« 宮城大蔵『バンドン会議と日本のアジア復帰』 | トップページ | タワー・レコードにしてやられた »

2007年4月30日 (月)

「ロストロポーヴィチ 人生の祭典」

 先週の4月27日、チェリスト・指揮者として世界的に著名なムスティスラフ・ロストロポーヴィチが亡くなった。80歳だった。この作品の日本上映が始まった矢先のことだ。原題は“Elegy of Life : Rostropovich, Vishnevskaya”となっており、ロストロポーヴィチばかりでなく、夫人のヴィシネフスカヤと二人を等分にテーマとしている。周知の通り、ガリーナ夫人もまた世界的に広く知られたソプラノ歌手である。迂闊なことに上映が始まるまで気付いていなかったのだが、アレクサンドル・ソクーロフ監督の手になるドキュメンタリー。

 私はショスタコーヴィチが昔から好きだったので、この二人の演奏を収録したCDをそれぞれ何枚かずつは持っている。だが、二人のパーソナリティーを窺い知るのは初めてだ。ロストロポーヴィチはお茶目で陽気。おどけてみせたり、インタビューには早口でまくし立てるかと思うと、演奏する時の目つきは険しい。落ち着かないが、エネルギッシュ。何よりも愛嬌があって、地位や身分にかかわらず誰でも引付けてしまう。やさしい音楽家一家に生まれ育った天真爛漫な才能ならではの持ち味である。

 夫のはしゃぎぶりに対して、ヴィシネフスカヤはその落ち着き払ったたたずまいが印象的だ。女帝とでも言おうか、傲岸にすら感じさせる雰囲気はむしろ怖い。しかしながら、語りを聞くと非常にしっかりしている。彼女は両親から事実上捨てられ、祖母のもとで貧しい生活を強いられた。専門の音楽教育を受けないでボリショイ劇場の舞台に立った稀有な人である。ロストロポーヴィチの明るさは魅力的だが、それ以上にヴィシネフスカヤの硬い表情の裏に何があるのか、そちらの方に興味がひかれた。たしか『ガリーナ自伝』が翻訳されているはずだから読んでみよう。

【データ】
監督・脚本:アレクサンドル・ソクーロフ
出演:ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、ガリーナ・ヴィシネフスカヤ、小澤征爾、クシシトフ・ペンデレツキ
2006年/ロシア/101分
(2007年4月30日、渋谷、シアター・イメージフォーラムにて)

|

« 宮城大蔵『バンドン会議と日本のアジア復帰』 | トップページ | タワー・レコードにしてやられた »

ノンフィクション・ドキュメンタリー」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197828/14909574

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロストロポーヴィチ 人生の祭典」:

» 映画『ロストロポーヴィチ 人生の祭典』 [はなことば]
久々に音楽カテゴリでの記事です。見たのは映画だけれど、音楽記事。ロストロポーヴィチについてのドキュメンタリー映画を見ました。昨日のことね、5月2日のことです。 詳しいことはこちら↓ ロストロポーヴィチ 人生の祭典 2006年 アレクサンドル・ソクーロフ監督 ..... [続きを読む]

受信: 2007年5月 3日 (木) 14時24分

» 「21世紀への証言 ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ」 を見た [東方見聞人]
偶然に任せてテレビを見ていたら、心に響くような番組を見ることが出来た。幸運に感謝 [続きを読む]

受信: 2007年5月28日 (月) 21時27分

« 宮城大蔵『バンドン会議と日本のアジア復帰』 | トップページ | タワー・レコードにしてやられた »