« 近藤ようこの作品 | トップページ | ミャンマー(ビルマ)情勢の背景 »

2007年9月29日 (土)

御厨貴『馬場恒吾の面目』

御厨貴『馬場恒吾の面目──危機の時代のリベラリスト』(中央公論社、1997年)

 馬場恒吾(1875~1956年)は戦前から戦後にかけて、主に政治評論で健筆を振るったジャーナリストとして知られる。彼の論調を意地悪に見て、戦前は微温的、戦争中は表舞台から引っ込んでいただけ、戦後は吉田茂政権に協力した保守主義者というイメージで捉える向きもある。しかし、議会政治の擁護という点では一貫しており、戦前における右翼、戦後における左翼という両極論にぶれずに筋を通したあたりは、オールド・リベラリストとしての面目躍如たるものがある。

 本書は、馬場が『読売新聞』で政治コラムの執筆を始めた1932年以降に焦点がしぼられる。すでに齢五十七であった。この年には五・一五事件がおこっており、軍国主義の暗雲が日本中にたなびきつつある中、政党政治の再生を願って論陣を張った。彼のコラムはとりわけ政治家の人物評論として好評を博していた。政党政治の原理原則論から鋭利な批判を加えつつ、同時に政治家個人の人間味あふれる個性も描き出す筆致に魅力があった。しかしながら、言論そのものが制限される中で、1940年、コラムは終了。本書は馬場の政治評論を通して1930年代の政治状況を活写してくれる。

 戦争中は憲兵に監視され逼塞していた馬場だが、戦後は再び脚光を浴びることになる。戦後における馬場を論じた第七章のタイトルは「戦う民主主義者」。公職追放となった正力松太郎に代わって読売新聞社長に就任した馬場は読売争議に直面するが、左傾化著しい組合側の無茶な要求には一歩も引かず切り抜けた。

 友人だった正宗白鳥は馬場の追悼文の中でこの読売争議で彼の示した手際に言及し、かつての評論家的な傍観者から当事者へと跳躍したことへの驚きを漏らしている。言論の自由が軍部によってむざむざと奪われたことへの無念の思いがバネとして働いたのだろう。なお、正宗は『読売新聞』で文壇人物評論を執筆していたことがあり、馬場の政界人物評論と共によく読まれていた。

|

« 近藤ようこの作品 | トップページ | ミャンマー(ビルマ)情勢の背景 »

人物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/16590336

この記事へのトラックバック一覧です: 御厨貴『馬場恒吾の面目』:

« 近藤ようこの作品 | トップページ | ミャンマー(ビルマ)情勢の背景 »