« 日本の旧植民地について3冊 | トップページ | フェイ・阮・クリーマン『大日本帝国のクレオール』 »

2007年12月29日 (土)

佐藤優の新刊2冊

 佐藤優『国家の謀略』(小学館、2007年)は『SAPIO』誌でのインテリジェンスをテーマとした連載をまとめた本。陸軍中野学校出身者の死生観を取り上げた箇所に興味を持った。佐藤は原田統吉『風と雲と最後の諜報将校』から「名誉も金も権力も地位も要らないという心境だけではまだ足りない。売国奴の汚名や変節漢の罵声を甘受するだけでもまだ不足である。任務の為には時として名声や金を得ることさえ厭わない、という逆説が平然と現実のものとなるのでなければ真物(ほんもの)ではない」という一節を引用している。読みながら、本当に悟りをひらけば世俗の欲望も平気で受け入れてしまうという禅僧の話を思い浮かべた。目的合理性を追求すると、自分自身をも道具として使い捨てするという発想になる。“自分”などないのだから、目的のためにはすべてがよし、という境地。では、目的とは? 神なき現代において、命を棄てる対象となる超越性はナショナリズムに求められているという佐藤の指摘は傾聴に値する。

 佐藤優『インテリジェンス人間論』(新潮社、2007年)は人物論的なエッセーを集めている。『国家の罠』や『自壊する帝国』を読んだとき、ソ連崩壊に伴う混乱期に人々の見せた情熱や悲哀や裏切りがつぶさに観察されていて、この人は外交官や学者という以上に作家として素晴らしいアンテナを持っていると感心したのが佐藤優に入れ込むようになった理由の一つだ。そうした点で本書も面白い。

 私はユダによる福音書やパウル・ティリッヒについての章に興味を持った。キリスト教神学の思考構造をこれほどかみ砕いて説明できる人は珍しい。以前、『国家の罠』を読了直後、この人は他に何を書いているのだろうと探し、彼の訳したチェコの神学者フロマートカ『なぜ私は生きているか』(新教出版社、1997年)を手に取ったことがある。私は佐藤のインテリジェンス論や外交論にも関心はあるにしても、実はそれほど重きは置いていない。むしろ、そうした議論の行間から透けて見えてくる彼の人生観に興味を引かれている。『国家の罠』で漠然とながらも感じ取った彼の感性が本書巻末に掲載された解説論文によく表われていて、これを読んで以来、彼の本格的なキリスト教論を読んでみたいという希望を持っている。

 新刊として他にも『私とマルクス』(文藝春秋、2007年)、『国家論』(NHKブックス、2007年)も出た。こちらは内容が濃そうなので時間をかけて読むつもり。

|

« 日本の旧植民地について3冊 | トップページ | フェイ・阮・クリーマン『大日本帝国のクレオール』 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/17521320

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤優の新刊2冊:

« 日本の旧植民地について3冊 | トップページ | フェイ・阮・クリーマン『大日本帝国のクレオール』 »