« 「好きだ、」 | トップページ | 帝人事件──もう一つのクーデター②(戦前期日本の司法と政治④) »

2006年12月30日 (土)

帝人事件──もう一つのクーデター①(戦前期日本の司法と政治③)

【政党不信の時代状況】

 昭和七年五月十五日、犬養毅首相が青年将校の放った銃弾により頭部に重傷を負い、翌日絶命した。いわゆる五・一五事件である。この銃弾は、老宰相の命を縮めたばかりでなく政党政治の息の根までも止めてしまった。

 大蔵大臣であると同時に政友会の前総裁でもあった高橋是清が臨時に首相代理となったものの、程なくして総辞職する。後継首相の人選は難航を極めたが、元老・西園寺公望や重臣たちの思惑により、大命は海軍大将・斎藤実に降った(昭和7~9年)。

 時代の空気は革新を叫ぶ勢力になびきつつあり、人々の政党に対する不信感は根深いものとなっていた。西園寺は政党中心の組閣はもはや不可能との判断を前提とせざるを得なかった。ただし、枢密院副議長の平沼騏一郎など右翼や軍部の強硬派とつながる勢力の政権掌握は何としても避けなければならない。そこで、海軍の長老だが穏健派の齋藤に白羽の矢が立てられ、政友・民政両党からも入閣させることで挙国一致の体裁を整えることとした。

 とりわけ経済問題への取組みには前政権からの継続性が求められ、高橋是清が大蔵大臣に留任した。経済政策には詳しいが根回しの苦手な高橋の補佐役として三土忠造も逓信大臣から鉄道大臣に横滑りして閣内に残った。三土は教育家出身、伊藤博文の知遇を得たのをきっかけに政友会入りした生粋の政党人である。

 世上には政党排撃の声が高く響いていた。斎藤内閣に代わってからも議会外から政党政治家に対する攻撃は依然としてやまず、倒閣運動はますます激しくなってゆく。まず狙われたのは商工大臣・中島久万吉であった。中島の書いた足利尊氏についての論文が右翼勢力によって取り上げられ、かつての南北朝正閏問題を再燃させる形で不毛な歴史論争が貴族院を舞台として繰り広げられた。

 南北朝正閏問題とは、南北朝時代は王朝が並列していたものと考えるのか、それとも皇統は万世一系というイデオロギーにより南北朝の分立を認めず南朝を正統とするのかをめぐる歴史論争だが、学問的というよりも政治的に議論が過熱した。南朝を正統とする場合には、北朝を後ろ盾として幕府を開いた足利尊氏は“逆賊”となる。結局、中島は辞任を余儀なくされた。

 さらに政友会内部の内紛により、文部大臣・鳩山一郎が対立する中島知久平グループの手によって汚職疑惑を衝かれた。こうした混乱の延長線上で齋藤内閣にとどめを刺すことになったのが帝人事件である。

(つづく)

|

« 「好きだ、」 | トップページ | 帝人事件──もう一つのクーデター②(戦前期日本の司法と政治④) »

近現代史」カテゴリの記事

コメント


 東京府知事兼警視総監ってのがすごいな。
 しかし、今で言うと、警視総監から都知事にはなれるが、都知事から警視総監にはなれないのだから・・・
 警視総監の方がエライのか?!

投稿: | 2006年12月25日 (月) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「好きだ、」 | トップページ | 帝人事件──もう一つのクーデター②(戦前期日本の司法と政治④) »