されていた。

 第二次世界大戦で東京の大半は焼け野原となったが、なぜか神保町の古書店街は空襲から免れた。一説によると、文化遺産としての書籍が灰になってしまうのを憂えたエリセーエフがマッカーサーに進言して、神保町一帯を攻撃目標から外してもらったのだという。真偽のほどは分からないが、政治に翻弄された東洋学の歴史の中にこうしたエピソードがあることは救いと言えよう。

| | コメント (0)

2007年3月15日 (木)

『鴨川ホルモー』『夜は短し歩けよ乙女』

 売場の書店員による投票で選ばれる本屋大賞が来月に発表される。今年で四回目。過去の受賞作を振り返ってみると、第一回の小川洋子『博士の愛した数式』(新潮社、2003年)は私も好きな作品だった。第二回の恩田陸『夜のピクニック』(新潮社、2004年)は、ストーリーとして嫌いではないはずなのだが、読んだ時に気持ちがのらなかったせいか、読みさしのままほったらかし。第三回、リリー・フランキー『東京タワー~オカンと、ボクと、時々、オトン』(扶桑社、2005年)の評判は高いが、私は未読。

 今回の候補作のうち、万城目学(まきめ・まなぶ)『鴨川ホルモー』(産業編集センター、2006年)と森見登美彦(もりみ・とみひこ)『夜は短し歩けよ乙女』(角川書店、2006年)の二冊を今週読んだ。いずれも、京大出身者による京大を舞台とした物語。主人公のそれこそ妄想が暴走しかねない片思いを軸とした珍妙な筋立てという点でも共通する。また、二人とも冗談を織り交ぜた説明口調の文体だが、テンポがいいのでくどくない。

 『鴨川ホルモー』

 ひょんな行きがかりで京大青竜会なる正体不明のサークルの新歓コンパに顔を出した安倍。入るつもりはさらさらなく、食うだけ食っておさらばしようと思っていたが、居合わせた鼻の美しい女性に一目ぼれ。そのままズルズルと入会してしまう。ここは実は陰陽道のロジックに則って運営されており、他大学にある同様のサークルと式神を使って戦わねばならない。安倍は失恋の絶望感から脱会しようとするのだが…。読みはじめ、何やらグダグダした学園生活ものかと思っていたら、意外な展開でなかなか面白かった。

 『夜は短し歩けよ乙女』

 黒髪が美しくお酒の大好きな世間ばれした少女と、彼女に一目ぼれした青年。二人のモノローグが交互に繰り返されながらストーリーが展開される。稀覯本を求めて我慢比べ大会に参加したり、シュールにドタバタした学園祭でゲリラ演劇に巻き込まれたりと、その奇抜さが面白い。何よりも、清楚な落ち着きと、天真爛漫で独特な世界とをあわせ持った少女が不思議に魅力的である。万人受けする小説ではないので大賞は取れないだろうが、私は結構好きだ。

| | コメント (0)

2007年3月14日 (水)

近衛文麿『戦後欧米見聞録』

近衛文麿『戦後欧米見聞録』(中公文庫、改版、2006年)

 第一次世界大戦の戦後処理のため開催されたパリ講和会議に出席する全権大使・西園寺公望一行の中に若き日の近衛文麿の姿があった。本書には、講和会議のかたわら欧米各地を見て回りながら彼の見たこと、感じたことが率直に綴られている。人物や風景の描写がなかなか巧みで、意外と読ませるのには少し驚いた。

 彼はヨーロッパ各地の名所旧跡をめぐりながらも、そこかしこに戦禍の傷跡を見出した。ランスの大聖堂を見ても、ここが有数の激戦地であったことに思いを馳せる。ブリュッセルでは国際法の大家・デカン男爵に会い、彼の家族が大戦で惨殺されたことを聞いて言葉をつまらせる。こうした見聞を踏まえて、このたび国際連盟が結成されることは一つの必然であるとまで言う。

