« 「明日、君がいない」 | トップページ | 「神童」 »

2007年5月 3日 (木)

「世界はときどき美しい」

「世界はときどき美しい」

 前売券を買ってあったのを思い出し、やはり会社帰りに観に行った。5本立てオムニバス形式の映像詩。30代後半にさしかかったヌードモデル(松田美由紀)の独白。大阪の飲み屋街を渡り歩いて飲んだくれる老人(柄本明)。恋人と体で触れ合いながらもどこか気持ちがつながれないもどかしさを感ずる女の子(片山瞳)。自分がここに存在することの不安定な感じから宇宙に関心を寄せた青年(松田龍平)。私が気に入ったのは第五話「生きるためのいくつかの理由」の一人暮らしの母(木野花)と気遣う娘(市川実日子)。ストーリーがどうというよりも、登場人物の表情の捉え方や、とりわけ時折映し出される風景が良い。映像の粗い感じはそうした表情や風景の持つ情感をよく引き出しており、一瞬一瞬の持ついとおしさ、美しさを感じさせる。

【データ】
監督・脚本:御法川修
2006年/カラー/70分
(2007年5月2日レイトショー、渋谷、ユーロスペースにて)

|

« 「明日、君がいない」 | トップページ | 「神童」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/14971980

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界はときどき美しい」:

» 電子交差点 [映画「世界はときどき美しい」 公式Blog]
映画 『世界はときどき美しい』 の監督・御法川修と、映画女優デビューを飾った片山瞳の交換ブログ。 ネット上で見つけた映画の感想を紹介させていただきました。 [続きを読む]

受信: 2007年5月 9日 (水) 22時54分

» 「世界はときどき美しい」映画館レビュー ずっと美しい世界 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
ツイていない今日一日の最後にこの映画。まさに今日のトリ。世界はときどきではなく、ずっと美しかった。でも僕は、ときどきの美しさを観たいと思って映画館に来たのだ。 [続きを読む]

受信: 2007年6月10日 (日) 01時08分

« 「明日、君がいない」 | トップページ | 「神童」 »