 しかし、講和会議の議場に戻って近衛が目の当たりにしたのはもう一つの現実であった。彼はウィルソンの理想主義には賛辞をおくりながらも、やはり力の支配という鉄則は今なお厳然として存在すると指摘する。イギリスは植民地の代表を会議に参加させない。講和会議には二十ヶ国以上が集まりながら、実質的には五大国ですべてが決められ、他の国はその決定に同意する以外には何もできない。

 近衛は講和会議について他にもいくつか的確な見解を示している。プロの外交官の時代から、公開外交の時代に変わっており、何よりもプロパガンダが大きな役割を果たすこと。日本はこれが下手で他国に遅れを取っている。これからの外交官には政治家としての見識も必要になること。日本の利害に直接関わることについては積極的に発言するが、世界全体のレベルでの問題への知識も関心もないため、利己一点張りの国だと言われていることなど、講和会議への分析を簡潔にまとめている。

 また、イギリスに行った折には次のような観察をしている。ロイド=ジョージ首相は戦勝の勢いに乗って議会を解散し、大勝した。しかし、一時の興奮状態で出来上がった議会構成は国民輿論の真意を代表しているわけではない、必ずゆりもどしがあるであろう、冷静沈着なイギリス人らしくないと批判する。また、ジョージ王と民衆との良好で密接な関係を指摘して、こうした立憲君主制を模範とすべきだとも言っている。彼が理想とする議会政治のあり方が窺われて興味深い。

 本書はまず1920年に外交時報社出版部から刊行され、1981年には近衛の娘婿で秘書を務めた細川護貞による解説付きで中公文庫に収められた。2006年の改版時にフランス文学者の鹿島茂が寄せたエッセーがさらに付け加えられている。

| | コメント (0)

2007年3月13日 (火)

加藤九祚『天の蛇──ニコライ・ネフスキーの生涯』

加藤九祚(かとう・きゅうぞう)『天の蛇──ニコライ・ネフスキーの生涯』(河出書房新社、1976年)

 ニコライ・ネフスキー(1892~1938)の論文が『月と不死』というタイトルで平凡社の東洋文庫に収められていることは知っていたが、私はまだ読んだことがなかった。そのさわりが本書『天の蛇』に引用されている。日本語としてこなれているというレベルをはるかに超えて、詩的に情感が流れるような美しい文章であった。

 ネフスキーはロシアの帝政末期、ペテルブルク大学東洋語学部を卒業し、官費留学生として1915年に日本へ派遣された。柳田國男、折口信夫、金田一京助をはじめ多くの日本人学者たちと交流しながら民俗学の研究を行なう。とりわけ、飲めば若返るといわれる変若水(おちみず)の伝承を取り上げて月の信仰と不老不死とのつながりを論じた「月と不死」が知られている。また、言語学的な関心も強く、アイヌ語や宮古島方言について論文を発表しているほか、中央アジアの失われた言語・西夏語の研究にも精力的に取り組んだ。

 日本にいる間にロシアでは革命がおこり、国情はすっかり変わってしまった。ネフスキーは日本で結婚して子供もいる。だが、西夏語の資料はロシアが最も充実している。西夏語研究への情熱はやみがたく、彼は帰国を決意した。

 母国でネフスキーを待ち受けていた運命は過酷であった。帰国したのは1929年。すでにスターリンによる大粛清の嵐が吹き荒れているばかりでなく、ソ連と日本は緊張関係にあった。日本から帰国したばかりのネフスキーに対する風当たりは厳しい。西夏語研究への情熱だけを拠り所としていたが、1937年、ついに秘密警察がやって来て収容所に送られた。連行されるとき、柳田國男の『遠野物語』をカバンに詰め込んだという。日本からついて来たイソ夫人もやがて逮捕され、二人は離ればなれとなったまま死を迎えることになる。

 著者はシベリア・中央アジア研究で知られる民族学者で、ネフスキーの学問を理解する上で必要な背景も本書にはしっかり書き込まれている。そればかりでなく、異国へのロマンに駆り立てられた東洋学者の生涯、その随所でちらつく不穏な政治の影を描き出す筆致には著者自身の思い入れが強く感じられ、胸を打つ。

| | コメント (0)

« 2007年3月4日 - 2007年3月10日 | トップページ | 2007年3月18日 - 2007年3月24日 »